FC2ブログ
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

参加者インタビュー③「よかった、呼吸できている。生きている。ヨガは楽しく生きていく術です」

2021.01.09 11:33|参加者の声
明けましておめでとうございます。

2021年初めてのblogは、希望の年になるように
という願いをこめて、
素敵な生徒さんのインタビュー記事でスタートしたいと思います^^

本年もよろしくお願いいたします。


**********


ヨガってなんだろう?
自分の求めるものと合っているかな?
わたしに出来るかな?

講師の言葉では伝えきれないところを
生徒さんのリアルな体験からお伝えできればと思います。

第3回は、御代田町在住のC.U さん。
一番長く通ってくださっている生徒さんです。



千草さん3



今、コロナ禍で見通しがたたずしんどい人も多いと思いますが、


呼吸できている。生きている。


そうやって自分を自分で承認し、受容するスキルをつけることで
生きることを肯定していける
そんな強さを、感じてもらえたらと思います。





**********

いつの間にか出来ることが増え、痛みもなくなっていた

にしかわ:
ヨガを始めたきっかけをおしえてください。


Cさん:
昔から、気功や東洋医学などには親しんできたので、ヨガには興味がありましたが、
なかなか機会がなくて。
実際に始めたのは2012年です。
まだYoga Lanternが「西軽井沢ヨガ教室」だった頃ですね。

にしかわ:
長いお付き合いになり、とても嬉しく思います。ヨガを月1、2回、8年近くコンスタントに続けてきて、いかがですか?


Cさん:
始めた当初は身体がかたくて、、、このポーズってどこに力を入れて
どこを伸ばしたら出来るんだろう?と想像できないポーズもありました。
この身体では、怪我もしやすいだろうな、体調を整える意味でもいいかなと
思って続けていましたね。

ヨガを始めて1、2年くらいで呼吸法がわかってきて。
なんだか体調がイマイチだなと思うときに、呼吸をしながらストレッチをしたり、
寝つきが悪いときも呼吸法をすると、スッと眠れたりするようになりました。


にしかわ:
生活の中で、呼吸法が使えるようになったのですね。
そういえば、以前は膝が痛いということを毎回仰ってましたね。今はどうですか?



Cさん:
最初は、膝をつくだけで大変だったのを思い出しますね。
そういえばここ5年くらい、膝がつけないということはなくなりました。不思議なくらい。
それに、長く続いていた右肩の痛みも、いつの間にかなくなりましたね。


にしかわ:
8年という年月が経って、身体の調子がよくなったこと、出来ることが増えているんですね。



Cさん:
そうですね。鳩のポーズとか。最初はできなかったですから。
先日も、鋤のポーズで初めてつま先が床についたということがありましたね。
そういう意味では、大成長したのではないでしょうか!
経験が増えると、初めてのポーズもどうやるのか予想できるようになってきますしね。



にしかわ:
以前、流行りの筋トレの話をしているときに、「やりすぎるのはもちろん良くないけど、出来ないと決めつけるのもよくない」と語ってらっしゃったのが印象的でした。



Cさん:
無理しちゃうと、身体を壊してしまいますね。
だからと言って、何もしないでいれば、身体がかたまってしまう。
挑戦してみたいけど、これ以上やるとなんだかまずいぞ、と思う時もあります。
せめぎ合いがあって。だから自分で調整するんです。
挑戦して、思ったより出来たかも!って思うときもありますよ。

クリパルヨガクラスに通って、身体を痛めたことはないです。
でも、全身筋肉痛!てことはあります(笑)
それは楽しんでいますね。
あれくらいやると、一日あとに来るんだ!とか。ちょっとしたバロメーターになっているというか。




ヨガは人と比較せず、楽しく生きる術


Cさん:
まきえさんの教え方や、教室の雰囲気もあるんでしょうけど、
このクラスでは人と比較することがないです。
まわりの人がどうかとか、ぜんぜん気にならない。

今日もバランスのポーズができなかったんですけど、
それも受け入れながら楽しめている気がします。
その時々で、自分の体調も違いますし、心の状態も違う。
今日はこれはできなかったけど、これは気持ちよく出来たな、と自然と思えます。
やんなきゃ、やんなきゃ、という気持ちがないんです。
それで健康も守れているから、いいですよね。


にしかわ:
人と比較することが、一切ない。それはヨガ初心者の方にぜひ届けたい言葉ですね。



Cさん:
ヨガを初めてやる方は、見ているものが自分じゃなくて、
まわりになってしまうことがあるのかもしれません。

でも他人と比較して、これもあれも、できない、できない、じゃ面白くない。
ましてや人と比べて「みっともない」とか比べてしまうと、楽しくなくなってしまう。

些細なことでいいので、「出来た!」を探す。

ヨガは、楽しく生きていく術だと思います。


年齢的なものもあるかもしれないけど、そういうメンタリティーは
ものすごく磨かれていると思います。
自分の成長を見られる。長続きの秘訣ですね。


自分を褒めるにも、スキルがいる



にしかわ:
そういうメンタリティーは、日常でも生かされているのですか?


Cさん:
基本的に、日常でもそうですね。
しんどいことがあっても、今のこの苦しみがすべてじゃないんだ、と思えます。

コロナ禍で生活様式が変わったり、息が詰まるようなこともありましたが、
そんなときに、文字通り「息抜き」っていうんでしょうか。
生活のなかで、深い呼吸をしてスッと力を抜いたり、
自分を落ち着かせることが出来るようになりました。
呼吸法は、すごく役立っている気がします。


にしかわ:
Cさんの人生経験もあると思いますが、「この苦しみがすべてじゃない」という捉え方にはヨガの影響もあるのですね。



Cさん:
そうですね。身体や呼吸が変化することを見てきたからでしょうか。
苦しい状況はずっとつづかないことを、体験的に信じられるようになっています。


それから、まきえさんがよく言う「気づき」ですね。
自分を客観視して、受け止める感覚が備わったんだと思います。
人と比較することなく自分を見つめつづけてると、
自分の中で変わってゆくものを実感できます。
それが、希望に繋がってゆくのだと思います。


コロナ禍で、若い人が命を絶ってしまうケースが続きましたが、本当に悲しいです。
その瞬間だけ乗り越えたら、次があるんだ、ということを若い人に伝えたいです。
「乗り越える」っていうと、がむしゃらな感じがするんですが。
やりすごすっていうくらいでしょうか。
友達でも音楽でもヨガでもいいから、助けを借りて。


にしかわ:
とても共感します。年を重ねるときにも必要な考え方だと思います。



Cさん:
そうですね。年を重ねていくと、体力も知力も衰えてきますから。

でも、命があるのだから。楽しめることはたくさんあると思うんです。
たとえばガーデニングが出来なくなってしまったとしても、野の花を愛でることは出来る。
目が見えないなら、匂いがある。
生きているなら、何かがあるはずだと思うんです。

呼吸なんか、たいてい誰でもできているじゃないですか。
よかった、呼吸できている。生きている。そのくらいの解釈でいいと思います。
さんざん今まで、がんばって生きてきたんだから。



にしかわ:
呼吸できている。生きている。究極の自己受容ですね。



Cさん:
子育てでも、褒めて育てると良いとか言いますよね。
生きてゆくには、人からの励ましや、称賛も必要だと思います。
でも、一番大事なのは、自分を視ること、認めることかなと思います。

自画自賛って言ってしまえばそれまでなんですが、実はけっこう難しいと思います。
能天気なスキルっていうんでしょうか(笑)

自分を褒めるって、スキルのいることなんですね。


こうやって語ると、ちょっと大げさに聞こえますね。
実際はただ、「美味しいな」とか、「キレイだな」とか、「かっこいいな」とか、
感じていられる心に気づきたいだけなんですけどね。



にしかわ:
大切なことですが、大仰にしないところが、清々しくて好きです!
今日は心にしみる話をありがとうございました。





参加者インタビュー➁掛川純子さん

2020.11.26 14:09|参加者の声
ヨガクラスに通ってくださる生徒さんに、インタビューする企画
第2弾です。

ヨガってなんだろう?
自分の求めるものと合っているかな?
わたしに出来るかな?

講師の言葉では伝えきれないところを
生徒さんのリアルな体験からお伝えできればと思います。


第2回は、掛川純子さん。

ヨガを学んでから、人との関係性が変化したこと
を話してくれました。


純子写真


まわりにも、自分にも、「ありがとう」と言えるようになった



にしかわ:
ヨガを始めたきっかけを教えてください。




純子さん:
子どもが小さかった時に、佐久の友人がやっている子連れのヨガ教室に
参加したのがきっかけです。
子育てしているとき、身体に力が入りっぱなしで。
ヨガで身体と心を弛められて、とても助かっていました。

その教室では、自分の身体にありがとう、と感謝の気持ちを伝えていました。
気づきのヨガクラスでは、「自分への敬意」という言葉をよく聞きますね。
感謝と敬意。
いずれにしても、ヨガが終わったあとには、自分や周りの人に
ありがとうの気持ちが生まれてくるようにまで、
色んなことが変わったような気がしています。




にしかわ:
感謝の気持ちが湧いてきた。それは以前とは変わったところなのですね。





純子さん:
そうです。
以前は、自分のことを分かってほしいとばかり思っていたんです。
わかってくれないと辛くなって。
でもヨガを始めてから、大きな気づきがありました。
それは、どんなに自分のことを他人に説明しても、
自分のことは自分にしかわからないんだ、ということでした。

自分で自分に「ありがとう」と言えるようになったら、
他人にあまり求めすぎることがなくなりました。




にしかわ:
ひととの関係性が、変わってきたんですね。





純子さん:

そうですね。ずっとわたしは、人と話すときに緊張していたというか、
身構えていたように思います。
何か話をふられたら、
それを“聞く”のではなく“対処をする”ことが大事だと思い込んでいて。
話をただ聞くことができなかった。
それが、今では話を聞いたときに、
「ハア~~~ッ」と出来るようになって。





にしかわ:
今の「ハア~~~ッ」は呼吸ですか?





純子さん:
そうです(笑)。
ハア~~~ッと一呼吸の間が取れれば、
「そうなんだね」とか言えるんですよね。
以前は、言えなかった。
家族に対しても、話を聞いている端から注意をしたり、
反論したりしないと気が済まなかったんです。
勝手に心配しすぎて、相手が求めているかどうかにかかわらず、
先回りして“対処”してしまうこともありました。
でもそれは、相手の必要ではなく、
自分の心の反応なんだ、ということに気づいたんです。


「そうか、そうなんだね」と受け止める一言が自分から出せれば、
相手の気持ちもぜんぜん違ってくるということに気づきました。




にしかわ:
ハア~~~ッの効能はすごいですね。
ところで、「気づきのヨガ」クラスでは、弛めるばかりではなく、
時に筋力を使う力強いポーズもありますね。
それはどうでしょうか?





純子さん:
それがまた、いいんですよね。
インナーマッスルっていうんでしょうか。
あまり普段使わない筋肉を使うから。
それに、クリパルヨガは安全性に配慮がありますよね
たとえば、背骨をねじる時にねじり過ぎないように、
背骨を伸ばして骨盤を安定させるとか。
だから力強いポーズも、安心してできます。


年齢とともに体力が落ちてくるから、身体を鍛えることは大切なんですけど、
わたしはハードな運動は苦手で。
ヨガや散歩みたいに、楽しく続けていると知らないうちに鍛えられている、
というのが好きです。
ときどき、ヨガの最中に筋肉がぷるぷるしてて、
笑ってしまうことがあります!



にしかわ:
筋肉がぷるぷるしてるってことは、ちょっとハードな印象です。
実は大変な時もあるわけですよね。
でも、それも含めて楽しめているってことですか?






純子さん:

…そうか。そうかもしれないです。
ほら、「そうか」って言えるようになってる!





にしかわ:
なるほど、本当だ!(笑)
そこなんですね。








頭で思っていることと、実際は違うのではないか




純子さん:
それから、クリパルヨガに出会って衝撃的だったことがあって。
クリパルヨガはただゆるりと身体を動かすだけじゃなくて、
けっこう細かく身体の配置(アライメント)を見ますよね。

わたしは根拠のない自信があって、
「自分は出来ている」と思い込んでいたんです。
でも、足の位置がどうなってるか、自分の目で見て確認しましょう、
と言われたときに、自分の足先が正面ではなく外側に倒れていて、、、
すごくショックでした。

なんというか、
頭で思っていることと、
実際に起こっていることは違うんだということを、
まざまざと思い知らされた
というか。




にしかわ:
セルフイメージと、実際のズレを感じたんですね。





純子さん:
そうです。
わたしは腰痛持ちなのですが、腰を真っすぐに伸ばしてるつもりでも、
実は反っている、というのも発見でした。
反り腰なんですよね。

(横向きの戦士のポーズで)両手を開いて、右手を見て!と言われると、
左手や体の中心のことを忘れ、無意識に腰が反ってしまう。
そこに気付いていなかった。
言われて初めて、真っすぐ立つために自分で調整するようになりました。


胸を開いて、肩の力を抜いて、お腹を引き入れて、自分の可能性を信じて、
あともう少し伸ばして。
伸ばすためには、土台やバランスを確認します。
真っ直ぐ立つために何を調整したら良いか、最近やっとわかってきました。

ヨガを始めて数年経って、やっとです。




にしかわ:
時間をかけて身につけてきたことは、宝物ですね。本当に素晴らしいです。




純子さん:

実際に見たり動かしたりして確認すること、教えてもらって直すことの大切さ、
ありがたさを、やっと素直に受け取れるようになってきました。
あきらめずに気長に付き合ってもらえていたこと、
良いところを見てもらえていたことに、ありがとうしか、ありません。


感謝の気持ちを感じる私の心にも、ありがとう!


これからも、自分も周りも変化して行きます。
その中で、自分の「今」を感じるヨガの時間を、生活に取り入れていきたいです。




にしかわ:
今日はステキなお話を、ありがとうございました。


参加者インタビュー①杉山亜衣さん

2020.07.11 08:03|参加者の声
ヨガクラスに通ってくださる生徒さんに、インタビューする企画をはじめました。

ヨガってなんだろう?
自分の求めるものと合っているかな?
わたしに出来るかな?

講師の言葉では伝えきれないところを
生徒さんのリアルな体験からお伝えできればと思います。

第1回は、杉山亜衣さん。
写真家として活動される中で、ヨガが生かされている
というお話を聞きました。

亜衣ちゃんとカメラ



********************


にしかわ:
フォトグラファーである杉山亜衣さんは、4年ほどクリパルヨガクラスに通っています。
お子さんも2人いて忙しい日々だと思うのですが、ヨガを続ける理由は?



亜衣さん:
日々、頭のなかでごちゃごちゃいろいろなことを考えているのですが、
一度止まれるというか、リセットされるから
「今日はどう?」って毎回聞いてもらえるじゃないですか。
それで自分に問いかけてみると、
行くたびに自分自身が違う感覚を持っていることがわかって。
今日は穏やかなわたし、今日はいろんなことを考えているわたし。
昨日よりも、先週よりも 身体が重いな、肩がだるいな、とか。



にしかわ:
最初は月に1回のペースだったのが、今では月2~4回に。なぜ回数を増やして定期的に通うようになったのですか?



亜衣さん:
月1で通っていたときは、毎回身体がふりだしに戻る感じだったのですが、
たとえば2週連続で来ると、身体がすごく楽です。
すこぶる調子が良いのがわかります。
同じポーズをしても、ものすごく出来る自分がいて。こんなにキツくないんだな、と。
それでヨガをスケジュールに入れてから、他の予定を組み込むスタイルにしました。


でも、定期的に通う一番の理由は、心と身体が整うからです。
自分と向き合うことの大切さに気づいたというか。
こうして自分と向き合うようになってから、
客観的に観るということが習慣づいてきたのがわかります。

家にいるときも、毎日ヨガが出来るわけじゃないけど、
ただ目をつむるだけでも、その時、その瞬間は、自分に向き合っている。
今日の自分はどう?
って自然と聞けている
気がします。
その意味で、ヨガはわたしの生活の一部です。



にしかわ:
自分に問いかけること、客観的に観るということが、生活に溶け込んできたんですね?



亜衣さん:
そうです。



にしかわ:
(クリパルヨガのプレスポイント)ワークショップにも来てくれましたね。
流れをとめてじっくりポーズを探求したことがありました。どうでしたか?


亜衣さん:
すごくよかったです。またやってほしい。
流れるのも大事だけど、止まってみるのも大事。
じっくり時間をかけて感じられるから。

あのとき、「山のポーズ」はみんなのモデルになってやったんですよ。
あの山のポーズに関しては、自分のなかでだいぶ入っている感じがする。
今やってって言われたら一人で全部できる気がします。
足元から入って、言われる前から肩甲骨おろしちゃう。



にしかわ:
山のポーズは、おまかせですね(笑)



亜衣さん:
はい(笑) 言ってましたよね? 
ポーズのプレスポイントひとつひとつ意識するのは大変だけど、
身体はひとつスイッチ入れれば自動的にほかも整うようにできているって。
足を踏みしめれば、尾骨は自動的に下がるとか。
ワークショップをやるとそういう意識が持ちやすくなるかな。

…わたしはどうやら、それを仕事に生かそうとしてるようなんです。




にしかわ:
どういうことですか?



亜衣さん:
カメラも同じなんです。カメラもあれこれ意識していじりすぎるとダメなんですが、
意外とバシッと決まればいじらなくていい。
ヨガを続けるようになってから、前よりずっとカメラを自然と動かせるようになった。
身体のスイッチとカメラのスイッチは何か連動しているようなところがある気がしています。



にしかわ:
それはすごいですね。ほかにヨガが仕事に役立っていることはありますか?



亜衣さん:
やっぱり、呼吸ですね。仕事でも、生活でも。
あ、わたし緊張してるな、と思ったときに、
呼吸を意識すると落ち着いたり、丁寧な仕事ができる。
以前は呼吸が意識できていなかったと思います。



にしかわ:
呼吸をすることで丁寧になれるんですね。具体的には?



亜衣さん:
たとえば、仕事で生後間もない新生児を撮影することもあるのですが、
現場はかなり緊張感があります。
たくさんの大人に囲まれて、赤ちゃんの扱いも細心の注意を払わなくてはなりません。
でも良い写真を撮るには、リラックスする必要もあって。

全部を調和させるためには、
マスクのなかで呼吸している自分を思い出す
と、
気にならなくなるんです。
他の人の目が気になると、気持ちが散漫になるから。
目の前のその子に丁寧に向き合うためには、呼吸をおだやかにする。

対・自分ですね。
他人じゃなくて自分。自分に集中するってことかな。
それを客観的に意識してました、そのとき。


にしかわ:
素晴らしいですね。以前は他の人の目が気になることもあったのですか。



亜衣さん:
そうですね。撮影するにあたり、他人の評価が気になることがありました。
この人はこの写真をどう思うだろうか、とか。
でも今はそれが気にならない。
もちろん気遣いは必要なのですが、今は自分が良いと思う写真を撮ればいいと思っています。
毎回自分に聞きますね、「これでいいの?」って。
「OK出せるの?」って。
自分がOK出せたら撮影終了。


にしかわ:
軸ができたみたいですね。



亜衣さん:
そうですね。だいぶ撮影に生かせています。
いろいろなことが意識じゃなく、無意識で出来るようになってきたというか。
身体の自動スイッチじゃないですけど、勝手にスイッチが入るというか。
どうやら違いはそこですよ。
前はごちゃごちゃ考えすぎていて、疲れちゃっていたのかも。
今は本当に楽しいです。
ヨガに出会えてありがたいですね。



にしかわ:
今日はありがとうございました。