FC2ブログ
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

息子とヨガ(2)~ カラダに動きが入ってる!

2020.03.06 12:06|小学生とヨガをする
こんにちは。ヨガランタンのにしかわまきえです。


以前、息子とヨガしたときの話をblogにあげていたのですが
息子とヨガ(1)~頭が働きすぎる子の身体

そのつづきです。



実は、前回blogをアップした後、

児童館で、突然、ドッジボールもサッカーも積極的に参加するという
ちょっとした奇跡のようなことが起こり、
児童館の先生もビックリ!!

「お母さん、運動もしなさいって言ったんですってね?
そのせいですよ、すごいですね!」

と、褒められました(笑)
いえいえ、ずっと言ってたんですよ。。。。
でもぜんぜん、本人の気持ちが向かなかったので、
児童館では背中を丸めて漫画ばかり読んでいたのでした。

その突然の変化から、
いろいろ変わったような気がします。

前はあっちこっちに重心がブレてよろよろした
不安定な歩き方をしていましたが、
身体の真ん中に力が集まって、
登校を見送るときの後ろ姿も、なかなかカッコイイです。


姿勢も前よりは良くなりました。


前出の理学療法士さんに彼の動きを見てもらうと、


ボールの投げ方も、ぜんぜん違う。
コアの使い方がわかったから、
運動をする気が起きたのではないか。


と言っていて、
わたしもまったく同感でした。

自分の経験からしても、コアに「入る」感じがしないと
あらゆる動きが面倒くさくなります。
階段を上るのも億劫になります。
コアが使えると、
あらゆる動作がしやすくなって、
腕や足の力も入れやすい。

運動をするようになったので、
わざわざ自宅ヨガのために児童館から早めに連れ去ることもないだろうと、
夜だけ太陽礼拝をするようにしていたのですが、

でも、児童館で運動をはじめたのが
そのヨガのおかげであったのなら、ほんとうに嬉しい!!!

       

******




休校がつづく中、外は強風でなかなか散歩も難しかったので

「いっしょにヨガしようよ!」
と久しぶりに誘ってみました。

そのときの映像がこちら(本人の希望で載せます)






ちょっと張り切り過ぎて、前のめりになってますけど(笑)

ダウンドッグで綺麗に背骨が伸びて、
骨盤が前に倒れる意識を持てています。

今、子どもの多くを見ていると、
この骨盤前傾の動きが出来ないのです。
(いわゆる和式トイレでしゃがむときの骨盤の動きです)
骨盤が前後に動かなければ、
コアもなかなか働きません。

先生がたも、「なんで子ども達の姿勢がこんなに悪いのだろう?」と
悩んでいますよね。

子ども達のせいではないんです。。。
コアがないので仕方がないのです。

いくら「姿勢正しく!!!」って言ったって
精神で保つには限界がある
ということを知ってほしいです。


というわけで。
息子に、「太陽礼拝、最初と比べてどう?」と聞くと

前より動きやすくなってる!

カラダに動きが入ってる!



とのこと^^
素晴らしい。

課題としては、コブラに入るときにドンとおりてしまうのが気になる、
とのこと。

出来たこと、可能性を感じること、
本人が自分の言葉で
言うのが大切だと思います。


********

読んでくださってありがとうございました!
休校中の子どもたち、よかったら真似してやってみてくださいね。




タグ:キッズヨガ 小学生 休校

息子とヨガ(1)~ 頭が働きすぎる子の身体

2019.11.09 20:13|小学生とヨガをする
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

我が家は小4の息子と、5歳の娘がいるのですが、
小4の息子は本当に昔から、個性的な方でした。

そんな彼と、週1くらいで40分ほどの放課後ヨガを
することにしました。

今回は、その記念すべき第一回目の記録。


彼とはこれまでも一緒にヨガをしていたのですが、
さいきんは5歳の娘の妨害で、なかなか出来ないでいました。

しかし、反抗期になる前に、なんとしても仕込みたい!!

普通の子なら別にそれほど強くのぞまないのですが、
うちの息子くんは何しろ、
昔から身体の使い方も、頭の使い方も、特殊な方でした。

何かを記憶したり、図鑑を読みこんだり、
計算したり、興味あることを突き詰めたり、は大変得意。

しかしながら、
歩き始めたときから、まあ、本当によくこける。
動かない。
散歩しても、座りこんで、水にひたすら石を放り込んでる。

リズム遊びなどは極めて不得手。
少し走るとこける。なんでもない動きでこけて、唇から大出血したことも。

親子運動遊びなどに連れていくと
反抗して、体育館中を走り回って
靴下を階上から投げて遊んでしまう。
かあさん心折れました。

おかしいのではないかと思って
5歳の時に、とある理学療法士の先生に相談したら
「心配することないですよ~」
と。

しかしその後、彼の脳神経多様性が発覚したときは
やっぱりなあ、と思った母なのでした。


**********

個人レッスンを始める前に、
信頼する若い理学療法士さんに彼を見てもらって、
意見を聞いておきました。

わたしがものすごーーーーーく納得した意見は、こちら。

****************

彼は、何しろよく頭が働く。ものすごい頭が動いている。
常に考え事をして、つぎつぎとアイデアが生成している。

考えたい、考え続けたい人。
(このあたりは私とそっくり)

そうすると、頭にモーレツに血液がいく。
集中するときに、体幹がうまく働いていないと
首に力を入れるしかないので、目に動きがでない。
それに伴って動きが制限される。

それゆえ、身体を動かすのなら
1)頭をゆるめる
2)目を動かす
3)首を動かす

の順番ではじめるといい。

****************



直観的にこれは納得、と思ったのですが、
実際やってみると、わ~すごーい!!!
…そのとおりでした。

目が動かない。
首が回せない。
目線を上にあげようとすると首も大きく動かさないとできない。
体幹が弱い。
身体を折るのが苦手。(今の小学生はみなそうだけど)

しばらくやってなかったからか、木のポーズも立てなくなり
うむ、これはやらねばと思いました。

本人に、始めるときの目標を立ててもらいました。



**********

1)身体の一部だけを動かせるようになる

2)集中力をつける

3)腹筋と、腕の力をつける

4)恐怖心の克服
(さかさまになるのが怖い、鉄棒など)


***********


1)は、たとえば口を大きく開けると、目も見開く、鼻の穴も膨らむ
という連動性がありまして(普通の人でもある程度あるけど、困るほどある)、
それを分離したいという本人の希望。

これはどうやってヨガで鍛えるのかというと、

たとえば、脚を強くストレッチするとイタタタタとなって
無意識に肩など上半身などにも
力が入ってくるという現象があるのですが、
だんだんと練習するうち
下半身で起きていることに無意識に上半身が反応しないように
なってきます。

身体の中で、無意識に連動してしまっているところを
意識的に動かせる練習をしていきたい。
効果が出るかはまたブログで。

2~4についても狙いがあるのですが、またおいおい書こうと思います。




クラスの最後に、瞑想。

目を閉じて。呼吸を感じて。

…そんなことを言っても、すぐに頭が動きまくり、集中できない息子くん。

そんなときに、集中するための言葉がけをします。

わたし「いくつか質問するよ。呼吸は、どのくらい広く感じる?それとも狭く感じる?」

息子「1から10で言うなら、7ぐらい広い」

…やはり、数字できたか。

わたし「それは最初と比べて、どう?」
息子「最初は3くらい。だから広がった」

わたし「そうなんだ。では次の質問。呼吸は、何色?」
息子「ロシアンブルー。爽やかな呼吸」
わたし「(笑)すてきだね」

わたし「呼吸はあたたかい?寒い?」
息子「春くらいの温かさ。6くらいだね」


瞑想、終了。
ちなみに彼は、ドラえもんの漫画が読むのが大好きで、それが10だとすると
ヨガは3くらいだそうで。あんまり好きではない(笑)

それでも、やろうとするのは
わたしのごり押しもあるだろうけど、必要を感じているみたいです。

好きなものを実現するには、時にバランスも必要。
頭ばかり働いてたら、生体としてのバランスが崩れる。
それに薄々気づいてるんだな。

いっしょに、がんばろう。反抗期になるまで!



*******
読んでくださって、ありがとうございました^^