FC2ブログ
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

腹式呼吸は誰でもかんたんに出来るのか?

2020.03.28 09:17|ヨガと身体と生活の考察
こんにちは。
有言実行、土曜日にブログ更新のヨガランタンにしかわまきえです。


今日は腹式呼吸の実情の話。


「腹式呼吸した方がいいですよ」


って言われたことないでしょうか。
お医者さんとか、知識のある知人などに。
もしくは、

「深呼吸して!」


パニックになりそうなとき、
落ち着いて何かを成し遂げたいときなどに。


しかしながら、
腹式呼吸、深呼吸というものは、
人によって、もしくは状況によっては、
超ムズカシイ、もしくは出来ないものだということは
あまり知られてない気がします。


先日、生徒さんにこんなことを聞かれました。

「(もうお亡くなりになった)お姑さんが血液の酸素濃度が薄いから
腹式呼吸をした方がいいとお医者さんに言われ
やるように言ったのですが、ぜんぜんできなかった。
それは年をとったから、もう理解できなかったのでしょうか?」

最期に少しだけできるようになった、と言い添えてくれました。



私の答えです。


「呼吸は、心や身体の状態を如実に反映するものなので、
すんごく疲れている人とか、心身が弱っている人に、
いきなり腹式呼吸をしてと言ってもできないと思います。


(何かしら弱っててストレスがあれば浅い胸の呼吸に、
リラックスして元気なら深いお腹の呼吸に、自然となる)


でも、自分の意思で、呼吸を深めようという努力をすれば
ゆっくり少しずつ深い呼吸が出来るようになって、
その結果として、心身をリラックスさせたり疲労回復させたり
自分の身体や心を少しコントロールすることが出来る
ようになります。
これがヨガでやっていることです。

最期に少し出来るようになったというのは、
弱っている中での、ものすごい努力の成果なのではないでしょうか。」



…わたしがこんなことをエラソーに言えるようになったのは、
知識もありますが、自分の経験が大きいです。

よく話す話なのですが、
わたしはヨガを始める前、ものすごーーーーーーく呼吸が浅かったです。
どのくらい浅かったかというと、
吸うのは0.1秒くらいしか続かず、腹式呼吸どころか
胸式呼吸にもならず、
「首」呼吸になってました。
首にしか入らない!!(;д;)


それはそれはもう疲れやすくて、
仕事に行く途中で、電柱に手をつきながら道を歩いたものです。

呼吸が浅いというのは、
本当に苦しい



今でもときどき、あのときの状態をありありと思い出します。





ひるがえって、今のわたくしの呼吸。

吸うと、お腹が広がって、肋骨が広がって、
胴体がふんわりと全体が膨らんでいくような
感じの呼吸ができます。
午前8時50分、まだヨガもしてない状態で。

これはヨガを始めて15年で、一番変わったことかもしれません。

そして、もうひとつの成果としては

常に呼吸を感じている

呼吸に気づいているということが常態になっているということです。

だから、不安なことや心配ごとがあるとき、風邪をひきそうなとき、
生理が近いとき、いつでも呼吸がまず教えてくれますから、
そうですか、そうですか~
と自分の身体の声を聞いて
昼寝をしたりとか、ヨガをしたりとかして、対策をうつことができます。



でも、繰り返し言いますが、それは長いことかけて
そうなってきたのであって、
今日明日でいきなり肋骨がブワッと広がったりはしないと思います。


現代人は早急に結果を求めるので、しんどいですね。
でも、15分の中には15分の中の、
15年の中には15年の中の、
変化や喜びがたくさんあって、
それに気づいて楽しめる人が、ヨガを続けられるのだと思います。

15年後の結果や成果の獲得をただ目指して、歩き続けられる人は、
超人だと思います!(笑)




お姑さんを見送った方は、
「それを知っていたら、あのときの姑への接し方も違ったかもしれません」
と涙を浮かべておられました。



私の心にも深く残った出来事でした。


「知識」があるのはいいけれど、
それは自分やその人の感覚に、
自然や地球の実情に、
根ざしたものであるだろうか?


いつも自分に問いたいことの一つです。



拙い文章を、読んでくださってありがとうございました^^

どう生きたいのか ~「わたしが幸せを感じるとき」

2020.03.21 06:52|子育て、もろもろ
おはようございます。
土曜日の朝に、ブログを書いております。にしかわまきえです。

ずっと「不言不実行」だったことがあるのですが、
それは
毎月いついつにブログを更新します、という宣言。

あんまり自分をキュッと締めたくないという
気持ちがあったのですが、
このコロナ騒動の中で、
よーし、やろう、という気持ちになりました。

毎週土曜日に更新します

わーいっちゃったいっちゃった(;´Д`)

↑ものすごく、弱い。個人事業主として (笑


でも、仕事というのは、いかに自分が幸せかというのが
大事だと思っているので
日々の生活を含めて幸せなことをおきざりにするような
働き方はしたくないという想いがあります。

とはいえ、ブログ、すごく重要な位置づけにあるような。

この前も、よし、えいやと、遅れに遅れて
新年の抱負(「スペース(空間)をつくる」ということ)
をblogにさらりと書いて
みたら、

なんとコロナ騒動が来まして、ものすごいスペースが空きました。
無意識のうちに
自分の中、世界の中に生じている必要性が
実現していってしまうのか。
いずれにしても、やはり記しておくことは大事ですね。


という訳で、今日は 「わたしが幸せを感じるとき」
というのを記しておこうと思います。


どう生きたいのか、が見えてくる、大事な原点。


注:ユミ=5歳娘の名 ヨシタカ=10歳息子の名

ユミの声を聴くこと
ユミがどうでもいいようなことで笑うこと
ユミを抱っこするとき、良い匂いがすること
ヨシタカが、イキイキしているのを見ること
ヨシタカが、泣いている私の背中をさすっていること
ヨシタカが、素直に泣いたり笑ったりするのとみること
ヨシタカが、自分とはかけ離れた発想を教えてくれること
ヨシタカとユミが、元気で笑顔でいてくれること
夜、寝るとき、、両サイドに寝てる子ども達と手をつなぐこと
 
健康で身体の痛みが少ないこと
頭が忙しくなくて、静かなこと
呼吸をする時間的・空間的スペースがあること
生徒さんが、ヨガで生まれた気づきや感覚をおしえてくれること
クラス中のみんなと自分のエネルギー、シャバアーサナの静けさを感じる瞬間


部屋がきれいになったときの心のスペースを感じるとき
友達がいて、助け合いが出来る安心感
森の動物たちに思いがけず会える瞬間
幼稚園の子ども達が、「ゆみちゃんのおかーさーん」って呼んでくれたり、手を繋いでくれたりすること
人との繋がりを感じること
映画や本などで他人の人生を知ること、感動すること
音楽にしびれるとき

夕焼け、朝焼けに胸をうたれる
子どもと一緒に歌う
髪型・服装…おしゃれじゃなくても安心して人と会えること
目を閉じて、数秒でも静かな時間があること
安心、ほっとする家があること
生きている喜びが突き上げるとき
星をゆっくり眺めること
家でパソコンしながらチャイ飲むこと



総じて言えるのは、わたしは

何かを深く感じ取っている時が幸せ

なのであって、その深く感じるためのベースというのが
瞑想やヨガなのだな、ということ。

決して、今ここから別の場所にいったことや、実現した結果、成果に
喜びや幸せを感じている訳でないんだな、ということに
深く気づいた次第です。


***


3月末から、このヨガの仕事をつづけながら、
少し保育所で働くことになりました。
去年、独学で保育士資格をとって、さっそく働かせていただけることになりました。
上司は、ブッダかK先生か、というぐらい
わたしが尊敬し、共に子育てをしてくれた方です。


幼稚園の子ども達が、「ゆみちゃんのおかーさーん」って呼んでくれたり、手を繋いでくれたりすること


またひとつ、幸せが増えていくような予感。
わくわくしています。
名札も作らなくちゃ!


みんなのなかにも、幸せの原点から広がっていく何かがありますように。
そしてその先に、幸せな世界が広がっていますように。


読んでくださって、ありがとうございました^^


P_20181030_061156.jpg


春の感情

2020.03.18 17:24|子育て、もろもろ
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

春が、忍び寄ってますね。

春はやってくるものであって、忍び寄りはしないだろう
と自分に言いたいところですが、

今年はなんだか、そんな感じです。

子どもの誰も卒業式も卒園式もかぶっていない我が家ではありますが、
大きな別れがひとつ。

4年間息子を受け持ってくれていた担任の先生が
離任されることになりました。



と、書くだけで号泣しそうになる、わたし。



学校のおたよりとか目に入ると、感情がぐぐぐぐぐっと盛り上がって
ああ、これを今通過するのは難しい、
と伏せてしまいます。




普段、わたしがやっているクリパルヨガクラスでは
身体を動かすことで感じる感覚や感情を
大切にしてください、と伝えています。


しかし、今、誰かにそんなこともし言われたら、すごく困る。
ちょっと待ってくれ。
今は、無理。

普段しょっちゅう、ココロだココロだ
と言っているわたしですが、

ココロを味わうことは、なんと自分自身の存在に肉薄する、
疲れることなのだろうと
あらためて思いました。
味わえば、カタルシスもあるけれど、
そこに飛び込むまでが、難しい。




以前、一回だけヨガクラスの生徒さんに

「感情ってなに?」

と聞かれたことがあります。

ええーっと、悲しいとか嬉しいとか、悔しいとか寂しいとか
…と、説明したかどうかも覚えていませんが。


肩こりが重症になればなるほど
触っても感覚がないのと同じように、

苦しいことがあればあるほど、それが感情であることも
わからないくらい、
カタイ殻に覆われてしまうこともあるかもしれません。



息子も学校で大号泣だったそうで
帰ってから、その話を少しでもしようものなら
顔が歪んでしまうので
なるべくそおっとしておきました。


本を読んだり、サッカーしたりするうちに、すっかり元気になっていきます。
さすが、子ども。早い。


でも、手紙書く?と聞いたら。。。今は、難しい、とのこと。

今は、難しい。


春はあまりにも、いろいろな感情が渦巻きすぎているな。


感情にむやみに触れるのは、時に、危険。

けれど、ちゃんと
人生の節目節目で

悲しみも、喜びも、別れも、出会いも、
深いプールに飛び込むつもりで
ざっぱーんと浸る勇気を持ちたい。


生きているっていうのは、本来、こういう感情の揺さぶりを
味わうことだったんだよね。


春の感情。
これから味わいます。


読んでくださって、ありがとうございました^^

息子とヨガ(2)~ カラダに動きが入ってる!

2020.03.06 12:06|小学生とヨガをする
こんにちは。ヨガランタンのにしかわまきえです。


以前、息子とヨガしたときの話をblogにあげていたのですが
息子とヨガ(1)~頭が働きすぎる子の身体

そのつづきです。



実は、前回blogをアップした後、

児童館で、突然、ドッジボールもサッカーも積極的に参加するという
ちょっとした奇跡のようなことが起こり、
児童館の先生もビックリ!!

「お母さん、運動もしなさいって言ったんですってね?
そのせいですよ、すごいですね!」

と、褒められました(笑)
いえいえ、ずっと言ってたんですよ。。。。
でもぜんぜん、本人の気持ちが向かなかったので、
児童館では背中を丸めて漫画ばかり読んでいたのでした。

その突然の変化から、
いろいろ変わったような気がします。

前はあっちこっちに重心がブレてよろよろした
不安定な歩き方をしていましたが、
身体の真ん中に力が集まって、
登校を見送るときの後ろ姿も、なかなかカッコイイです。


姿勢も前よりは良くなりました。


前出の理学療法士さんに彼の動きを見てもらうと、


ボールの投げ方も、ぜんぜん違う。
コアの使い方がわかったから、
運動をする気が起きたのではないか。


と言っていて、
わたしもまったく同感でした。

自分の経験からしても、コアに「入る」感じがしないと
あらゆる動きが面倒くさくなります。
階段を上るのも億劫になります。
コアが使えると、
あらゆる動作がしやすくなって、
腕や足の力も入れやすい。

運動をするようになったので、
わざわざ自宅ヨガのために児童館から早めに連れ去ることもないだろうと、
夜だけ太陽礼拝をするようにしていたのですが、

でも、児童館で運動をはじめたのが
そのヨガのおかげであったのなら、ほんとうに嬉しい!!!

       

******




休校がつづく中、外は強風でなかなか散歩も難しかったので

「いっしょにヨガしようよ!」
と久しぶりに誘ってみました。

そのときの映像がこちら(本人の希望で載せます)






ちょっと張り切り過ぎて、前のめりになってますけど(笑)

ダウンドッグで綺麗に背骨が伸びて、
骨盤が前に倒れる意識を持てています。

今、子どもの多くを見ていると、
この骨盤前傾の動きが出来ないのです。
(いわゆる和式トイレでしゃがむときの骨盤の動きです)
骨盤が前後に動かなければ、
コアもなかなか働きません。

先生がたも、「なんで子ども達の姿勢がこんなに悪いのだろう?」と
悩んでいますよね。

子ども達のせいではないんです。。。
コアがないので仕方がないのです。

いくら「姿勢正しく!!!」って言ったって
精神で保つには限界がある
ということを知ってほしいです。


というわけで。
息子に、「太陽礼拝、最初と比べてどう?」と聞くと

前より動きやすくなってる!

カラダに動きが入ってる!



とのこと^^
素晴らしい。

課題としては、コブラに入るときにドンとおりてしまうのが気になる、
とのこと。

出来たこと、可能性を感じること、
本人が自分の言葉で
言うのが大切だと思います。


********

読んでくださってありがとうございました!
休校中の子どもたち、よかったら真似してやってみてくださいね。




タグ:キッズヨガ 小学生 休校