FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

2019年9月以降のヨガクラススケジュール

2019.09.10 14:47|■スケジュール
こんにちは、ヨガランタンのにしかわまきえです。
今日はお知らせが二つ!
今まで子連れのヨガは、うち(Yoga Lantern)での
9人限定で月1~2回と佐久穂くらいだったのですが、

祝☆増設!!


御代田町民に限らずどなたでも参加できる(ようになりました)
子連れOKのヨガクラス「子どもが真ん中 地域のゆとりヨガ教室」、詳しくは下記へ。
子連れじゃない方も、赤ちゃんのエネルギーもらいながら楽しくヨガしましょう!


お知らせ2。
最近、なんとヨガのDVDを作りました。タイトルは「自然と、ヨガ in 佐久穂町」。
なにが自然?というのは是非見ていただくとして。
撮影編集の副島さんから「ナウシカですか?」という言葉をいただきました。
まだ製品化は出来てないのですが、金曜日10時に佐久穂町の「さくほっこ」に
行くと300円でDVDを見ながらヨガができます。
月2は私が指導しにいくのでDVDはおやすみ。ふらりと行ってみてください★

最近クラスが増えてきて、ややこしいので、もう少し整理したいと思っています。
わからないことがあったら是非なんでも聞いてくださいませ。お待ちしております^^



【近隣の市町の方もどうぞ!子どもが真ん中・地域のゆとりヨガ教室】
乳幼児連れで来られる「エコールみよた」でのヨガクラス。
会議室に赤ちゃんがハイハイできるじゅうたんが敷いてあり、
授乳室やおむつ替えスペースもあります。ママさんだけではなく、
パパさんやおばあちゃん、おじいちゃんも一緒にどうぞ!
赤ちゃんを真ん中に、地域の温かい繋がりを感じながらゆったり身体を伸ばしていきましょう!
9月24日(火)
10月3日(木)/8日(火)/22日(火)
11月7日(木)/12日(火) /21日(木)/26日(火)
12月10日(火)/19日(木)/24日(火)
10時~11時
参加費:800円
場所:エコールみよた 大会議室
持ち物:ヨガマット(レンタル100円)、ブランケット
ご予約:0267-32-2770(御代田町教育委員会生涯学習係)



<<Yoga Lanternでのクラス>>
【90分クリパルヨガクラス】
「気づきのヨガ」「意識のヨガ」と言われるクリパルヨガのクラスです。
自分の心と身体に向き合いたい方におすすめします。
瞑想・呼吸法も行います。9歳~80代の初心者から経験者の方まで
、幅広く参加されています。運動量は中程度。

9月毎週水曜(4、11、18、25)/日曜(22日)
10月水曜(2、9、23、30日)/日曜(6、27日)
時間:10時~11時半(90分)
参加費:1700円(7回券10000円、1年間有効)

【75分クリパルヨガクラス】

9月26日(木)/10月24日(木)
時間:13時~14時15分
参加費:1500円(7回券10000円、1年間有効)

【子連れでプチヨガクラス】
お子さん連れ(乳児、未就園児)で参加できるのんびりしたクラスです。
おもちゃが散乱した状況で!ママメインのヨガをして、
子育ての悩みもシェアしていきます。お気軽にどうぞ! 
9月17日(火)/10月29日(火)
時間:10時半~11時半(60分)
参加費:500円(長野県外在住の方は1000円申し受けます)

****************
ご予約:090-1252‐7700
nishikaru.yoga@gmail.com 西川まで
ホームページ:https://www.yogalantern.net/
****************


<< Yoga Lantern以外でのクラス >>
【小諸市体育館主催・「気づきのヨガ」クラス】
毎回テーマがあり、お話をしてから始めます。
呼吸法や瞑想、ヨガの日常生活への生かし方など、幅広いテーマがあります。
参加費:800円(ヨガマット代:100円)
時間:10:30~11:30
ご予約:小諸市体育館(0267-23-3800)
9月30日 「プレスポイント~半月のポーズ」
10月7日 「ペアポーズ~ひとと協力すること」
10月28日 「怒りのはなし」
11月11日・25日/12月2日・9日



【NPO法人まんまヨガ@佐久穂町】

佐久穂町の子どもセンター「さくほっこ」で行う定期クラスです。シニアから子連れのママさんまで誰でも参加できるクラスです。終わったあとは、「さくほっこ」の素敵スペースで子どもを遊ばせながらお茶してもいいですし、持ち込みランチもOKです。
佐久穂町民以外の方も、お気軽にお越しください。
日時:
9月13・27日(金)/10月11・25日(金)/11月8・22日(金)/12月6・13日(金)
※実は、このほかの金曜日は自主ヨガされているそうで、
わたくし指導のDVDを流してくれます。参加費300円だそうです。是非ご参加ください♡

10時~11時
参加費:一般500円 まんま会員400円
場所:さくほっこ 
持ち物:ヨガマット、ブランケット(無料貸し出しもあります)
※予約不要 
お問い合わせ:「さくほっこ」0267-86-2123 


ブログのトップには、月間スケジュールもあります。

是非チェックしてください。お待ちしております!


保育士を目指す学生さんと「今、この瞬間」から未来へ

2019.09.04 15:38|ヨガと身体と生活の考察
先日の土曜日
保育士を目指す20代の学生さんたちや先生がたといっしょに、
ヨガと瞑想のワークショップをする
機会をいただきました。

3日間のゼミ合宿の途中、という大切な時間。

65歳の男性の先生が是非にといってくださったとのことで。。。
(学生さんからの愛され方がすごいチャーミングな先生でした)
本当にありがたくお引き受けしました。

ワークショップのタイムテーブルはこんな感じでした。

9:30~ 私の自己紹介+みんなの自己紹介
10:00~ 瞑想体験+シェア
10:30~ ペアでのボディワーク+シェア
11:00~ ヨガ体験
12:00   終了

わたし自身、若い世代へ伝えたいことがすごくあるのです。
情熱が有り余ってます。
そんなわけで、自己紹介を兼ねて
以下の話を舌足らずながら一生懸命話しました。・


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

自分は43歳の今、ヨガ教師をしていますが、小学校のときは漫画家になりたかった。

物心ついたころから、
自分は重くどんよりとしたものを背負っていて
あまりにも「それ」が世界を覆いつくしているので
「それ」があることにすら気づいていなかった。

成長してから、「それ」が一般的には
「不安」
と呼ばれるものだとわかりました。

いつも「それ」があって怖くて、でも
絵を描いているとき時だけは
「それ」がなくなるということに気づいていた。
描く絵の線をひくときにはその線の上をなぞるように
「今、この瞬間」にいて、
他のことはすっぽり何もない時間。
それは自分にとって、暗闇のなかの光のようだった。
だから漫画家になるしかないと思っていたのです。


中学生になって、絵を描くことでそういう経験もしなくなっていき、
それに代わる他のものを探し始めました。
バレーボール部。
それから高校生では、しがみつくように、文章を書いたり。

20代になってからは、ひたすら外を走るということもしていました。
右、左、右、左、と足を交互に出すこと、
息を吸ったり吐いたりすることをえんえんと繰り返す。
その瞬間、その瞬間、
そこにいないと足が止まりそうになる。
ふと思考がどこかに持っていかれても、
走っている「今、この瞬間」の身体感覚に
すぐ戻ってくれば、苦しい思考に飲み込まれないで済む。

その頃には、いったいそんなことをして
自分がしたいのか、
何を求めているか、わかっていました。

生きている実感 がほしい

ただ生きている、と感じたい。
それだけでした。
それだけなのに、
大人になるにつれ、その実感はどんどん遠のいていき
まるで生きていても死んでいても同じように
ただオートマティックに毎日ごはん食べて仕事して寝る。
これが常識で一般的で
これがノーマルで通常でジェネラルならば
生きているっていったい、何か意味があるのだろうか?

と思ってました。

ところで今日、ヨガや瞑想をやっていくわけなのですが
ヨガや瞑想というのは

今、この瞬間(ここ)にいること
というのが実践の中核になります。


繰り返しますが、わたしは今ヨガ教師をしています。
あんなに情熱を燃やした漫画家の道にも進まず、
ランナーになった訳でもない。
みんなと同じ年の頃は、まさかヨガをやって生きていくと思わなかった。

でも、繋がっていたのです。

「今、ここにいること」

それが起これば、自分が生きている、ということを感じられる。
その感覚を求めて求めて、右往左往していた何十年間が、
ヨガ教師という道で開けていったのです。

ということはつまり、

過去は未来に、確実に繋がっているということ。
未来は過去をふくんでいるということ。

それならば、みんなと過ごしている「今この瞬間」は、
遠い未来に必ず繋がっているはずです。
まだ見えない未来の自分は、今この瞬間の自分を
かならず含んでいるはずです。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


こんな話をしてから、みんなの思い描く「10年後」を語ってもらいました。

ゼミの先生はクラスが終わった後で、
アメリカインデアンが15歳になって部族を離れるときに
自分の10年後を語るという儀式がある、
ということを教えてくれました。


20代前半。
子どもでもないし、完全な大人でもない。
入ってきた瞬間に見せる、
繊細さ、あどけなさ、所在なさ、柔らかさ、純粋さ。
たとえ身体が固くても、とても柔らかいものを感じる。

みんなのエネルギーをちょっと感じたいんだよね、というと
「エーそんなのわかんの~」とか
素直に反応してくれたり。

「わたしがはしゃぐタイプに見える?見えないでしょ。
じゃあみんなもわたしのエネルギーを感じてるってことだ。」
と言ったらなんとなく納得してくれて 笑。


おならがしたいとか、眠いとか、鼻がずるずるとか
ぜんぶ教えてくれるから、すごくいい。

そのひとつひとつが、瞑想やヨガの邪魔になるものではなく、
「いま、この瞬間」にいることによる
ギフトであったり、
今を生きるための貴重な手がかりだったりすることを
ひとつひとつ伝えて、全部肯定していきました。

ぜんぶ、肯定。

だって、ぜんぶ素晴らしいから。



この不安でいっぱいの思春期から20代を生きるひとびとが、
ぜんぶ素晴らしい、ということを
どうしても伝えたいという気持ちが溢れました。


許可をいただいて、皆さんの感想を一部載せさせていただきます。

初めてヨガをしてヨガは身体を伸ばす運動をすることだと思ってたので
瞑想をしたり、自分と向き合う時間を作るのにもできると知ってびっくりしました!
しっかり自分と向き合う時間をとることが大切だと知ることができたのでまたヨガしたいと思いました🧘‍♀


ヨガは初めての体験でした。
身体だけではなく自分自身に集中をして行うものだとは知らなかったです。
あまり自分に対して集中したり考えたりするようなことがないので
今回ヨガを通して改めて考えることが出来てよかったです。
とても貴重な体験をゼミのみんなと体験出来てよかったです!
また機会があればヨガをやりたいです🧘‍♂



わたしは「自分と向き合う」という言葉を使ったかな?
たぶんほぼ使ってないと思う。
けれど「自分と向き合う」ということなのだと理解してくれたこと
とても嬉しかったです。

こんなことも話しました。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



みんな何か困ったことがあったとき、自分に聞きますか?


自分てね、何も知らないからまわりやネットに聞かなくちゃと思ってるでしょう。
でも違うんだよ。
身体、そして自分の感情は、自分(頭を指して)が思っているより
ずっといろいろなことを知ってるんだよ。

何か困ったとき、人生の難局に、ヨガや瞑想を利用するんです。

ママになれば、卒乳はいつにするのか、予防接種はどうするのか、
情報はたくさんあって、いろいろなことを言ってくる人がいる。
そのときに、どうするのか。
何を選択するのか。
自分に聞くんです。
目を閉じて、ただ呼吸を感じて、身体の痛み、心の痛みに気づいていく。
アタマで考えているより、他人に聞くより
ずっとずっと正しい答えを出してくれるはずです。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



こんな感想を伝えてくれた人も。



最初と最後の気持ちにとても変化がありました❗️心の底から温まった感じがしてリラックスしてる自分がいました🎵ヨガの時間はとっても時がゆっくり流れてる感じがして生きている実感がわきました😁


。。。

ちょっと泣きそう。


妄想しかできないとか、瞑想30分もやんの~と言っていた
正直な皆さんが
瞑想の静かな時間をみんなで共有したあとの
目の光が忘れられません。
「面白い」「家でもやってみたい」と教えてくれたときの
わたしの喜びったら 。。。笑。

若い頃、これを教えてほしいと思っていたんです、ずっと。
こんなあり方も出来ることを。
こんな自分との付き合い方もできるということを。

背筋がぞくっとするほど、嬉しかったです。

すっかり眠ってしまった人もいたヨガの後で
座位に戻って、
みんなと目を合わせたときの感情も忘れがたいものでした。

きっとあの瞬間が、わたしの10年後に
まっすぐ繋がったと思う。

これで最初で最後の出会いだったとしても、
わたしはきっと、ずっとずっと忘れません。
みんなのこれから先の人生に、心から祝福を送ります。
応援しています。

素晴らしいチャンスをくれた私の大好きな友達、
子ども達の希望であるCさんに、心から感謝します。
ゼミの皆さんも、先生も、
拙い話をたくさん聞いてくれて本当にありがとうございました!