FC2ブログ
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ただただ、「聴く」~死や病を安全に語れる社会に。

2020.10.17 08:53|クリパルヨガと教育・福祉
おはようございます。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

昨日、幼稚園のヤギのペーターが死んでしまいました。

peter.jpg
(この写真はぺーターなのからんちゃん←もう1匹いる なのかがちょっと不明ですが)

みんなで段ボールに入っているペーターに
お別れをして、トラックを見送ったそうです。

ペーターは何も喋らないけど、幼稚園の子どもたちの話を
よーーーーく、聴いてくれました。
ママに会いたくて泣いてる子どもも、
ペーターに餌をあげる瞬間、泣き止んで。

そこには見えない絆のようなものがありました。

保育を手伝ってもらって、
保育士や、保護者もたいへんお世話になったヤギでした。
天国で安らかに眠ってください。長いこと、本当にありがとう。


************


最近、わたしのまわりには
本当に「死」が身近にあります。

コロナ以降、そう感じている人が少なくないと思います。

「死」というのは、生きている限り当たり前にそこにあるもの
であるものにも関わらず、
普段は見ないようにしているから、子どもを乗せて車を運転できる。
家族に、いってらっしゃいと笑顔で言える。
友達と、1か月先の約束ができる。


まるで「死」を忘れられることは良いことであるようにも
感じるけれど、

同時に、あまりに死が遠のくと、生に対していい加減になったり
本来大切なものを、その時だけの衝動性で痛めつけてしまったり
問題になることもあると思います。


わたしは、
ストレスになるほど「死」を考えるのは本末転倒だけれど、
やはりいつもどこか日常の片隅に「死」を置いて生きる方が
自然だと感じています。



************


一方で、「死」や「病気」に関して、まだまだオープンに語れる雰囲気
がないというのも現状かと思います。

この動画、見られるでしょうか?


「人類VS自殺」



この動画をつくっている桑原功一さんという方がわたし好きなのですが、
何百人もの自殺志願者を思いとどまらせてきた警察官
がしたことは「話を聞くことだった」
という事実にも触れ、
「メンタルヘルスについてもっとオープンに語ろう」
と呼びかけています。



自分がそういう状況になったときに、誰に話せるだろうか。

クリパルヨガのコミュニティでは、
安心安全な場所をつくるために、
人の話を批判やアドバイス、もしくは励ましですらもせず、ただ「傾聴する」
ということをひたすら学んできました。

だから、わたしはそのコミュニティで親しくさせてもらってる
人を含めて、何人かには話せるかもしれない。


でも残念ながら、「とても話せないな」と思うこともしばしば
あります。


「疲れてる」とひとこと言うと、
こちらが恐縮するくらい過度に心配されてしまったり。

もしくはスピ系の人にありがちだけど
潜在意識について気づきを向けるよう
アドバイスされてしまったり。

自分は、励まされたりアドバイスをもらいたいわけじゃない
ただ話を聞いてほしいだけなんだ、と伝えたら
「それは人への感謝の気持ちが足りない」
と言われたこともあります。


正直なところ、わたしだからよかったけど、
もし自殺を考えている人だったら、どうだったのだろうか。


多くの人は、その人の想いや状況を
ただそのままにしておくというのが難しいのかもしれません。
ヤギのペーターのように。


この世の中では、成果をあげないこと、成長しないこと、何も変わらいことには
価値がおかれていない。
そんななかで、ただ話を聞くというのは本当に難しいことなんだと思います。


***********


そんななか、こんなワークショップを企画してみました。


CCI20201017.jpg


気持ちを表現する方法を学ぶのと同時に、
人の気持ちを聴くことを学ぶワークショップです。

ずっとやりたくて、大阪まで勉強しにいったりしたのに、
なかなかえいやと勇気が出せなかったのですが
やっとアウトプットしたいと思うようになりました。


子どものうちから、「ひとの話を聴く」力を育てたい。
それは同時に、「自分の話を聴いてもらえる」
環境をつくるということでもあると思います。


このチラシをFBに出したら、まあ、何人もの大人のひとから
「大人が必要だ、大人に向けてやってほしい」
という声をいただきました。

そうらしいんですよ、森田ゆりさんも言ってました。
大人向けの要望が
すごく強いワークショップです、と。


みんな、子どものころから学ぶ機会があれば
どれほど生きやすかったでしょうか。
知らなかったですよね。こんなこと。



読んでくださってありがとうございました。
病と闘う大切な友人のことを想いながら、書きました。


違う分野にふみこむ~「子どもたちへヨガを伝える会」

2020.08.29 20:24|クリパルヨガと教育・福祉
こんにちは
ヨガランタンのにしかわまきえです。

あっという間に、ブログ更新日の土曜日がきてしまいます。

そして我が家の休日というのは
なんだかんだ、どこかに出かけず
家でグダグダして、そして夜になると
わたしがblog書いている傍らで子ども達は
「大貧民」をするというのが
パターン化しています。


さて、とはいえ、今日の午前中は、
グダグダばかりではなく、ある方とのzoomミーティングをしていました。


最初はヨガの生徒さんとして懇意になった
福祉関係の方で、
わたしの方から、一緒に何かできないだろうかと
突発的にもちかけて、
お話合いという運びになりました。


福祉関係の専門家。
著書も出すような方で、専門知識が幅広く、たびたび
「なんていいました?いま?」と
聞き返さなくては、ちゃんと理解できなかったりします。




さらに、前日には、
わたしが先日から所属することにした、「子どもたちへヨガを伝える会」

2020-08-29 (2)



の学習会に参加しました。

前回7月は、『イラスト版 子どもの発達サポートヨガ』著者の太田千瑞(おおた ちず)先生
を招いての勉強会。
テーマは「学校現場でヨガを伝えるにあたって大事なこと」
(これは講義動画として一般販売もされるとのこと)
を学びました。


今回8月の勉強会は、「いじめの予防とヨガの可能性」として
「伝える会」代表の山口有佐先生から。


どちらも、畑違いのわたしにとっては、学びがいのあることばかり。
刺激的であると同時に、
まだまだ、あらゆることがわからない。


するりと流されてしまう一般用語が、
実はトレンドな専門用語であったりと、
完全に井の中の蛙。


ヨガをやらないひとが「プラーナヤーマ」とか「アーサナ」
とか当然のように言われてもわからないのと同じで、
わたしにとっては
福祉や教育や心理用語が、まだしっかり自分の言葉になっておらず

これを自分のものとして語れなければ
他分野に入ってはいけないのだろうか、
と思うとまた大きな障壁が目の前に立ちはだかっている
ように感じます。


そもそも、実践主義がゆきわたっている
クリパルヨガでは
何より「体験」に重点がおかれているので
わたしは体験を深めるためのメソッドを
一生懸命勉強してきたふしがあり

一般社会で通用するような、理論がついていっていない。


一方で、日本はどちらかというと
「思弁と観念が支配的で実践方法論が伴わない」
と森田ゆりさんもその著書『エンパワメントと人権』の中で
言っているけれど、
まだまだ、体験やその結果よりも
その建前としての理論が重視されるように感じています。


弱い、わたし。


そこを克服すべく、保育士試験にも挑戦したわけなんだけど
まだまだまだまだ、、、、



…話は変わりますが、みなさんは、「キッズヨガ」「子どもとヨガ」と聞いて
どんなイメージを抱くでしょうか。


楽しい
ゲームや遊びがいっぱい
柔軟性
姿勢がよくなる


標ぼうしているものとしては
それは決して間違っていないのだけど


でもキッズヨガを指導しようとする大人が学んでおかなければならないことはといえば、
子どもの置かれているものすごい現状ばかりな訳です。


わかってなかった。
というか、まだわかってないことばかり。


何せ、現場にいませんから。


でも、これがこの社会で起こっていることなのだとしたら
このくらいの、(異分野を理解する)努力ぐらいは乗り越えて
なんとか
社会のあり方を
いろんな人と一緒に、協力して、
変えていけないだろうか。


そんなことを悶々と考えながら、このコロナな時期を生きているわたしです。


そして、畑には、秋に向けて
かぶや大根、ホウレンソウのタネを蒔いた次第です。



タネを蒔かねば、育たない。





拙いblogを読んでくださって、ありがとうございました!



****************
LINE@で友達登録をしていただくと、
月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。
お気軽にどうぞ!

友だち追加




「自己探求を深めるシーケンスの作り方」受講

2020.08.22 19:15|クリパルヨガと教育・福祉
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。


たった今、師匠・三浦敏郎先生の

「自己探求を深めるシーケンスの作り方」


という4時間オンライン講座を受け終わり、
その直後の、ほかほかの状態で書いております。



実は途中から、我が家のそとでは雷が鳴り、稲妻が走り、豪雨ふりやまず。



屋外はそんな状態だったのですが、
(そして屋内では階下で、子ども達の泣き声怒鳴り声笑い声)

終始とても心は静かで、
集中が途切れることもなく、

しかも講座のほとんどが話ばかりでヨガや瞑想の体験は
ほんの一部だったにも関わらず、


最後には、
涙まで流れてしまうという、、、
ミラクルなクラスでした。


受講してよかったです。



…しかし。


なぜ。


なぜ、こんなクラスが作れるのだ(笑)


そこがわたしのハイライト。


クラスを作るためのクラスを受けて、
そのクラス自体にいちばん打ちのめされるという、、、、
すごい説得力ですね。



**************



「シーケンスの作り方」なんていうと、
具体的にポーズを並べて
これがいい
あれがいい
とか教えてもらえる講座だと思う方もいるかもしれませんが
いえいえ
もっとずっと深くて、自分が伝えるんだったら
頭を抱えるような、
難しい内容でした。


(講座自体は、としさんマジックでわかりやすかったのですが
同じ講座をもし自分がやるんだったらと
考えただけで青ざめます)


*************


クリパルヨガ以外の先生に学ぶと、
結構あっさり答えが出てくることも多いです。
これはああですよ、
これはこうした方がいいですよ、
複雑なことがシンプルに略されていて、それはそれで
自分で考えなくていいし、
知識を覚えるのみという感じで、助かることもある。



しかしながら、クリパルヨガ。
答えは100人いれば100通り。


答えをおしえるのではなく、
生徒が安心して身体体験にまで到達できるように、
自己探求できるように、
サポートするのがクリパルヨガ教師。

だからその講座で提示されるのも、
答えではなく、
生徒の自己探求を促すためのテクニックの一端です。


しかしそのテクニックを教師が使いこなせるときは、
きっと教師の自己探求があるときのみ。


生徒にも答えはないし
教師にも答えはない。


そんな雲をつかむような話を、
感動的な次元にまで連れていくのはどれだけ難しいだろう。。。
と、くらっとしました。




**************



「トランジションとは何か」という話も、
もしかしたらYTTで聞いたのかもしれないけど(←忘れてる可能性大)
目から鱗でした。


そうか、、、、
トランジションとは。


単なるポーズからポーズへの「移行」ではない。
人間が移行し続けるのならば、
ひとひとり、瞬間瞬間、全部が、トランジションだと
捉えることすらできる。


深い。

深すぎる。




深すぎてまた眩暈がしたところで、
としさんから
素敵な言葉がありました。

「踊ったり歌ったり、瞬間瞬間を楽しんでいる時は、
「今」に入り込んでますね。
じゅうぶんに「間」を取ってるだろうし、
トランジションが、自然に出来ているはず」



…そ、そうか。
そうかも。
そうかもそうかも!!!
(↑じつはたいへん素直)



よーし!
明日もクラス、楽しむぞ!


と、なんだかお気楽にさせてもらえるところも
ナイスバランスで本当に素敵な講座でした。



今日はちょっと生徒さんに読みやすい内容ではなかったかもしれませんが、
そんなこんなで適当にクラスをやっているように見えて、
あれこれ考えてんだなと、笑ってくだされば幸いです。




読んでくださってありがとうございました^^



<<翌日の追記>>

昨日の講座を受けて、よし、今日の意図はトランジションだ!
とクラスにのぞみ

最初の小話で「間」を意識して、楽しんで話したら
いつもよりスムーズに話すことができました。

わたし、受け取ってるな


嬉しい^^
クリパルヨガのスタジオがコロナ禍でいったん幕を閉じる今、
自分が強くしている想いは、


もっと学びたい



以下は、クリパルヨガの講座です。オンラインで受けられるので
これまで東京に行けなかった方も、気軽に受けられます。
皆さんもいかがでしょうか?


もっとたくさんの人に知ってもらいたいです。
興味があって迷っている方は、是非連絡ください^^!
ちょっと引くぐらい語ります。



<クリパルヨガのプログラム>
集中コース

アーユルヴェーダ基礎 Online !
開催日:2020年9月1日,8日,15日,29日(火) 9:30-12:30
担 当:三浦まきこ

クリパル・ヴィンヤサ Online ! 早割 申込&入金〆切:8/30(日) !
開催日:2020年9月13日, 9月20日, 9月27日(日) 10:00-12:00
担 当:今村優佳


こころを知る瞑想 Online !
開催日:2020年10月1日(木)〜11月5日(木) [全6回] 9:30-11:30
担 当:三浦敏郎



クリパルヨガのプレスポイント Online !
担 当:三浦敏郎
【金曜コース】2020年10月2日(金)、10月9日(金) 13:00-16:00
【日曜コース】2020年10月11日(日)、10月18日(日) 9:00-12:00



シリーズクラス

◎すでにスタートしているクラスも申込OK!!お申込み→期間限定のアーカイブ配信でクラスの録音データをお聴きいただけます♪(アーカイブの利用期限:クラス最終回の1週間後まで)


ウォームアップで始める50歳からのヨガ Online !
開催日:2020年7月30日, 8月6日, 8月20日, 8月27日(木) 8:00-8:30
担 当:三浦敏郎


ポーズをまるごと味わう 〜BRFWAを使ったホールド体験〜 Online !
開催日:2020年8月17日,24日,31日(月) 10:00-11:00
担 当:臼杵直子


<フェニックス・ライジング・ヨガセラピーのプログラム>
グループセッション

集中コース「Life Transformation」 Online !
【夜間コース】2020年9月28日(月)〜11月16日(月) 19:00-21:30[全8回]早割 申込&入金〆切:8/28(金) !
【午前コース】2020年9月30日(水)〜11月18日(水) 9:30-12:00[全8回]早割 申込&入金〆切:8/30(日) !
ファシリテーター:三浦敏郎


一般コース
基礎1 Online !
【9月】 2020年9月14日(月)、15日(火)、16日(水)、17日(木) [4日間/16時間]
【10月】 10月24日(土)、25日(日)、31日(土)、11月1日(日) [4日間/16時間]

<スタジオ開催>
◎新型コロナウイルスの感染が続いている状況を受けて、2020年6月〜9月のスタジオを会場とした基礎1の開催予定は、2021年1〜3月頃を目処に延期させていただきます。
◎基礎2、応用に関しましても、2020年9月の開催予定は2021年1〜3月頃を目処に延期させていただきます。


個人セッション Online !
◎直接手を触れる、または近距離で話すことを避ける対応が難しいため、引き続きオンラインのみのご提供とさせていただきます。

<ヨガ教師トレーニング>
300時間クリパルヨガ教師トレーニング
選択モジュール「特別対象者向けのヨガ指導」 Online !
開催日:2020年11月20日(金)〜29日(日)


200時間クリパルヨガ教師トレーニング Online ! 早割申込〆切:9/30(水) !  
2020年11月30日(月)〜2020年12月26日(土) 9:00〜18:00(12月6日,13日,20日はお休み)
◎8月13日付けで、開催日程を変更いたしました。ご了承ください。



<無料プログラム>
クリパルヨガ教師トレーニング無料説明会 Online !
【週末:午後】2020年9月19日(土) 13:00〜15:00
【週末:夜間】2020年9月19日(土) 19:00〜21:00
担 当:三浦敏郎(クリパルヨガ教師トレーニング・ディレクター)

フェニックス・ライジング・ヨガセラピー無料説明会 Online !
【週末:午後】2020年9月5日(土) 13:00-15:00
【週末:夜間】2020年9月5日(土) 19:00-21:00
担 当:三浦敏郎(PRYTプログラム・ディレクター&グループ・ファシリテーター)


申込はクリパル・ジャパンのホームぺージから










****************
LINE@で友達登録をしていただくと、
月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。
お気軽にどうぞ!

友だち追加


子ども達へ伝えたいことがある+追記

2020.07.04 20:46|クリパルヨガと教育・福祉
こんばんは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

前回からの続きものblogがあったのですが
ちょっと今日はエネルギー切れのため
インターバルに違う話題をはさみたいと思います。


最近、長野市の方で発足された
「子どもたちへヨガを伝える会」
というのに入会しました。

まだ始まったばかりで公開できるものはないのですが、
私と同じくらいの子どもをもつヨガティーチャーの
方が中心となってがんばってらっしゃっていて
とても励まされました。


コロナ騒動の中で、子ども達は翻弄されましたね。


子ども特有の明るさで吹き飛ばしてる子も
いるでしょうけれども、
言葉にできない不安のなかで
目に見えない疲労がたまってきている子も
多いのではないでしょうか。


実際、近くの小学校でそういう話を聞きました。


わたし自身はキッズヨガの勉強はしてきたものの
これまでなかなか家庭との両立を考えたときに
定期的なキッズヨガの開催には
踏み込めませんでした。

でも、つねに、つねに子どもへ伝えたいことが

呼吸と心のこと、姿勢や身体のこと、
コミュニケーション、生きる力を、
知識ではなく体験で学ぶこと、、、
がんばることだけしか学ばない中で
休むこと、セルフケアの方法を学ぶこと

などが頭をかけめぐる日々でした。


来年は、娘も小学生。
思い切って、出来るだろうか。


ヨガ教師。保育士。学校や幼稚園の役員。勉強。
親族のサポートはなく家庭は週のはんぶんは完全ワンオペ。
それでも、自分のヨガの実践も続けられるだろうか。
家族との温かい時間も大切にできるだろうか。


このコロナ騒動で、
翻弄されたのはもちろん子どもだけではなく。

大人も、今になって疲労がたまってきている
人も多いのではないでしょうか。


わたしは今が、それです。
心底疲れたような気がしています。


それでも、心底疲れたんだと、言えればそれはまた流れていくんだな
と、ぼんやり眺めている自分もいたりします。


ふだんはエッジが効いてる(と自分でいう)わたしのブログですが
たまにはこんなぼやっという感じもいいかと。


読んでくださってありがとうございました!
また来週。


**********

追記

この整理できないものごとを両手いっぱいに抱えてblogを書いた翌日、
朝ただ座って目を閉じて瞑想をしていたら、
すぐさま

「整理は、そもそもできない」

という声が聞こえました、自分の内から、ハッキリと。

「整理はしなくても、今ここにいれば、自然と整うから大丈夫」



目をあけたとき、そうか、と。
忘れていた。
何度も、何度も、何度も、何度も、ここに立ち返ってくる。
自分の内に聞け。
今、ここに、ただいるだけ。


誰かに分析され、アドバイスされても嘘くさくてまったく響かない
同様の言葉が、
自分の内側からあふれると圧倒されるほどリアルで納得する。

人生を導いてくれる。


そして追い詰められたときに、最後に、必ず聞こえる声があって。


自分を褒めたいですね
よくがんばっているのだから



これは、師匠の声。


クリパルヨガは、「慈悲のヨガ」。


ぐいぐい、追い詰められ苦しくなっても、その最後で
自分をゆるす。


わたしはそのあり方を、師匠から伝えてもらったのだと思い出しました。
泣けますね。
ありがとう、わたしの内なる、外なる師匠。




****************
LINE@で友達登録をしていただくと、月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。お気軽にどうぞ!
友だち追加


大人の境界線問題~ヨガで客観視する力を育てる①

2020.06.28 20:44|クリパルヨガと教育・福祉
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

雨が降り、少し冷えた今日。
残念ながら雪窓公園のヨガは中止となりました。
7月のクラススケジュールをぎりぎりまで悩みましたが
アップしましたので、こちらをご覧くださいませ。

7月・8月のヨガクラススケジュール



さて、先日、 子どもの「境界線をはぐくむ」


というblogを書いたら、あちこちから反応がありました。
いつも読んでくださって、本当にありがとうございます。

そのなかで、幼き日に力関係の問題で(親とか先生とか兄弟とか)
「嫌だ」と言えなかった体験を語ってくださった方がいらっしゃいました。
(許可を得て書いております)

力関係。


非力で、まだ分別のない子どもは、大人以上にその問題が大きいですね。

「わたしはそれは嫌なんだ」と伝えることは、
しっかりと自分と他者の境界線を引くための、
個人の責任のようなものです」


と書きましたが、同じくらいの年代の力関係がほぼイーブンな
子ども同士の関係で学ぶべきことだと感じます。


その方は、「嫌だと言えずに体験してしまったことは、
自分の中でいつまでも残ってしまう。
勇気を出して、嫌だと言えれば体験せずに済む。
自分を守るために大切」

だと伝えてくれましたが、まさにそのとおり、
自分を守るために大切なこと。
そのために勇気を出して言って、それを成功体験として
積んでいくことが人生の支えになっていくと思います。

代弁してもらって、感謝しております。



わたしも「先生」と呼ばれる立場なのですごく思うのですが、
「先生」というだけで、すでに力関係が上なんですよね。
なるべく言ってもらえるような雰囲気づくりをしたいですが、
一方で、先生というのは毅然とした態度も必要ですから
難しいと思うこともあります。


この話をしてくださったのはヨガの生徒さんなので、本当に私としても嬉しかったです。


**********


ちなみに、この境界線問題を大人に当てはめると
こういう場合はどうなのか
ああいう場合もあるのに
と議論が尽きないことと思います。


大人というのは子どもと違って、
いきなり感情爆発させるわけにもいかないし、
ある一定の社会的なルールのもと
境界線を引かなくてはならなくて、なかなかむずかしいです。


相手の状況やタイミングをみて言う、とか。
話し方の順番をよく考える、とか。
上記のように、力関係のことも考慮しないといけない。


ああ、やっちゃったな~と思うことは
わたしもよくあることです。



さらに、
過去にさまざまな体験を積んできているから、
ただ「嫌だ」
というためにも、
「ごめんね」
というためにも、
ピュアにその場の問題だけを取り扱うことが出来ません。


それと似たような過去の経験が、
往々にして無意識のうちに、いちいち頭をもたげ、
感情が倍々に上乗せされてしまいます。


たとえば、
誰かに率直にNOと言われると同時に、

「いつも私はダメだダメだと言われて育ってきた」
と、子どもの頃の体験が追体験されてしまい、
感情が倍増してしまうとか。


本当に起こっていることは何なのか?


その「仕分け」作業から
はじめないと、ぐちゃぐちゃになってしまう。

大人も境界線をひくのは大事なのですが、
そのあたりが、とてもむずかしいのだと思います。



さて、それで、いいかげんに、ヨガの話。
(やっとここまできた)





そのぐちゃぐちゃを解くことは、ヨガにはできないのだけれど、


何が起こっているのか?

を、追跡していく力は、実はヨガで育てることができるのです。





自己観察する能力
客観的に状況をみる能力





を育てることができる。


そうすると、
コミュニケーションは依然いろいろ難しいのだけれども、
それでも、


相手に起こっていること
自分に起こっていること



両方とも、客観視できるようになれば、


「あのときは自分は疲れてたんだな、
でもあの人のこのタイミングで言うことはなかったかな」


と素直に謝ることができたり(←わたしはしょっちゅう謝っています、、、)
無意識に自分をダメだダメだと責めて
謝るのが辛くなったりすることもなくなると思います。





今日はここまでで力尽きました。
また来週つづきを書きたいと思います。


読んでくださってありがとうございました!





****************
LINE@で友達登録をしていただくと、月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。お気軽にどうぞ!
友だち追加