FC2ブログ
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

月間スケジュール

2020.05.31 13:05|■スケジュール
※文字を左クリックすると、情報がポップアップします。翌月も確認できます。
※90分クリパルヨガクラス、子連れ60分クラスがYoga Lanternでのクラスです。お問い合わせください。
ご予約・お問い合わせ nishikaru.yoga@gmail.com

LINE@で友達登録をしていただくと、月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。お気軽にどうぞ!
友だち追加



体幹(コア)の話をしたくなって

2020.05.30 21:28|■クラスの紹介
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

今日は、午前、田んぼ、午後、田んぼ。
知り合いの田んぼにお邪魔させていただいて、それぞれほんの少しずつ
お田植えをさせてもらいました。

強い日差しの中で疲れたけれど、
裸足でどろどろの中を歩くのが
とても好き。

生き物もたくさんいて、ドジョウやカエル、
トビケラや カブトエビまで!
手にひらのなかでうごめく
未知の生き物の感触にエキサイトしました!




blog的にはここらでぱっと美しい田園風景の写真を
掲載したいところですが、
ありませぬ。

自然のなかにデジタルを持ち込むのにも
最近なんだか嫌気がさして
なるべくデバイスフリーでふらふらしたいという感じです。


田んぼで友達とも話したのですが、オンラインもいいけど
やっぱりリアルが、心落ち着く。

というか、オンライン生活がこれから日常になるのならば、
それと真逆のこと、
どっぷりと自然の中にいる、ということも
日常の中に取り入れないと
バランスが取れないぞ、と感じています。


6月のヨガランタンのクラスは、いったい自分はどうしたいのかと自分に聞いて、
やりたいことだけ、やることにしました。


週1、2回、自然の中でヨガをします。
雪窓公園の遊具よこです。


室内のクラスは、小諸総合体育館のみ。


オンラインクラスは、今月無料のものが2回。
なんと御代田町公民館主催です。
素晴らしい!
柔軟で前向きな教育委員会の方に感謝しています。


それから、定期的な有料オンラインクラスをどうしたらいいか
悩んだのですが、やりたいことをやることに。


毎週土曜日
「体幹(コア)を知る4回シリーズ」オンラインヨガクラス
をします。
夕方です。
子ども達がドラえもんを見ている時間に。


骨盤のワークショップは以前したことがあったのですが、
こんどは「体幹(コア)」についてのワークショップ
をしてみたいというのが、むくむくと盛り上がる思いとしてあります。

わたしはあまり情報通ではなくて
よくわからないのですが、
世の中では一時期から 「体幹を鍛える」=プランク 
という情報が出回っているのでしょうか。

普段運動やヨガもしない人が
腰痛予防のためとか
体幹を鍛えるためとかで
プランクをやるという方が最近すごく多くて、


プランクがわからない方は、こちらの動画をご参照ください



え!逆に痛めちゃうんじゃないかな、、、、

としょっちゅう思っていました。
もちろん届けたい人に届くかはわからないですが

オンラインヨガというのは、自分の姿勢も画面で確認できるのが
いいところだなあと思いまして、
少しそこを伝えながら、ヨガクラスをやってみたいと思っています。

いずれもう少し踏み込んで行うワークショップに
進化させられたらなと思います。


ヨガでは、
外へ外へと向かっていく意識を身体の内側に向けていく

というのはよく言われることですが、それと同時に

肉や骨など、加齢とともにどんどん重力に負けて
下へ下がって、ひしゃげて、弱ってしまうものを
自分の中心に戻していく作業
をしてるんだなと
感じます。


本質的には、それがヨガでいう
「体幹(コア)を鍛えること」なんだろうなと。
私も産後はコアが完全に破壊されて、
どれだけ太陽礼拝をがんばっても
肘を痛めて腹直筋がわれるだけで
体幹のインナーマッスルがきかないという経験がありました。
それからの今だから、
いろいろ語りたいことがあるのかもしれません。



このへんもう少し煮詰めていきたいです。
今日は時間オーバー!



全クラス日程はこちら
6月のクラススケジュール



読んでくださって、ありがとうございました^^
是非クラスにお越しくださいませ。
お待ちしております!


****************
LINE@で友達登録をしていただくと、月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。お気軽にどうぞ!
友だち追加



6月のヨガクラススケジュール

2020.05.28 15:03|■クラスの紹介

今月のヨガクラスは

外ヨガ+オンライン+体育館で開催~ 

アラカルトです♪




こんにちは。ヨガランタンのにしかわまきえです。
自粛期間が明け、久しぶりにリアルのクラスが出来そうです。

オンラインヨガも開催、梅雨ですが外でも行います。
是非お越しくださいませ!

★小諸市総合体育館のクラスは、部屋を広い道場にうつして実施します。

★6月のヨガランタンでのクラスは(本当に迷いましたが)御代田町の雪窓公園で行います。

★オンラインヨガクラス①「地域のゆとりヨガ教室オンラインヨガ」6/4,18 

★オンラインヨガクラス➁「体幹(コア)を知る4回シリーズヨガクラス」土曜16:30




<<雪窓公園の外ヨガ スケジュール>>


自然のなかで新鮮な空気を吸いながら、身体を動かしましょう!
この場所は、ふんわりと松の香りがするのでお気に入り。
水曜と日曜で時間が異なりますので、ご注意ください。
予約がなくても大丈夫ですが、当日開催状況が気になる方は、事前にご予約ください。


毎週水曜(6/3,10, 17, 24)
時間:10:30~11:30
参加費:800円
日曜(6/7, 28)
時間:9:00~10:00
参加費:800円
場所:雪窓公園
(遊具よこの土手上、松林の中)

持ち物:ヨガマット、動きやすい服装+羽織るもの、レッグウォーマー、飲み物

雨天時または10℃以下の場合は中止です。
脱ぎ着できる気温に応じた服装でいらしてください。

ご予約は、LINE・Messenger・メールなどで。
お子さん連れの方も、大きいレジャーシート敷いてピクニック気分でヨガしてね。お待ちしています!



<<オンラインヨガ>>

1)【地域のゆとりヨガ教室・オンラインクラス】

佐久地域の方ならどなたでもどうぞ!授乳やトイレなどで途中で画面から消えても大丈夫ですし、赤ちゃんが泣いたり騒いでも他の人には聞こえないので安心です。
日時:
6月4日(木)
6月18日(木)
入室開始 10:10~
ヨガ: 10:30~11:40
その後おしゃべり ~12:00 (途中退室可)
参加費無料

IDなどをお伝えしますので、西川のLINEやMessenger、メールなどでご連絡ください。


2)【体幹(コア)を知る4回シリーズ・オンラインヨガクラス】

体幹を体感するクラスです。体幹を鍛える=プランク、と思っている人が多いのが気になり企画しました。
骨盤や呼吸、意識の向け方で、同じポーズがまったく違う経験になります。
1回ずつポイントを分けて伝えますので、なるべく4回シリーズでご参加ください。

日時:
6月6日(土)
6月13日(土)
6月20日(土)
6月27日(土)
16:30~17:30 

参加費:1回/800円・4回/3000円
※オンライン決済詳細

IDなどをお伝えしますので、西川のLINEやMessenger、メールなどでご連絡ください。


****************
ご予約:090-1252‐7700
nishikaru.yoga@gmail.com 西川まで
ホームページ:https://www.yogalantern.net/
****************


【小諸市体育館主催・「気づきのヨガ」クラス】

40~70代の方を中心に、楽しく身体を動かし、話をして、お茶をして和やかに過ごすクラスです。心身の不調を感じている方も、心身のセルフケアについて学びに来てください。是非、気楽にいらしてくださいね。
日時:
6月8日(月)・22日(月)・29日(月)
7月6日(月)・13日(月)
8月24日(月)・31日(月)
10:30~11:30
場所:小諸市総合体育館(柔道場)
参加費:800円(ヨガマット代:100円)
ご予約:小諸市総合体育館(0267-23-3800)


【地域のゆとりヨガ教室】7月~エコールみよたにて!
町内だけではなく、近隣の市町の方もどうぞ!
赤ちゃんの気配を楽しみながら、のんびり楽しむヨガクラス。7月以降は開催できますように!
7月9日(木)・7月14日(火)
8月20日(木)・25日(火)
10時~11時
参加費:800円
場所:エコールみよた 大会議室
持ち物:ヨガマット(レンタル100円)、ブランケット
ご予約:0267-32-2770(御代田町教育委員会生涯学習係)

コロナの後に続く道

2020.05.23 17:20|子育て、もろもろ
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

6月から、やっと月曜日の小諸「気づきのヨガ」クラスが始まります。

日程は

6月8日(月)22日(月)29日(月)
10:30~11:30
参加費:800円
場所:小諸市総合体育館(ご予約 0267-23-3800)


密にならない、広い道場で行う予定です。
皆さんに会えるのをこころから楽しみにしております!



自宅クラスの予定ももう少しで決まりますので、
少々お待ちを。
オンラインヨガクラスをどうするか、、
考えなくてはなりません。


誰にとっても、このコロナ騒ぎの中で、
生活も価値観もシャッフルされるものが
あったと思いますが、
わたしも例にもれず、いまその渦中にいます。

今年のはじめ、なんだかちょっと止まりたいな、、、
もうちょっとスペースが必要だな、、、
と思ってたら、まるで心を読まれていたかのように
やってきた新型コロナウィルス騒ぎ。


ミッションだから、もしくは「楽しいから」と走り続けてきたこの数年間。
とつじょ生まれた空白に、気落ちするとともに
ほっとした自分もいました。



クリパルヨガティーチャーの友達が、
「欲望のままに生きることに疲れていなかったか」


と、ものすごく鋭い疑問を投げかけていたけれど

わたしも、

やりたいこと、
達成、
喜びの追求

にきっと疲れていたのだろうと思います。


人間て、複雑な生き物!



わたしだけではなくて、まわりの多くの友達が、
収入は減ったけれども
夫婦喧嘩も減ったとか
せかせかしなくて
この生活もいいなと思ったとか


もちろんシャッフルされるなかでの焦りや戸惑いはあったにしても
全体的に
「これも悪くない」
と感じている人が多いということにも気づきました。


朝5時に起きて、ひとりぼっちで聞く小鳥のさえずりは最高でした。
その日の予定がないからできること。
毎日、畑に出て、植物の生育を心待ちにしてみたり。
子どもとサッカー。
お互いになんだか蹴り方も上手になった。
幼稚園や学校の送り迎え、
習い事の送迎がないことが
こんなにもスペースを生む。

生活リズムが狂うことに居心地の悪さを
感じていた当初から2か月経ち、
このゆるやかな暮らしに慣れてきた矢先、
また始まる、怒涛の日常生活。

コロナが明けて
たくさんの良いこと、夢見ていたこと、楽しみだったことが
また実現していくかもしれないのに


再び巻き上がる欲望の世界に
NOと言いたい自分もいること




それは走り始める前に、しっかり向き合っていかなくちゃな
と思ったのでした。


子どもと、たくさんおやつを作ったな。
おおざっぱなわたしよりも、正確な軽量にこだわる
息子の方が、お菓子作りに向いている
こともわかりました。

なんだか寂しくなって、夕方時間もないのに
一緒におやつづくりを敢行。

レモンとチョコチップのスコーン。
美味しかった!!
また作りたいな。
つくる余裕を、スペースをもちたいな。


scone.jpg


読んでくださって、ありがとうございました^^

母さんはいつも勘違いしているんだ

2020.05.16 14:58|ヨガと身体と生活の考察
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

土曜日の午後。
雨が降っております。

雨がやんでいた午前中は、なんとなく、家族全員、入れかわりたちかわり
畑や野山に出て、腐葉土を山からとってきたり

草刈りしてみたり、
近所の人にいただいたイチゴの苗を植えたりしてました。

家の北側の、
あまり気にしてなかった日陰の場所に、発見も!

sansyo.jpg


山椒の木が自生していました。
今まで山にとりにいってたのに、いつの間にか
こんな近くにいたんだね。

とても嬉しい!



娘は、ダンゴムシに夢中。
ダンゴムシの生態を調べて、ダンゴムシが気に入る
環境を整備して、ダンゴムシを大量に飼い始めました。
…虫かごのなかで。
…しかも、虫かごのふたは、蕗の葉っぱ(笑)。
でるっちゅうの。


dangomushi.jpg


彼女のこういうところは、
まぎれもなく、わたしの血筋です。



先日、こんなことがありました。

息子「おかーさーーん、家の中にたくさんカマキリの赤ちゃんがいるよ」
母(私)「…うそおっしゃい。そんなわけないでしょう」
息子「ほんとだよーほんとだよー」
母「そんなわけないでしょう。昨日おかあさんが取ってきて家の中にいれといた
カマキリの卵が、もう孵ってるわけないじゃない」


あ、いる
カマキリ。


kamakiri.jpg


何も言わずせっせとカマキリの赤ちゃんを
箒で掃き出している夫(←虫が苦手)に向かって、
わたしは一言。

「おねがい、そんなふうに掃き出さないで!!!」


デジタル疲れで
自然に癒しを求めていたわたしは
カマキリの赤ちゃんが孵ってしまった場所が
たとえ家の中であったとしても

大歓迎。



カマキリがステイホームしてくれることを願ったのでした。




いま閉口されている、そこのあなた。
わかります。

わたしも苦手なものは(あんまりないけど)あるので、
それがうじゃうじゃいたらたまらないという気持ち、
共感します。


(そしてカマキリもダンゴムシもきっと見るのも勘弁
という人がいることを察して
少し小さめの画像をあげてみました!)







この一件のあと(実はこのほかにも色々あるんですが)
息子に、ぽつりと話しました。


あのね、お母さんはさ、
いつも勘違いをしているんだよ。
自分の好きなもの、
心躍ることは、
他の人もそうなんじゃないかって。

まさか、他の人にとっては
カマキリの卵が孵ると気持ち悪いとか、
死んだモグラや鳥は
わくわくしながらじっくり観察したくなるもの、じゃないとか、
想像もつかないんだよ。

よしくんもあるでしょ?
電車やドラえもんのこと、自分が好きだからといって
だれかれ構わずか話しまくるけど、
多くのひとはぜんぜん興味がないってことが。


こういうのを、「主観」 ていうんだよ


自分にとってはこういう世界

でもそれが、人にとってはぜんぜん違う世界

ってこと。



だから、お母さんは、すごく注意しなくちゃいけない。
自分がうれしくてうれしくてたまらないことが
人にとっては嫌なことになっちゃうってこと。
よく考えながら、行動しなくちゃいけないと思ってるよ。





わたしはよくこうして、自分や家族をネタにしながら
こどもと「主観」と「客観」について話し合います。



「マンゴーは美味しい」


それは、正しいか。間違っているか。




人間は、ここが理解できるかできないかが勝負ではないかと
密かに思っている、
どうしようもなく無駄な思考の多い母なのでした。


「主観」


の問題は、
身体を通してだと、ものすごくわかりやすいと思うのですよ。
何しろその人だけの身体、そして、身体を動かせば
必ず、その人だけの唯一無二の感覚、感情が
生まれるわけで。

なんだか生きていても、ずーっとずーっと、
いつどのようにして、どんな方法でそれを
伝えればいいんだろうと考えあぐねている自分がいます。


以上です。
読んでくださってありがとうございました!
そして
どうしようもなくマニアックなわたしを、
いつも溜息とともにゆるしてくださって
感謝しています。