FC2ブログ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ヨガで生き方を学ぶってどういうこと?~ヤーマ・二ヤーマ

2019.06.10 15:26|ヨガと身体と生活の考察
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

なんだかこのブログは、小諸の「気づきのヨガ」クラスのあとで書くことが多いような…
以前にも書きましたけど、
私より年上の方が多く集まるクラスで、気づきが多いのかもしれないです。
そして小諸の広報にも載せてもらってますので
いろんな方がいらっしゃいます。それも刺激的です。

さて、なんとなんと今日のクラスのテーマは

「ヤーマ・二ヤーマ」

なんですか?そりゃ

という反応を覚悟して行ったのですが、
皆さんの反応がどちらかというと好意的に感じられ
ほっとしました。
CCI20190610.jpg


今まで、ヨガ哲学というのは、ポーズをある程度深めた人に
伝えるべきなのではないか、
敬遠されるのではないか、と思っていたのですが
それは自分の伝え方次第なのではないかと思いました。

とくに、年を重ねた方のなかには、長年身体のケアを怠っていた怖れのような
気持ちがある方もいるのではないかと思い、
そこから、どう自分の身体と向き合うか、
ヨガを楽しめるようになるまでの道のりへの導入のような形で、
ヤーマ・二ヤーマにふれておくのはいいのではないか
と思ったのです。

今日、たぶん、その試みは良かったみたいです。


他人に対してだけではなく、自分に暴力をふるわないように

思考、言葉、行動
すべてにおいて、私自身を大切にしましょう。
当然、ヨガのアーサナの中でもそれが出てきます。
自分自身の扱い方を問い直します。
人に合わせることで、自分を痛めつけていないかどうか。

面白そうですか?
そんなふうに感じた方は、是非クラスに来てみてくださいね!(宣伝につながった!笑)
ヨガクラススケジュール


ヨガというのは、ものすご~く変わった存在だと思います。
たいてい「生きにくい~」と感じれば宗教、心理学などにいくでしょうし
「身体を鍛えたい~」といえばスポーツなどにいくでしょうし、
「私とはいったいなにか」と問いたければ、科学や哲学にいくわけで。

でも、その全部を含んでいるのがヨガなんですよ。

すごいと思います。

ヨガというのはストレッチでも宗教でも自己啓発セミナーでもなく(笑)
膨大な知恵の集積です。

このヤーマ・二ヤーマを含む経典をまとめた方は
パタンジャリという方で、なんと紀元前2世紀ごろを生きた方なのだそうですよ。
我々のいのちはなんと雄大な営みの上に成り立ってるんでしょうね。
ありがとう、パタンジャリ。。

あ、ちなみに私がやっているのはクリパルヨガなので
このA4にまとめたものは、私のフィルターを通過したものです。
ずっとヨガをやってきて、
私なりに感じている生活のなかのヤーマ・二ヤーマの考察を盛り込んであります。
どうぞそのまま使用されないように。


そして、今回やってみて思ったのですが、
クリパルヨガの世界観というのは、ものすごくヤーマ・二ヤーマに即したものだったのだな、と
あらためて感じました。

昨日わたしは東京での指導者研修に参加してきたのですけれども
クリパルヨガの指導者コースはすべて
細部にいたるまで、ヤーマ・二ヤーマが守られています。

別に道徳じゃないんですよ。
でも、ヨガで自分を解放したい、高めたい、成長したいと願う指導者の力、仲間の力で
そういう場が出来上がっているということだと思います。


どうしたらよりよく生きられるだろうかと
模索している方がすごく多いと感じます。
まさか、ヨガで?

わたしはそのまさかで、しんどかった幼少時代を抜けて今、幸せです。
不思議ですね。


読んでくださってありがとうございました^^