FC2ブログ
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

腹式呼吸は誰でもかんたんに出来るのか?

2020.03.28 09:17|ヨガと身体と生活の考察
こんにちは。
有言実行、土曜日にブログ更新のヨガランタンにしかわまきえです。


今日は腹式呼吸の実情の話。


「腹式呼吸した方がいいですよ」


って言われたことないでしょうか。
お医者さんとか、知識のある知人などに。
もしくは、

「深呼吸して!」


パニックになりそうなとき、
落ち着いて何かを成し遂げたいときなどに。


しかしながら、
腹式呼吸、深呼吸というものは、
人によって、もしくは状況によっては、
超ムズカシイ、もしくは出来ないものだということは
あまり知られてない気がします。


先日、生徒さんにこんなことを聞かれました。

「(もうお亡くなりになった)お姑さんが血液の酸素濃度が薄いから
腹式呼吸をした方がいいとお医者さんに言われ
やるように言ったのですが、ぜんぜんできなかった。
それは年をとったから、もう理解できなかったのでしょうか?」

最期に少しだけできるようになった、と言い添えてくれました。



私の答えです。


「呼吸は、心や身体の状態を如実に反映するものなので、
すんごく疲れている人とか、心身が弱っている人に、
いきなり腹式呼吸をしてと言ってもできないと思います。


(何かしら弱っててストレスがあれば浅い胸の呼吸に、
リラックスして元気なら深いお腹の呼吸に、自然となる)


でも、自分の意思で、呼吸を深めようという努力をすれば
ゆっくり少しずつ深い呼吸が出来るようになって、
その結果として、心身をリラックスさせたり疲労回復させたり
自分の身体や心を少しコントロールすることが出来る
ようになります。
これがヨガでやっていることです。

最期に少し出来るようになったというのは、
弱っている中での、ものすごい努力の成果なのではないでしょうか。」



…わたしがこんなことをエラソーに言えるようになったのは、
知識もありますが、自分の経験が大きいです。

よく話す話なのですが、
わたしはヨガを始める前、ものすごーーーーーーく呼吸が浅かったです。
どのくらい浅かったかというと、
吸うのは0.1秒くらいしか続かず、腹式呼吸どころか
胸式呼吸にもならず、
「首」呼吸になってました。
首にしか入らない!!(;д;)


それはそれはもう疲れやすくて、
仕事に行く途中で、電柱に手をつきながら道を歩いたものです。

呼吸が浅いというのは、
本当に苦しい



今でもときどき、あのときの状態をありありと思い出します。





ひるがえって、今のわたくしの呼吸。

吸うと、お腹が広がって、肋骨が広がって、
胴体がふんわりと全体が膨らんでいくような
感じの呼吸ができます。
午前8時50分、まだヨガもしてない状態で。

これはヨガを始めて15年で、一番変わったことかもしれません。

そして、もうひとつの成果としては

常に呼吸を感じている

呼吸に気づいているということが常態になっているということです。

だから、不安なことや心配ごとがあるとき、風邪をひきそうなとき、
生理が近いとき、いつでも呼吸がまず教えてくれますから、
そうですか、そうですか~
と自分の身体の声を聞いて
昼寝をしたりとか、ヨガをしたりとかして、対策をうつことができます。



でも、繰り返し言いますが、それは長いことかけて
そうなってきたのであって、
今日明日でいきなり肋骨がブワッと広がったりはしないと思います。


現代人は早急に結果を求めるので、しんどいですね。
でも、15分の中には15分の中の、
15年の中には15年の中の、
変化や喜びがたくさんあって、
それに気づいて楽しめる人が、ヨガを続けられるのだと思います。

15年後の結果や成果の獲得をただ目指して、歩き続けられる人は、
超人だと思います!(笑)




お姑さんを見送った方は、
「それを知っていたら、あのときの姑への接し方も違ったかもしれません」
と涙を浮かべておられました。



私の心にも深く残った出来事でした。


「知識」があるのはいいけれど、
それは自分やその人の感覚に、
自然や地球の実情に、
根ざしたものであるだろうか?


いつも自分に問いたいことの一つです。



拙い文章を、読んでくださってありがとうございました^^

心が変わる~みんながヨガで感じてくれていること

2019.12.18 15:48|ヨガと身体と生活の考察
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

今日は、今年最後の90分クラスでした。
本年お越しいただいた皆様、ありがとうございます!
そして明日、12月19日(木)75分クラスが13時からありますので
まだヨガ納めしてない、という方は是非いらしてくださいね。


DVD「自然と、ヨガ in 佐久穂町」も、
ヨガランタンで販売開始です。
一般2000円、生徒さん1500円。
ご覧になった方、どうぞ感想をお寄せくださいませ!
nishikaru.yoga@gmail.com

IMG_20191210_134402.jpg


宣伝は以上です♡

**********


本日は9名の方が今年最後のヨガに来てくださいましたが
お一人は、初参加の方でした。
東京で少しヨガをしていたそうなのですが、

「わたしが今までやっていたのは”体操”でした。
内面に意識が向きました。
とてもよかったです。」



と嬉しい言葉をいただきました。


本日のクラスは、間もなく81歳の男性と、その奥様と、
40代、50代周辺の方々と
さらに妊婦さんおひとり!という構成。

ここだけの話ですが(と公開してしまう)
あまりに考えることが多すぎて。。。。
鷲のポーズを手足逆にインストしてしまいましたよ。。。
(すみません、気づいた方、ご連絡ください。ただ謝るだけですが)


妊婦さんは36週でお腹が張るそうだし、
ご夫婦は靴下がすべらないか心配だし(笑)
耳も聞こえづらいそうですし。

というわけで、クラスの最初に話したこと。

「都会のヨガクラスとは、ちょっと違うかもしれません。
ここは、というか、私のクラスは、多様なのが特徴です。

でも別に妊娠してなくても、
何歳であろうとも、
人間というのは1人ひとり多様なので、
結局おなじですよね。

自分をどうか尊重してください。」


**************


来年は、現状のホームページ
Yoga Lantern ウェブサイト


に「参加者の声」というのも、載せていきたいと思っています。
最近、生徒さんのおっしゃる言葉が深すぎる。
素敵すぎる。
掲載許可をとってしまう、思わず(笑)。


たとえば、日曜に来てくださった
50代女性の方のおはなし。

「昔は、ストレッチをするときに、痛いところでぐっと力が入ってしまっていた。
がんばらないと、と思ってしまっていた。
でも今は、そうじゃないんだとわかる。
こういうあり方が、自分は好きだ」


というような話をしてくださいました。
少し違うかも、、、正確に思い出せないのが悔しいですが。


日本人の大多数が、いまだ
「柔らかくないとダメ」
「がんばらないとダメ」
「痩せないとダメ」etc.
旧思想に侵されている(※)中で、
そういう優しい自分との接し方を好きになってくれたのはとても嬉しいです。

(※今のヨガ界にも根深くこの問題はあります。
が、全米ヨガアライアンスは規制を強めているという報告も受けています)



身体というのは、ダメだダメだと否定的に接したり
がんばれがんばれと今出来る以上を求めれば
呼吸は浅くなるし、
筋肉は硬直するし、
柔軟性を高めるどころか怪我の温床になります。

だから、昔式のぐいぐいストレッチというのは本当に大問題だと思います。



それから、これは男性の方の話です。
まだクラスにいらっしゃってから4回くらいでしょうか。


「仕事が依然とても忙しくてつらいこともあるのですが、
ヨガを始めてからでしょうか、
執着が減りました。
仕事があっても、あ、もうやめて寝よう、と手放せるようになった」



すばらしい~

すかさず(チャンス!!)、古典ヨガ哲学のことについてお話しました。
ヤーマ・二ヤーマという教えがあるということ、
そのなかのアパリグラハ(無執着、貪らない)
という要素があり、まさにそれを実践できているということ。


ヨガは単なるストレッチじゃなくて、
実践を伴った、大いなる智恵の集積。
私なんかが語れるのはほんの表層。
とても深い、だから面白い。


そんな話もしております。
これまでヨガに対して苦手意識を持っている方にもたくさん会ってきましたが
本質はそうじゃないんだということを
身体で感じて、そして心が変化して、
それを伝えてくれるというのは
本当に最高です。
もう一度書かせてください。最高です~!!


今年もあれこれ紆余曲折ありましたが、
わたしを支えてくださって、ありがとうございました。


ブログは年内にあと何度かは書きたいので、また。

読んでくださって、ありがとうございました!^^



身体から、人生を変えていく

2019.11.25 14:37|ヨガと身体と生活の考察
こんにちは。ヨガランタンのにしかわまきえです。

突然ですが、
最近、わたしは熱い。
暑苦しい。
松岡修三を彷彿とさせるような。

それゆえか、ちょっとこのブログのテンションを
どう始めて良いやら悩みながらのスタートになりました。
どうどう。
少し落ち着け、わたし。



今日、小諸体育館の「気づきのヨガクラス」でした。

その最後でわたしから発した言葉の余韻がいま
ちょっとした身震いとともに、ここにあります。



「お願いがあるのです。
皆さんのその経験を、驚きを、是非、
まわりの人に伝えてほしいんです!」




思わず出てきた言葉でした。

あまりにも参加された生徒さんが、
身体の気づきが深くて、
その奥の意識や人生にまで気づきがおよぶ様子に、
胸をうたれて、エンパワーされ、
わたしの中から飛び出てきた言葉でした。


何が話されたかは、許可をとってませんから書きませんが。


身体から、人生が変わっていく?


このタイトルを見て、
大袈裟な~って思う方もいるかもしれません。
でもこの頭でっかちな世の中で、
今ほんとうにこういうソマティック(身体的)なアプローチが
必要とされていると痛感していますし、
それは理論理論の世の中で、
救いのひとさじになると信じています。




自分は
クリパルヨガで、実は社会のあり方を変えたいと思っていたのですよ。
すごく弱い個人。
お金もないし、権威もない。
なんとおこがましい考えか。


でも、私はこういう人と人との関わり方がしたいんだ、と
15年前に開眼してから、ずっと密かに思い続けてきたのです。
(どういう関わり方かというのは前回ブログを参照 エンパワメント~触れた手と、触れられた背中


伝え方もわからなかった。

自分の想いが強いあまりに、人の想いを汲めなかったり
理想と現実のギャップに悩んだこともありました。


けれど、
間違ったときは率直に認め(たいてい生徒さんが教えてくれる)、
自分に何が足りないのか感じ、
自分の中に潜在する力に気づきながら、
試行錯誤してきて
ああ、なんだこの感じ?やっとなんだか伝わるようになってきた?
と感じられるようになったのが、ごく最近。


しかも、この地域で。
都会のような、いわゆる意識高い系の層にフォーカスすればクラスが出来るような
そんな人口規模でもない、この田舎で。


それはわたしのカチコチの頭を柔らかくするための
修業のようなものだったのかもしれません。



…小諸のクラスは、わたしより一回り上の年配の方が多いんですよ。
最初はわたし、どういうクラスをすればいいのか
迷ったものです。
「気づき」なんて言うと、引かれるかな?とか(笑)。


でも、もうぜんぜん迷わなくなりました。
生徒さんが、年齢とは関係なく、その人ひとりひとりが多様で、
小さなものから大きなものまで気づきがあり、
年齢と関係なく、生き生きと感覚を感じて
そこから人生を展開させていく力があるということを
教えてくれたからです。


私はそのことに、本当に感謝しています。



身体は、たくさんのことを教えてくれるんです。


私の思い込み。
これが、自分にとっての「まっすぐ」だ。
これが自分にとっての、「最大限」だ。
良い姿勢とは、この背骨のことだ。

そうではなかった、と体感したときの、新鮮な驚き。

ダメだしされて、あ、いけない私が間違っていた、
という社会的な罪悪感を伴うものではなく、

本当だ~~~!!!
え~~!!!??
今までこうだと信じてた~~~!!




って、みんな純粋に驚いてくれるんです。
そして熟練してくると、

今までわたしがこうだと思っていた世界は、もしかしたら、
そうじゃなかったのかもしれない。

と気づきはじめていく。


本当に感動します。


この驚きを、もっといろいろな人に伝えていってほしいんです。
個人の体験にとどめず、
たくさんの人に、身体が教えてくれることを
伝えていってほしいんです。

家族や、友達に。

あなたは呼吸が浅いのよ、というyouメッセージではなく
私はこうすると呼吸が深くなってほっとするよ、と、
Iメッセージで届ければ、怖くないと思います。


自分の身体のことに気づきがあれば、
他人の身体のことも感じられるようになります。
力が入っている肩。
丸まった背中。
反りかえった腰。

疲れているのかな。落ち込んでないかな。がんばり過ぎていないかな。

ただ、感じて。

呼吸して。



















読んでくださって、ありがとうございました。
あなたの身体の智恵、心の叡智に敬意を表します。
Jai Bhagwan


病を、あれこれ語ろう

2019.10.29 15:29|ヨガと身体と生活の考察
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

雨ですね。
そしてここ現在地、長野県御代田町、寒いです。
ストーブをつけてもどうも心身ともに暖まりきりませんが、
今日は8組の母子が我が家でヨガをしていってくれて、
ほっと一息つきました。
来てくださって、ありがとう。


先日、ヨガのクラスに来て下さった方が、
ホームページの私の自己紹介を読んだとのことで

Yoga Lantern About

「適応障害だったんですか?」

と聞かれました。

そうなんです。
ヨガを始める前、20代の頃に大学病院のエライ先生
(となぜかたくさんの研究生の前で)
にそう診断されました。が、
そう言われてもどうもピンと来なくて、
適応障害ってなんですかって聞いたら、

「気分転換のできない病気です。」


って言われて。

え?
それって、、、病なの?
と思って帰ってきたのを覚えています。




よく四十肩とか五十肩とか診断されたという人が
ヨガ教室にもいらっしゃるんですが、

四十肩ってなに?

レッテルを貼られてもどうも、腑に落ちないって
ないでしょうか。
四十肩と呼ばれるその私のこの痛みとか腕の上がらなさとか
少しずつ変わってくる感じとかは、
本当に加齢による
靭帯の柔軟性の低下により起こっていることなのだろうか、
それはなぜ片側だけなのだろうか、
骨盤には関係がないのか、寝相や食生活や睡眠不足とは
無関係なのだろうか。。きりがないですが。


以前、産後にメンタルが乱れたという人が必死に訴えてました。
「保健師さんに言ったら、すぐ病院に行けというんです。
でも違うんです。そういうのじゃないんです。
病院に行って薬もらって治るとかそういうんじゃないんです」




わたしは結局、薬にお世話にならず、カウンセリングも途中でやめましたが
今は、結構ハードめの日常生活を問題なくおくれています。





****************



また別のクラスでは、いつも来てくださる方がみんなでお茶をしたいというので
クラス後にお茶の時間を作ってみました。



三半規管の弱さからくる、めまいの話

から始まって、詳しくは省きますが、皆さんが経験した病の症状や前兆について
あれこれ話が弾みました。


病の話が弾むって変ですか?笑

でもみんなすごく楽しそうでした。
お茶したいと言いだした方が

「こういう話がしたかったんです!!」

と、とても喜んで帰っていかれましたよ。良かった!



病というのは、そのレッテルの下で、
感覚の多様性が花開いているんじゃないかな

と思います。

ヨガをして、同じポーズでもすごく気持ちいいと感じるひとがいれば、
苦しいから早くやめたいと感じる人がいるように、
●●病という同じ名の病気の人でも
あれこれ感じていることは違うのではないのでしょうか。


そうであるならば、病を語ることは、とても興味深く
楽しいです。

年取ると病気の話ばかりで暗くなるからダメだとか
同情させてしまうのも申し訳ないから伏せておこうとか
色々みんな理由をつけて
病をあまり語らないけれど、
また語る場もあまりないけれど、

病をあれこれ語ることは、
●●病というものの下にある、豊かな感覚の世界を共有する素晴らしい機会だと思います。

ヨガや瞑想をして、皆さんから
どんな感じだったか、何を感じたか聞くことは、わたしの喜びです。

ぎくしゃくしてた首が、くりんくりんになっちゃった!

眠くなっちゃって、だるいです。

肩が動く!

海の中の映像が出てきて、ずっとその中にいました。

喜びがあふれて、涙が出そうになった。

今ね、頭が働かなくて何も喋れないの、ごめんなさい。また今度言うから。





…多様であることは、とても面白い。

わたしはどんな病気でも、その病気の名前ではなく、
その人がどう感じているのかを知りたいです。


読んでくださって、ありがとうございました^^。



セルフケアの道具~一緒に瞑想しましょう

2019.10.23 15:31|ヨガと身体と生活の考察
台風19号が日本に上陸してから10日が経ちますが
一見穏やかなか秋の空の下にも
まだまだ騒然とした状況があるようで
このさわさわの中にいるすべての方に、心よりお見舞い申し上げます。

大きな被害がなかった方も
「わたしの故郷が」「わたしの友達の友達が」
とあちこちで見聞きすることにより、またはテレビの映像を見ることにより、
目に見えない被害は1人1人のなかに確実に広がっているのではないかと
感じています。

「この気持ちはみんな同じなのかな」と思い、
先日瞑想の動画をはじめてあげてみました。





7分強くらいの動画です。
不安だったり、どうしたらいいかわからなかったり、
心が疲れるときに、わたしはこういうツールで
自分を見つめているよという話をしております。
瞑想、ぜひ一緒にやりましょう。


わたしは今「地域のゆとりヨガ教室」という名のヨガをエコールみよたでやっているのですが、
最初に始める時、ふと湧いてきたのは

「”自分を大切にすること”を地域の文化にしたい」


ということだったんです。

ヨガのためのヨガではなく
(もちろん深い哲学・解剖学・生理学…必要です、勉強しつづけます)

日常のなかで、みんなが

わたしを大切にする
(セルフケアする)


ということが、どういうことなのか
「感覚」を通じて伝えたいと思ったのです。

なんだかヨガとか瞑想という名前には「色」がついていて、
そういうことを伝えたいんじゃないんだよなと
思うことがしばしばあり、

これはアプローチを変えねばと、福祉や教育の勉強をしたり、
「気持ちのワークショップ」という
講座を開催できるように大阪に行ったりもしました。


誰もが呼吸をしている。身体を使って、人生を生きている。


あとはそこに意識を向ければ、
みなヨギ(ヨガをするひと)です。

今日、ヨガに頻繁に来てくださる方が、
ご自分で変わったと感じるところをこんなふうに言ってました。

以前は肩こりがひどくて、しょっちゅう
整骨院にいって電気刺激をしてもらっていたのですが
行かなくなりました。
痛くなったときは、肩と話してみる。
少し動かしてみて、どうかなってみてみる。


まさに、セルフケアです。
その心の変化がミラクルです。
誰かになんとかしてもらう、話を聞いてもらうというのも
時には大変必要なケアだと認めたうえで、

こうして、自分に意識を向けてあげることができれば
自分で自分を助けてあげることができる。

子ども達が大きくなったときには、
セルフケアという言葉も当たり前になって、

「ちょっとイライラするからセルフケアしてくる」
と言って
教室の外で深呼吸をしたり、瞑想をしたりと
いうことが、当たり前になればいいなと思っています。

まだまだやることはたくさん。
でも私1人でがんばらなくてもいいんだし。

まわりに頼りながら、出来ることだけ。
深く呼吸しながら、進んでいきます。

読んでくださって、ありがとうございました^^