FC2ブログ
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

大人の境界線問題~ヨガで客観視する力を育てる①

2020.06.28 20:44|クリパルヨガと教育・福祉
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

雨が降り、少し冷えた今日。
残念ながら雪窓公園のヨガは中止となりました。
7月のクラススケジュールをぎりぎりまで悩みましたが
アップしましたので、こちらをご覧くださいませ。

7月・8月のヨガクラススケジュール



さて、先日、 子どもの「境界線をはぐくむ」


というblogを書いたら、あちこちから反応がありました。
いつも読んでくださって、本当にありがとうございます。

そのなかで、幼き日に力関係の問題で(親とか先生とか兄弟とか)
「嫌だ」と言えなかった体験を語ってくださった方がいらっしゃいました。
(許可を得て書いております)

力関係。


非力で、まだ分別のない子どもは、大人以上にその問題が大きいですね。

「わたしはそれは嫌なんだ」と伝えることは、
しっかりと自分と他者の境界線を引くための、
個人の責任のようなものです」


と書きましたが、同じくらいの年代の力関係がほぼイーブンな
子ども同士の関係で学ぶべきことだと感じます。


その方は、「嫌だと言えずに体験してしまったことは、
自分の中でいつまでも残ってしまう。
勇気を出して、嫌だと言えれば体験せずに済む。
自分を守るために大切」

だと伝えてくれましたが、まさにそのとおり、
自分を守るために大切なこと。
そのために勇気を出して言って、それを成功体験として
積んでいくことが人生の支えになっていくと思います。

代弁してもらって、感謝しております。



わたしも「先生」と呼ばれる立場なのですごく思うのですが、
「先生」というだけで、すでに力関係が上なんですよね。
なるべく言ってもらえるような雰囲気づくりをしたいですが、
一方で、先生というのは毅然とした態度も必要ですから
難しいと思うこともあります。


この話をしてくださったのはヨガの生徒さんなので、本当に私としても嬉しかったです。


**********


ちなみに、この境界線問題を大人に当てはめると
こういう場合はどうなのか
ああいう場合もあるのに
と議論が尽きないことと思います。


大人というのは子どもと違って、
いきなり感情爆発させるわけにもいかないし、
ある一定の社会的なルールのもと
境界線を引かなくてはならなくて、なかなかむずかしいです。


相手の状況やタイミングをみて言う、とか。
話し方の順番をよく考える、とか。
上記のように、力関係のことも考慮しないといけない。


ああ、やっちゃったな~と思うことは
わたしもよくあることです。



さらに、
過去にさまざまな体験を積んできているから、
ただ「嫌だ」
というためにも、
「ごめんね」
というためにも、
ピュアにその場の問題だけを取り扱うことが出来ません。


それと似たような過去の経験が、
往々にして無意識のうちに、いちいち頭をもたげ、
感情が倍々に上乗せされてしまいます。


たとえば、
誰かに率直にNOと言われると同時に、

「いつも私はダメだダメだと言われて育ってきた」
と、子どもの頃の体験が追体験されてしまい、
感情が倍増してしまうとか。


本当に起こっていることは何なのか?


その「仕分け」作業から
はじめないと、ぐちゃぐちゃになってしまう。

大人も境界線をひくのは大事なのですが、
そのあたりが、とてもむずかしいのだと思います。



さて、それで、いいかげんに、ヨガの話。
(やっとここまできた)





そのぐちゃぐちゃを解くことは、ヨガにはできないのだけれど、


何が起こっているのか?

を、追跡していく力は、実はヨガで育てることができるのです。





自己観察する能力
客観的に状況をみる能力





を育てることができる。


そうすると、
コミュニケーションは依然いろいろ難しいのだけれども、
それでも、


相手に起こっていること
自分に起こっていること



両方とも、客観視できるようになれば、


「あのときは自分は疲れてたんだな、
でもあの人のこのタイミングで言うことはなかったかな」


と素直に謝ることができたり(←わたしはしょっちゅう謝っています、、、)
無意識に自分をダメだダメだと責めて
謝るのが辛くなったりすることもなくなると思います。





今日はここまでで力尽きました。
また来週つづきを書きたいと思います。


読んでくださってありがとうございました!





****************
LINE@で友達登録をしていただくと、月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。お気軽にどうぞ!
友だち追加


7月・8月のヨガクラススケジュール

2020.06.28 15:18|■スケジュール
こんにちは。
7月・8月のスケジュールをやっと決めました。
遅くなって申し訳ありません。

新型コロナウィルス対策のため屋外でのヨガ・オンラインヨガなど
あれこれ模索してきましたが、

Yoga Lantern でこれまで行っていたクラスを
再開します。


ただしYoga Lanternは狭く密になりやすいので、

塩野地区世代間交流センター(塩野公民館)に場所を移すことにします。
場所はこちらです。



Yoga Lanternから車で5分くらいの場所ですが、細い道の途中にあるため
わかりづらいかもしれません。
こちらも参考にされてください。

塩野公民館地図




また、この水曜・日曜のヨガクラスは、
ヨガの本質(自己探求)により近いものを伝えていこうと思っております。




<<90分クリパルヨガクラス>>

自分自身の身体や心としっかり向き合いたい方に向けた経験者向けクラスです。
自己への気づきを深め、客観的な心のあり方を育てます。
身体の柔軟性、年齢、性別などは一切問いません。


7月水曜(1、15、22日)
7月日曜(5、26日)

8月水曜(5、19日)
8月日曜(9、23、30日)


時間:水曜10時~11時半/日曜:9時~10時半

参加費:1700円(7回券10000円)、学生1回500円

場所:塩野世代間交流センター(塩野公民館)

※日曜クラスの時間が変わりますので、ご注意ください。



****************
ご予約:090-1252‐7700
nishikaru.yoga@gmail.com 西川まで
ホームページ:https://www.yogalantern.net/
****************


【小諸市体育館主催・「気づきのヨガ」クラス】

呼吸をして、リラックスして、自分の身体や心を「感じる」クラスです。
初心者の方はこのクラスからお気軽にどうぞ!
心身の不調を感じている方も、セルフケアについて学びに来てください。


日時:
6月29日(月)
7月6日(月)・13日(月)
8月24日(月)・31日(月)


時間:10:30~11:30
場所:小諸市総合体育館(柔道場)
参加費:800円(ヨガマット代:100円)
ご予約:小諸市総合体育館・武道場 (0267-23-3800)


【地域のゆとりヨガ教室】

町内だけではなく、近隣の市町の方もどうぞ!
赤ちゃんの気配を楽しみながら、「自分を大切にすること」=セルフケア
を学びます。
ママさんだけでなく、お父さんおじいちゃんおばあちゃん皆さんでどうぞ!
しんとした雰囲気が苦手な方にもおすすめの癒しクラスです。


7月9日(木)・7月14日(火)
8月20日(木)・25日(火)
9月3日(木)・17日(木)


時間:10時~11時
参加費:800円
場所:エコールみよた 大会議室
持ち物:ヨガマット(レンタル100円)、ブランケット
ご予約:0267-32-2770(御代田町教育委員会生涯学習係)



出入口には、アルコールスプレーを用意しておきます。
わたしは近づく場合はマスクをしてインストラクションをします。
咳などの症状がある方はご遠慮いただいていますが、
健康な方はマスクをはずしてヨガをしていただいて大丈夫です。
広い場所ですので、距離をとって行いましょう。

以上です。

あまりにも毎月変わることが多く、
いらっしゃる皆様にも、ご迷惑をおかけしております。

また、わたしの方の
スケジュールの不備や連絡不足などが目立っているとも感じています。
ご迷惑をおかけすることもあると思いますが、
極力注意してまいります。
どうぞ気になることは、率直の伝えていただけたら有難いです。

どうぞよろしくお願いいたします。








blog明日書きます、、、

2020.06.27 20:19|お知らせ
土曜更新のヨガblogですが、、、、
今日は頭痛がひどいので、明日書きます!

子どもの「境界線」をはぐくむ

2020.06.20 15:31|子育て、もろもろ
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

今日は、午前中に御代田町は面替地区にある田んぼで、
たくさんの皆さんと一緒に草取りをして
とても爽やかな午前中を終えました。

御代田のトーマスさんで、噂のふわとろオムライスをテイクアウトで買って
家に帰ってきて、オムライス食べて、のんびりして、
スギナオレを飲みながら、パソコンの前に座っています。

帰ってきたときの、Yoga Lantern つまり我が家からの景色が
こちら

我が家6月の景色


パキっとした輪郭の、雨後を感じさせるクリアな空気感。

なんと贅沢な暮らしをしてることでしょうか!



************


さて、今日は唐突ですが個人の「境界線」の話をしたいと思います。
心理学用語で、英語ではboundery といい、日本語でバウンダリーとカタカナ表記したりもします。




たとえば、わたしがお隣の家に行くとします。


門から玄関までは、許可なく入っていいエリアです。

玄関から先はピンポンして、お隣の方の許可を得てから入ります。

特定の部屋にいきたいときは、
「おトイレをお借りしていいですか」
「台所に入っても大丈夫でしょうか」
と言って許可を得ます。もしも
「あ、そこは片付けてないから入らないでほしい」と仮に言われたら
入ることはできません。


そんな感じで、ひとりの人間には、
家と同じように見えない境界線があり
心理的にも、身体的にも、入っていいエリアと、許可を得てから入っていいエリアと、
本人が絶対入られたくないエリアがあって


それを互いに確認して了解し合えてこそ、
人間関係も安全で、豊かなものになるという話です。


前置きが長くなりましたが、

わたしは今、娘に一生懸命この「個人の境界線」の話をしています。
もちろん6歳の娘にそんな専門用語は使わないのですが、


「わたしは、仲間に入れてほしいんだ」
「わたしは、そんなふうに言われると嫌なんだ」
「わたしは、悲しかったんだ」



ということを、しっかり相手に伝えること。

そこは私の大事な部屋だから、入らないでねと伝えること。


「わたしはそれは嫌なんだ」と伝えることは、
しっかりと自分と他者の境界線を引くための、
個人の責任のようなものです。


言って初めて、
●●ちゃんは嫌なんだな、ということがお友達にわかる。


それをちゃんと伝えようね、
と話しています。



5,6歳の子というのは、自分のやりたい~~!!
をただ爆発させる時期から、
主張しながらも、譲歩したり、
交渉したりする術も学んでいく時期でもあります。

ただ、まだまだ自分がやりたい!ほしい!
という気持ちが勝って、お友達とぶつかって泣いたり
喧嘩したりということが起こりがちです。


一般的には、そういう状況は「ダメなこと」と捉えられて
先生など大人がなんとか丸くおさめようとあの手この手で
謝らせたり仲直りさせたりするわけなんですが

(そして人に譲ってあげる素直な良い子が褒められる)


自分はこうなんだ、と感情を出して
主張できるというのは
境界線形成の上でも
たいへん健全なことです。



もちろん、あからさまな暴言・暴行や悪意などは
まわりからも制する必要があると思いますが、
人間関係の微妙なところで起こっていることは、
たいてい本人同士にしか、わからない。


娘は少し精神的に大人というか、
人間関係の複雑さにすでに一歩踏み込んでいるようなので
ちゃんと伝えていかなくちゃな、と思ったのでした。
詳しくは、娘の境界線を尊重する意味でも書きませんが。



大人だと、本当にこれはよく起こりがちですよね^^;

嫌なのに、嫌だと言えなくて、
嫌だと言えなかった責任をとらずに
文句をいいつづけるとか
陰口を言うということが。


旦那さんのこととかね。。。(笑)
言わずに、わかってほしいんですね。


子どもの頃から、「わたしは嫌なんだ!」ということを
「ワガママ」と捉えるのではなく、
「よく言えたね!!」
と褒めてあげる教育が必要だと思います。
そのあとに「でもね、、、」でいいのでは、と思います。




保育所の子ども達(0-2歳)のなかでも、
保育者のわたしに対し、


「あなたとは楽しく遊ぶけど、まだ着替えはさせてあげません!」


という立派な境界線を引く子がいて(笑)
いつも感心しております。
すごく尊敬しちゃう。


たいていはフレンドリーで、すぐ抱き着いたり
手を握ってきてくれる「おとなの癒し係」の子ども達ですが
小さい頃から、
やはり親密な人にはゆるすエリアと
そうでない人にはゆるさないエリアを
尊重することは、すごく大切だと思います。



保育の教科書にも載っていますが、
反応性愛着障害といって、
虐待をされた子ども達のなかには境界線が確立できず、
抱かれても視線を合わせない、近づくと逃げる
などの反応をしたり、逆に
異常になれなれしい態度をとるなど
極端な反応になることがあるそうです。


自分が安心して、嫌だ!といえる社会になってほしいな
とつねづね思っていて、
それはヨガでもたびたび伝えていることです。


今日はちょっと専門的な話になりがちでしたが、
来週はもうちょっとヨガの話と境界線を合わせて
書いていきたいと思います。


読んでくださってありがとうございました^^


まあるい私に~苦手なものに歩みよる時

2020.06.13 21:01|ヨガと身体と生活の考察
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

土曜日に更新するよと宣言してから、
「今日は土曜日だなと思ってblogをチェックしてるよ~」
と、いろんな人から聞きます。
とても嬉しい。
ありがとうございます!

書くことは、どちらかというとわたしの得意分野なので、
わりと楽しくさらさらと書いています。



でも、今日はわたしの苦手なことを書きたいです。


ああ、これ、苦手だな
楽しんで出来ないな

しかも、出来たら素敵なのになと
憧れているようなこと


実は、いまだに、コロナ騒動によって巻き上がって浮上してきた
潜在意識に、あ~ どうしたらいいのかな
と立ち止まっているわたくし。



これ、うまく言えるのかはわからないのですが


たとえば、


もっとのんびりして、生活を楽しむこと


にわたしは憧れがありますね。
パンを焼いたり、お菓子をつくったり。
保存食をつくったり、
ただ散歩をして「いま」この瞬間を味わったり。


のんびりすること。
スペースを持つこと。
実は、それが苦手分野。
どちらかというと
頭が働き続けて
何もかもぎゅうぎゅうに詰め込もうとしてしまう。
引き出しもそんな感じ(笑)
スペースが必要なのはわかってるけど、
出来ない。


それから、

人に何かを決められること


が苦手。
どんなことでも自分の力で何かを考えて、答えを出したい。
これはわたしが、赤子のときに
「つかまり立ち」を拒否したという逸話がありまして^^;
何度ころんでも、
何もつかまらずに自力で立ちたい幼児だったとのこと。
三つ子の魂、おそるべし。

○○診断とか、○○占いとか
いま世の中には溢れていて、
必要としている人がいっぱいいるのでしょうね。
でも、わたしは苦手。
私がどういう人なのか、
私がどんな星のもとに生まれているのか、
人に決められるのが、ちっとも面白くない。


よく言えば自立しているのでしょうし、悪く言えば委ねられない。


そこにも、そんな自分を「それでよし」とするのではなく、
ぼんやりとした不安みたいなものを感じていました。


そんななか、先日
クリパルジャパン 三浦まき子さんのオンライン『アーユルヴェーダ基礎講座』
というのを受講しはじめました。4回連続。また来週もあります。




アーユルヴェーダというのは、ヨガとたいへん仲良しなインドの生命科学で
米国クリパルセンターには、学部まであるほど。
その意味では興味がなくもなかったのですが、
実は長いこと少し距離をおきたい気持ちでした。

なぜなら、

たいてい
ヴァータ(風)
ピッタ(火)
カパ(水)

という三つのドーシャ(体質)に自分をタイプ別にしましょう
というところから始まるから。
セルフケアにはアヴィヤンガをやりましょうとか
教え込まれる感じもいやだった。

クリパルヨガは、わりとなんでも教え込むというよりは
体験させてくれて、自由な発想や感覚を尊重してくれる
ヨガなんですよ。だから、好き。

でもアーユルヴェーダはどうなのかしら。ドキドキ。
ただ実感のともなわない情報を植え付けられるのは、本当に苦手^^;
自分の内側から生まれるもの
じゃないと、楽しめない。


一方で、わたしの中で、苦手なんだということに対して
不安のようなものがつきまとっていたことも確かで


なんだか今回は直観のようなものが働いて、
三浦まきこさんへの絶大な信頼感も手伝って
えいっとオンライン講座への受講を決めました。


受講しての感想。
ああ、よかった、、、、、


そこでは、まず、ヨガをして、

自分の身体の内側にある、
空の要素。。。体内の空間、細胞や血中のスペース
風の要素。。。呼吸、思考、からだの動き
火の要素。。。消化、熱、エネルギー
水の要素。。。血液、体液、汗、湿り気
土の要素。。。個体性、骨

などを感じるところからはじまって、じゅうぶんに「体験」をしました。


わたしの中にある五大元素。
教え込まれるのではなく、湧いて出てくるもの。
ずっと苦手だった「生理学」
(だって、ホルモンが出た瞬間とか体験的にわからないから)を
アーユルヴェーダの体験を入口として
深めていけるのでは。。。という気づき。


そして面白かったのは、その体験のさいごにわたしが感じていたこと。


それは、風、火、水、土
ああ、もうひとつはなんだっけ、どうして思い出せないんだろう、、、
と、ぼんやりと思っていたということ。

空=スペースがない

思い出せない



うーむむむ


出ている、、、わたしが出てしまっている(笑)



そんなこんなで、情報もタイプ分けもあるこの講座だけれど
十分に楽しんでいるわたし。
そんな状態の自分にいま、ほっとしている自分がいます。


日々、五大元素のフィルターを通して
世界を感じはじめている自分に、新しい可能性を感じています。



****


今朝は今朝で、友達講師のやっている陰ヨガ講座に参加しました。またオンラインで。

陰ヨガというのは、あっちこっち動かず、「委ねる」ヨガ。
つまりわたしの苦手分野です。

最初に、友人講師による講義がありました。


「梅雨に入り、空気のなかに水がたくさん含まれるようになりました。
胃腸が弱りやすい時期です」


夏のはじめ、この梅雨時期に胃腸が不調になるわたし。
理論上はこうだ、低気圧がどうだ、
と語ることはできるけれど、実際そういうお話を聞くのは
右から左へ流れてしまうのが通常。

早く「実践」が始まらないかなぐらいに思うタイプです。

でも、今日はすごく真剣にメモをとってしまった。


「水」の質。

そうか、空気にはたくさんの水の粒が。わたしは呼吸によっても、
その水を取り入れているのか。

それがまざまざと、ありありと、
自分の身体の生理を
実感をともなって、感じることができた。


********


きっと、ひとりひとり、苦手なもの、得意なもの、あるのだろうと思います。

よく、得意なものを伸ばせばいい、と言います。

それは、もちろん。

でもわたしは、
好きなもの、得意なものは、それを極めることによって、いずれ
自分の苦手や不得手にすらも、歩み寄るための
ギフトだと思っています。

好きを極めていけば、必ず苦手分野にも直面する。
でも「大好き」の助けを借りれば、
そこを楽しむことも、きっとできる。


わたしにとって「大好き」は、自分で感じて、自分で決めること
自由に自分を表現すること。


でも、その対局にある「ルール」「束縛」「情報」にも、
「好き」を通してアクセスできるということ。


コロナをきっかけに感じ始めていた「不安」は、
わたしをそこに気づかせ、自分という人間性をより偏りなく
まあるくするための何かだったのではないかと
思っています。


世界中でいま、差別に対する大きな抗議行動が起こっていると報道されています。
「好き」「嫌い」で分断される時代から、
融合の時代への転換点にきている。
それは、私たちひとりひとりの内側にある
「苦手」への気づきにもつながるような気がしています。



皆さんにとっての「苦手」はなんでしょうか。
そして、それを「好き」にするための道は、いま一生懸命やっていること、
大好きなことの、その延長線上にあるでしょうか。


読んでくださってありがとうございました^^


****************
LINE@で友達登録をしていただくと、月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。お気軽にどうぞ!
友だち追加

グラウンディング~地面と足と自然のはなし

2020.06.06 10:37|ヨガと身体と生活の考察
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

今日はお詫びからスタート。
先日からはじめた「雪窓公園ヨガ」ですが、
日曜日のクラス日程が混乱しておりました!
ほんとうに申し訳ありません。

その混乱を最小限にすべく
日曜クラスは6/7, 14, 28
の3日間としました。

★詳細★

毎週水曜(6/3,10, 17, 24)
時間:10:30~11:30
参加費:800円(4回3000円・オンライン共通)

日曜(6/7, 14, 28)
時間:9:00~10:00
参加費:800円(4回3000円・オンライン共通)

場所:雪窓公園
(遊具よこの土手上、松林の中)
https://goo.gl/maps/dNDhPhmiD4Qz1fJV8

持ち物:ヨガマット、敷物、動きやすい服装、防寒、飲み物



雪窓公園ヨガ1縮小

雪窓公園ヨガ21縮小

先日はとても暑い日だったのですが、この場所は
木陰でとても気持ち良い風が吹き抜けます。

いるだけできもちいい~



遊具の目の前なので、お子さんを見ながら
ヨガをした方もいらっしゃいましたし、
ワンちゃんも連れていらした方もいらっしゃいました。


雨天中止ですが、予約なしの参加もOKです。
ふらりと来てくださいね。

**


地面の上で裸足になってヨガをすると、室内でするのと
いろいろなところで違いがあることに気づきます。

最初にお伝えしたのは、


自然のなかにあるものが、
自分のなかにもある。
それを感じられるのが、外ヨガの素敵なところ。




接地面がボコボコなら、しっかり立てないかもしれない。
地面が少々傾いていたら、
自分の身体も傾いていくかもしれない。

ふだんならグラグラも傾きも「自分のせい」だけど、
自然のなかだと、
傾いているのが、曲がっているのが、ふらふら
していることがむしろ「自然」で、
誰のせいでもない。

自然のなかにあるあらゆる要素が自分の
体験のなかに紛れこんできたとき、

それがどんなふうに起きているのか、是非味わってくださいませ」




というようなこと。そんな話をしてからはじめました。


う~ん、大好き、外ヨガ



皆さん、どんなふうに感じているのかな~ と思ったら、


いつもはバランスのポーズもふらふらしてしまうけれど、
今日は、意外と立てた


という、真逆の感想が!
猛禽類がガシッと地面をつかむように、
自分の足でボコボコの大地をつかむようにしてしっかり立てた


とのことでした。


素晴らしいですね~。
では私たちが「ふつう」だと思っている部屋のなかの
たいら~な地面の上で立てないということは
実は「ダメ」なことではなくて、
ふつうだったりして?

そうよそうよ、獣はたいらな地面で駆け回ったりしないもの。
ボコボコでゆらゆらの、石がゴロゴロして枯葉堆積してるような
山道をあるくのだもの。


はんぶん獣としての身体と心をもっている私たちの可能性。
そんなことを考えるとワクワクします。



よくスピリチュアル系のひとたちが「グラウンディング」という言葉
を使いますが。

(地に足がついている、現実感覚がある、というような意味)


まさに生の自然のなかで行うヨガは、
グラウンディングのなんたるかを教えてくれます。


****


実は、さいきん梅雨時で。気温も急激に上がり、
わたしは頭が痛かったり、なんだか眩暈がするなと
思うことが多かったんですよ。

そんなとき、わたしはムショーにやらずにはいられなくなったこと
がありまして。

それは

靴下を脱ぐこと


足元がおぼつかなくて、しっかり立てないようなとき。
そんなとき、
やはり靴下を脱いで、
足指を思いっきりひろげて、
床をガシッとつかむように歩きたくなるのです。

そうすると、やっぱり安心する。
重心が落ちて、
安定してくるんですよ。

これは、この感覚があるということは、
身体からの恩恵そのもの!!

わたしは保育士として保育所でも働いているのですが、
この感覚を幼少期からしっかり育てていかねばならないと
痛感しています。

極寒の日はともかく、今時期は
子どもの靴下は積極的に脱がせて、
裸足で思いっきり遊ばせてあげよう!

うちの娘が通う幼稚園では、夏は「草履」です。
おしゃれな子にはちょっとした装飾が必要なようですが。。。(笑)


yumi草履


たいてい、なんでも安いものでいいよと言ってくれる
経済的弱者にやさしい幼稚園ですが、この草履だけはゆずらない(笑)

足指・足裏の大切さをわかってくれるところが、
ますます好きです♡

草履のメリット
↑みさとっこ草履が有名だけど、幼稚園の草履はそれじゃない、、、なんでしたっけ?

皆さんもぜひ、裸足で、草履で、梅雨時期をグラウンディングして乗り越えましょう^^


読んでくださってありがとうございました!




****************
LINE@で友達登録をしていただくと、月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。お気軽にどうぞ!
友だち追加