FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

月間スケジュール

2020.05.31 13:05|■スケジュール
※文字を左クリックすると、情報がポップアップします。翌月も確認できます。
※90分クリパルヨガクラス、子連れ60分クラスがYoga Lanternでのクラスです。お問い合わせください。
ご予約・お問い合わせ nishikaru.yoga@gmail.com

LINE@で友達登録をしていただくと、月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。お気軽にどうぞ!
友だち追加



私のなかの「鋭さ」について

こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

いかがお過ごしでしょうか。
暑いですね。
しかし夜のなると、私が住むエリアは22℃でございます。
都市エリアの皆様、おつかれさまです。


さて、先週もオンライン講座、その前もオンライン講座、その前も。
という感じで、
最近オンライン三昧で、学び多き時間を過ごしています。

今日はその中から、
アーユルヴェーダの講座から受けたインスピレーション
によって、話を進行したいと思います。


先日受けた、クリパル・ジャパンの三浦まきこさんによる
「アーユルヴェーダ基礎講座」(リンクは9月開催予定、皆様もぜひ!)、
から続けて、

「夏を健やかに過ごすクリパル・アーユルヴェティック・ヨガ」
を受講しました。


これは1時間クラスが3週連続、とのことでとても受けやすく
前回の基礎講座から間もなくで
体験を深めやすく、とてもよかったです。






アーユルヴェーダの考え方では、
夏というのは「ピッタ」の季節。




ピッタは、どんな性質があるかというと、


湿り気(油のような)
鋭さ

軽さ
拡がる
匂いのある



という、火や水の要素に由来する
質(グナ)があるのだそうです。


そのなかで、とても気になる質がありました。


「鋭さ」(ティクシュナ)



火や水、と聞いて、
湿り気や、燃え広がる感じ、
熱さまでは想像できましたが、

「鋭さ」というのはノーマーク。

しかし、
これは自分にとって大きなキーワードだったように思います。



まきこさんは、「鋭さ」という質には
気をつけた方がいいと言っていました。


ピッタの質が強い人は、知性が強く、リーダーシップ
がとれるなど良い面もあるが
ガーっと一点集中して、物事の一面しか見えなくなって
広い視点がもてなくなると
批判的になったり、好き嫌いが激しくなったり、
クソマジメになりすぎる傾向がある。




あはは、わたしだ(笑)



と笑えることを、成長と呼びたい元クソマジメな私です。



好きな季節はなんですか?
と聞かれたら
わたしは「夏」と答えます。

実は信州の夏は苦手。
涼しすぎて汗が出せない。
千葉のうだるような暑さ、ダラダラ汗が止まらない感じ、
お風呂に浸かっているような
熱帯夜が大好きです。


話が少しずれましたが。




そう、鋭さの話。



子どもの頃、自分の「鋭さ」があまりにも生きる上で弊害でした。


私は、高校卒業まで
視力が2.0あったんです。


すっごく遠くまで輪郭がクリアに見えるんですよ。
すごいでしょう?
友達には「サンコン」て呼ばれてました
(世代は、大丈夫ですか)。


自分にとっては、遠くまでハッキリ見えることが、当たり前でした。
ハッキリ見えないという感じが
どういう感覚なのか、イマイチ理解できなかったんです。


同時に、ぼやっとした考えも苦手で
白か黒か、いつも求めていたように思います。
輪郭がクリアじゃないと納得できなかった。


いつも何か世間に、大人に、ごまかされている感じがして
イライラしてましたね。

いつも鋭いナイフみたいな気分で
人と関わりたくても
関わると傷つけそうで、怖かった覚えがあります。
ちょっと尾崎豊みたいな感じです(世代大丈夫ですか)。


小学校2年生くらいの頃、
自分の中のダークな部分を隠して生きているのが卑怯な気がして
何をしたかというと、とつぜん
授業中に「ハイ」と手を挙げて、それを白状しようとした
ことがありました。

まわりは、ぜんぜん理解できないし
ビックリです(笑)

自分の内に生じていること
と世界で起こっていることを
目の前に拡げて、つじつまを合わせ、
矛盾や曖昧な点がないようにしたかった、
その欲求のあらわれでしょうか。

今でもすごくよく覚えています。



そういう人間だったので、
その後、あらゆる洗礼を受けることになりました。
必要な経験とはいえ、
なんだか本当に生きるのが大変でしたね。


鋭さも、鈍さも、過剰にならなければ
それ自体が悪いというわけではないのですが、
コントロールするすべを知らなかったので
鋭いこと=悪いこと、みたいに思う傾向も強まってきたように思います。



*************


朝、ヨガをすると、
だらんとした身体や心がシャキッとするのが好きです。
感覚への集中力が高まってきて、
景色がクリアに見える。


大人になった今は、わりと普段ダラダラしていることがあるし
曖昧な感覚もまあいっか、と流すことが出来るようになりました。
私にとってはそれも成長なんですが、
でもやっぱり、ピッタを好む傾向は健在です。



クリパルヨガでは、わりと「感覚」というぼや~っと
したところに、言葉で切り込んでくるような
ところがあると感じています。


私はそれが好きです。
自分の生来の質を満たしてくれるように思います。

「なんとなく」
「ゆるく」
「ざっくり」

そういう質もたいへん重要だということは理解していて、
けっこう後天的に学んできたんですけど
やっぱり好きなのは、夏。シャープさ。



今回、まきこさんのアーユルヴェーディックヨガでも、
「ピッタ」が増えすぎないように
鋭さを抑え、熱が生まれすぎないよう抑え、
一点ではなく水平線を見渡すような、
ふっとユーモアで笑うような、
ピッタをケアするインストラクションが入るんですが
それですら、
やわらかいケーキを断面美しく鮮やかに
切るような言葉がけで、、、

とても知的で、クリアで、調和を感じました。


自分の鋭さを断罪するのではなく、
良きものへ昇華する道筋を示してもらったような気がしました。



*****************



朝、さいきん瞑想をするのですが、
子どもに、かーさんどんだけ瞑想してんのと言われるほど
ウッカリ長くやってしまいます。


呼吸に意識を向ける瞑想をしていると、
すごく安心します。

呼吸って、大抵は、曖昧な感覚ですね。
あるんだか、ないんだか。
確実にあるのに、なんだかハッキリ捉えられない。

とくに呼吸法とかしないで
自然呼吸をしていると、
まるで砂浜に寄せてはかえす波を見つめているかのように
くりかえしくりかえし、
とらえどころのない曖昧な感覚が
つぎつぎにやってきます。

その曖昧さのなかに、自分を浸していることは、
わたしの鋭さを癒してくれるように思います。

ときどき、その曖昧さすらも
「鋭く」見たい衝動にかられるのですが、それをしたところで
相手は、呼吸。
それは、やわらかいケーキの
断面が美しく出るように優しく切ることに似ていて、
誰も傷つけることがありません。


ゆみのてがみ2020


これは、娘がわたしにくれたお手紙。
がんばってるお母さんが好きで、
でもがんばらなくても大丈夫。




もうひとつありました、わたしの鋭さを癒してくれるもの。

子ども達。

もともとカチンコチンの人間だけど、
子どもがいてくれて、
クソマジメになりがちな瞬間に笑わせてくれて、
がんばりすぎて力が入っている時に、脱力させてくれて。
本当に助かってますね。

こうして、アーユルヴェーダを切り口に
自分のことを考えるのって、面白いですね^^
そのうち、アーユルヴェーダの他二つの質(ヴァータ、カパ)
についても、自分なりに語ってみたいと思います。




読んでくださって、ありがとうございました^^
穏やかなお盆休みをお迎えください。




****************
LINE@で友達登録をしていただくと、
月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。
お気軽にどうぞ!

友だち追加

blogおやすみのご連絡

2020.08.01 21:13|お知らせ
こんばんは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

本日オンライン骨盤ヨガインストラクター養成講座受講中につき
ちょっと余裕がなくなりまして
土曜blogはおやすみします。

開いてくださって、ありがとうございます!
どうぞよろしくお願いいたします。

子どもを、こんなに好きになるなんて。

2020.07.25 20:42|子育て、もろもろ
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

雨が続きますね。
明日、7月26日(日)のクラスは9時から始まります。そして10時半には終わる!
ちょっとした朝活ですね。

さわやかな日曜日の朝を、一緒に迎えませんか?


************

<<90分クリパルヨガクラス>>
自分自身の身体や心としっかり向き合いたい方に向けたクラスです。
自己への気づきを深め、客観的な心のあり方を育てます。
身体の柔軟性、年齢、性別などは一切問いません。

7月水曜(1、15、22日)
7月日曜(5、26日)
8月水曜(5、19日※)
19日だけ公民館が使えないそうで、人数を制限してヨガランタンで行う予定です。
8月日曜(9、23、30日)

時間:水曜10時~11時半/日曜:9時~10時半
参加費:1700円(7回券10000円)、学生1回500円
場所: 塩野地区世代間交流センター(塩野公民館)

************


さて、以前は自宅で10時から始まっていたこのクラスですが、
コロナを機に、場所を変え、
思い切って時間も変えてみました。

お仕事をされている方は、圧倒的に平日は空いてないので
夜は家庭の都合でクラスをできないぶん、
日曜日はやりたいなと思って、続けてきました。
が、やはりいつも、家族の協力は不可欠。

もう少し、子どもとゆっくり過ごしたいなと思って
日曜クラスの時間を早めてみたんです。


以前のブログ 子ども達へ伝えたいことがある+追記 
に、自分のやりたいことと、大切な家族のことと、
いろいろなことが整理できなくてしんどいこと、
瞑想したらそれが解決したという話を書きましたが、


それは一時的なものではなく、
本当に解決し続けています。
し続けるっていうのも変な言い方ですが。



今朝は、瞑想してたら、よこで息子が起きて、たくさんお話をしてくれました。
自分の悩みを話してくれました。
10歳だから、いろいろ難しいこともわかるようになって。


「マイノリティ(少数派)」について、話しました。


誰だって、何かしらマイノリティであるということ。
左利きであることから、性的マイノリティまで。
その意味で、
誰だって被害者になりうるし、加害者にもなりうるんだよ。

難しい話であたまがパンパンにならないように、
静かに10呼吸、いっしょに数えて、それから、、、


いっしょにトランプやろうよ!


感受性の豊かな子どもたちと一緒にいるのは、
とても楽しいです。




自分は、いまふたりの子どもを産んで育てて、
さらに保育士の資格までとって、
ちびっちゃい子たちとも関りあっているのですが

わたしの母親は、その様子をみて


「信じられない」


と言います。

わかります。さすがわたしを育てた人。


自分自身でも信じられない気持ちでいます。
女の子というのは、2歳くらいでも母性があって
自分より小さな赤ちゃんを見ると面倒を見ようとしたりすることが
往々にしてありますが、


わたしは
自分より小さい子の扱いがわからず、ずっと逃げてました。
成人してからも同じでしたね~。
怖かった、といってもいいくらい。
すごく子どもが苦手だったのです。


それが、です。
人間、変わるもんですね。



ときどき、少し疲れているとき、元気がないときにお勤めがあると
ドキドキすることがあります。
子どもが苦手だった頃の記憶が戻ってくるんですよね。



でも、実際に、子どもたちに会ってみると、
わたしは「何かをやってあげなくてはならない側のひと」ではなかった
ということに気づいて。


与えられる側だった

ということに気づきます。




その笑顔に、ユーモアに、小さな純粋な意思に、本当に癒されています。

ありがとうしかないですね。


娘との時間も、とても大切にしています。
この4連休、ほとんどどこにもいかずに、家でケーキをつくったり
ピアノを弾いたり、それから、、、


最近は、オイルマッサージを一緒にするのが流行っています。


やろ~あれやろ~
とおねだりされるのですが、
娘がやりたいのは実は、
オイルマッサージではなく、その指でやるおままごと。。。。。

親指をおとうさんに、薬指をおねえさんに、
小指を赤ちゃんに見立てて
おしゃべりをするわけです(笑)

yumiマッサージ1


小さな手を感じながら、ケタケタケタよく笑う娘の声を聞いていると
すごく幸せですね。


人生いろんなことがあります。
あるんだけど、
何しろ、「今ここ」にある幸せを
感じられさえすれば、感じることさえれできれば、
それで満たされてくる。


先日、長年ヨガをつづけていらっしゃる方が
「ヨガは楽しく生きるための術ですよ」
とおっしゃっていて、感動しました。本当にそのとおり。


今日はこむずかしいことあれこれ言わず、
とりあえず子育てのこと、
幸せな時間について書いてみました。


読んでくださって、ありがとうございました!



****************
LINE@で友達登録をしていただくと、
月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。
お気軽にどうぞ!

友だち追加

「バカ」って最高。

2020.07.18 17:58|主宰者のつぶやき
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。


まいにちまいにち雨ですね。
いかがお過ごしでしょうか。


今日は、わたしは朝6時に目覚めました。
そして、布団のうえに座り、

「土曜日だから、のんびり瞑想しよーーっと」

と目を閉じて、気が付いたら、1時間。

最後の方でとつじょ、昔の恥ずかしい記憶がよみがえって
うわーっと突っ伏してしまい

そのまま起き上がると、じわーーーーっと
骨盤から背中に血流を感じてじんじんした感じがしたので
気持ちいいな~っと思って
そのままヨガマットの方に移動して、

ヨガをはじめて、気が付いたら8時でした。




わたしは、ヨガバカです。




いいんです。それ(朝の2時間ヨガ瞑想)が世界基準になれとか言っている訳ではないんです。


ただ、好きなんです。


生徒さんからも、「まきえさん、ヨガ好きだな~~~」
って、からかい半分で言われたりして。
「こいつバカだなって思ってるでしょ」
と突っ込んだら、笑われました。


この前も、


「ぜんぜん器用じゃなくて、すごく偏っていて、
だから応援したくなっちゃう」


と、複雑な褒め方をされ(笑)。
でしょう、単なるバカですよ。と説明したくなりました。



バカって最高。
最高の誉め言葉です、わたしにとって。
なかなかこのご時世、
ストレートにバカだって言ってくれる人は
いないんですけど、バカなんですよ。



*********


先日、Instagramに「わたしの人生に足らないものは、何もやらないこと、と、散歩」


と書いたら、両方わたしは得意だという強者が現れて
ともに散歩することにしました。


森のなかをてくてく散策すると、鳥の声。
ときどき立ち止まっては、
話をさえぎってまで、鳥観察。

鳥バカでもあります。
「よく見てるね~」
そうでしょう、バカですから。それしか見えなくなっちゃうんですよ。



これなーに?え?(苦手な人は画像スルーお願いします)

蜘蛛の巣じゃないのね?なになに
芋虫がいっぱいぶら下がってる!わ~~

IMG_20200716_101210.jpg


としばし盛り上がり、
こういうの苦手な人にとったら我々は変態だ、という話に花が咲きました。
センスオブワンダーと言ってほしいけど
やはり変態じみているだろうか。


これ、アブラチャン。
IMG_20200716_101609.jpg

アブラチャンの実って、え!こんな匂いなの!
華やかな山椒って感じだね
ずーっとずーーとかいでられるね!
スーハ―スーハ―


IMG_20200716_104130.jpg

大きいキノコ。
ポルチーニ茸の仲間なんだとか、でも厳密には
彼女の旦那さんが試食して半日くらい
たたないとわからないということ。




お散歩自体も楽しかったし、ああ、この方もちょっとしたものだな、
という感じがすごく心地よかったですね。


変態とか、
バカって、
なんかいいですよね。
親近感が湧きます。


ひとは、夢中になれるものがあるのって素敵だね、とか
いうんですけど

あの人ちょっとどうかしちゃってる?大丈夫なの?
と思われてしまうほどだったりするんですよ、時に。

それでも。

それでも、ですよ。



あの年齢なのに、母親なのに、女性なのに、
太ってるのに、日本人なのに、大人なのに、
東京出身なのに、四大卒なのに、
いろいろな
「なのに」があるなかで
それでも、
いいの、まわりからどう思われてもいいの、これが好き、
と思えることがあるって、最高ではないですか。


わたしはそんなバカが好きだし、
なんなら
バカと呼ばれるのが一番心地よかったりします。


というわけで、今日はのんびりblog、おしまい。
読んでくださってありがとうございました!





****************
LINE@で友達登録をしていただくと、月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。お気軽にどうぞ!
友だち追加