FC2ブログ
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

夏休み企画★「小学生のためのヨガ」開催しました!

2016.08.06 00:53|主宰者のつぶやき
本日、無事に「小学生のためのヨガ」初開催できました!

うち含めて4家族、虫取りに行くかと思った低学年チームも一緒に、9名
+ちょろちょろ出入り女子3名、と賑やかな1時間半でした~。

「小学生のためのヨガ」

…というより、、、、実は「子供とコミュニケーションしたい母の気持ちをかなえる会」みたいな感じで(笑)

特に、高学年の子どもたちは、蛹のような透明感と不安定さがあって、蝶々になって飛び立つ前に、肌を触れ合わせて、感じ合いたいという母の気持ちは、なんか痛いほどわかるというか…
帰りがけ、
「もう身体も随分大きいと思ってたけど、背中合わせになったときの背中がこんなに小さいんだと思った」と語ってくれたママがいて、涙が出そうになりました。

いっぽう!
芋虫みたいに可愛い小1、2男子チームも、なぜか、結構楽しんでくれたようです。

特に、あおむけになった母親のお腹や肋骨に手をあてて、息を吸ってそれがふくらんだのを感じたとき、
「すげー!俺もやりたい!」
と言いだしたのが笑っちゃうくらい可愛くて、、、子どもっていい~

普段はこういうのに一切参加しないうちの息子(後述)も、今回は企画段階から
よく相談にのってくれて、実験台になってくれて、
ふねのポーズを二人でやるというデモンストレーションも、見事やりとげてくれました。
途中で耳打ちされ、「あのポーズやってないよ!」と何度も言われたり 笑

この企画、いろーーんな人の想いが集まって実現したのですが
私も、個人的にいろんな想いを秘めていました。

可愛い可愛い、1年生の息子は、とても緊張の強いタイプで、
結果、人には理解されない方法でアウトプットということがたびたびありました。
そんな息子といっしょにヨガをしてみると、、、、

本当に、今まで出会った老若男女のなかで一番かたいのではないかと思うくらい
緊張でこわばっており、身体が思い通りに動かないということが
いたいほどわかりました。
本人も、「やわらかくなりたい」と言うのです。6歳にして。

よーし!ということで少しずつ始めると、まあ、気乗りしない日もあるけど
意外と真面目にやる。
そして、できなかったことが、2日目くらいでスッとできるようになる。
本人もニコニコですごく嬉しいし、わたしなんか狂喜乱舞 笑。

普段いっしょに生活していても、なかなか一緒に体を動かしてみないと
子どもの状態というのには気付けないものだなあ、と実感しました。

P_20160729_173656.jpg


まだしっかりと自分の気持ちを言葉にすることができない子どもたち。
でも、その身体が語りかけてくることはいっぱいあって、
こちらがそれを解読できると、いきなりスーッと伸びる。

というわけで、まとまりのない長い文章ですみませんでした。
何が言いたかったというと、子どもたちがなにせかわいい。
ということにつきますね。

最後は、なんとお友達がパンを焼いてきてくれて、みんなでバクバクたいらげて、
ごちそうさまでしたーーーー!(写真がヨガではなくパンしかない 笑)

P_20160805_114010.jpg


一緒に企画、相談、ヨガのインストもしてくれたみっちゃんにも大感謝!
ゆみをみてくれた4年生のお姉ちゃんにも感謝、大感謝!

あーたのしかった。またやりたいです♪