FC2ブログ
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

12月のクラス

2014.11.24 07:01|■スケジュール
12月のクラスのスケジュールが決まりました。

*******
12月/
3日(水)9日(火)12日(金)15日(月)18日(木)19日(金)24日(水)
時間:10:30~11:45(75分)
参加費:1000円(教室初参加の方は無料)

【90分日曜クラス】
12月/
7(日)
時間:10:00~11:30(90分)
参加費:1500円(教室初参加の方は無料)

【11月もまだ空いています】
11月28日(金) 時間:10:30~11:45(75分)
参加費:1000円(教室初参加の方は無料)

場所:Yoga room Lantern※
※浅間サンラインの少し上の方です。浅間サンライン「普賢山落」の信号から小諸方面に進むと間もなく、右手に「畜産草地研究所」という緑の看板が見えるのでそこを右折。坂を上り、T字を左折。すぐ見える茶色と白の壁の建物です。

【ご予約・キャンセル方法】
E-mail: nishikaru.yoga@gmail.com までご連絡ください。
●予約の場合 →件名に「お名前+【○月○日】予約」と書いて送信
         →件名に「○○様 【○月○日】予約完了」と返信します
●キャンセルの場合 →件名に「お名前+【○月○日】キャンセル」と書いて送信
             →件名に「○○様 【○月○日】キャンセル受付完了」と返信します

本文は必要ありません。
もちろんご相談などは今まで通りお送りください。※キャンセル待ち希望の方は申し添えてください。

***************

今年もあと残すところ1か月余りですが、いかがお過ごしでしょうか。
私はといえば、1週間が1日で過ぎるような感覚で、たぶん今年もあと5日過ぎたら
終わってるに違いない(感覚だろう)と茫然としています。
とはいえ、ヨガのクラスに身を投じているときだけは「今」に留まっている感覚があり
(日常でも感じたいものです)この仕事を一生続けたいという思いは募る一方です。

さて、そんななか、皆さんとともにもう少しヨガを深めていきたいという気持ちから
来年は、各ポーズにフォーカスした定期レッスン(月2回ずつくらい)をしたいと考えています。
できるだけ同じメンバーで定期的に来ていただけたら嬉しいので、
もしグループで申し込まれたいという場合はぜひお知らせください。

その他、こんなレッスンの形があればよいというのがあれば
相談してくださいね。私もこどもつきでいろいろ制限がありますが
できる限り対応していけたらと考えています。

それでは年の瀬で忙しくなる時期ですが、どうぞ皆さん心と体に気を付けて
温かくしてお過ごしください。

大事なことはなにか

2014.11.13 14:40|主宰者のつぶやき
産後3か月から、自宅でヨガのレッスンをしています。
赤ちゃんと一緒に、赤ちゃんの機嫌や呼吸にあわせながら
その場その場で、可能なポーズを選びながら…
ときにはおっぱいをあげながら。
泣いちゃうときもあれば寝ちゃうときもあれば、笑ってるときもあるけど
娘はいつも私を理解してくれて、助けてくれます。

大事なことは、「心」なのだ

ということを、私はこの1年間で繰り返し繰り返し学んでいるような気がします。

ヨガのインストラクションを完璧にすることよりも
静かなクラスを演出することよりも
娘の呼吸に寄り添って、みんなの気持ちや気分に寄り添って、
ヨガをした方がずっと気持ちいいし、心も筋肉もやわらぐ。
娘の存在が、みんなの頬の筋肉をゆるめてくれることもあって
いてくれて本当にありがとう、です。

それと同じことがすべてに通じている気がして
最近ハッとすることが多いです。

なんの洗剤を使えばいいのか、どんな家に住めばいいのか、
何を食べればいいのか、何を着るのがいいのか、
どんな幼稚園に通わせればいいのか、
なにがいい、あればダメ、


正直、何が正しいのかさっぱりわかりません。

でも、そこには心があるのか?

と問うたとき、道がひらけてくるような気がしています。


柔軟剤いっぱいの洗剤をつかってる、愛にあふれたお母さん。
手作り給食をほこらしくかかげる、愛のない保育園。
ジャンクフードをくれる、近所のおばちゃん。
ぜんぜん約束を守らない、自然農法をこよなく愛するおじさん。
放射能について話題にすると口を閉ざす、福祉関係者。

ついつい、うっかり、
ベジタリアンだからいい人そうとか、ヨガやってるから平和主義だろうとか
思ってしまうしその方が安心していられるのだけれども
でも、本当に、大事なことは何だろう。

こどもたちは、そのへんよく知っています。
何かがよくないと禁止すれば反発し、逆に執着するし、
気持ちに寄り添って「いいよ」とゆるせば、自然に正しい方向に導かれていきます。
自分自身でバランスをとっているよう。

大事なことは心だよね。
そう思えたら、いつも見かけで判断していた私がゆるんで、
敬語が減った。
誰かと距離をつくろうとすることが減ったような気がします。