FC2ブログ
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

子どもを、こんなに好きになるなんて。

2020.07.25 20:42|子育て、もろもろ
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

雨が続きますね。
明日、7月26日(日)のクラスは9時から始まります。そして10時半には終わる!
ちょっとした朝活ですね。

さわやかな日曜日の朝を、一緒に迎えませんか?


************

<<90分クリパルヨガクラス>>
自分自身の身体や心としっかり向き合いたい方に向けたクラスです。
自己への気づきを深め、客観的な心のあり方を育てます。
身体の柔軟性、年齢、性別などは一切問いません。

7月水曜(1、15、22日)
7月日曜(5、26日)
8月水曜(5、19日※)
19日だけ公民館が使えないそうで、人数を制限してヨガランタンで行う予定です。
8月日曜(9、23、30日)

時間:水曜10時~11時半/日曜:9時~10時半
参加費:1700円(7回券10000円)、学生1回500円
場所: 塩野地区世代間交流センター(塩野公民館)

************


さて、以前は自宅で10時から始まっていたこのクラスですが、
コロナを機に、場所を変え、
思い切って時間も変えてみました。

お仕事をされている方は、圧倒的に平日は空いてないので
夜は家庭の都合でクラスをできないぶん、
日曜日はやりたいなと思って、続けてきました。
が、やはりいつも、家族の協力は不可欠。

もう少し、子どもとゆっくり過ごしたいなと思って
日曜クラスの時間を早めてみたんです。


以前のブログ 子ども達へ伝えたいことがある+追記 
に、自分のやりたいことと、大切な家族のことと、
いろいろなことが整理できなくてしんどいこと、
瞑想したらそれが解決したという話を書きましたが、


それは一時的なものではなく、
本当に解決し続けています。
し続けるっていうのも変な言い方ですが。



今朝は、瞑想してたら、よこで息子が起きて、たくさんお話をしてくれました。
自分の悩みを話してくれました。
10歳だから、いろいろ難しいこともわかるようになって。


「マイノリティ(少数派)」について、話しました。


誰だって、何かしらマイノリティであるということ。
左利きであることから、性的マイノリティまで。
その意味で、
誰だって被害者になりうるし、加害者にもなりうるんだよ。

難しい話であたまがパンパンにならないように、
静かに10呼吸、いっしょに数えて、それから、、、


いっしょにトランプやろうよ!


感受性の豊かな子どもたちと一緒にいるのは、
とても楽しいです。




自分は、いまふたりの子どもを産んで育てて、
さらに保育士の資格までとって、
ちびっちゃい子たちとも関りあっているのですが

わたしの母親は、その様子をみて


「信じられない」


と言います。

わかります。さすがわたしを育てた人。


自分自身でも信じられない気持ちでいます。
女の子というのは、2歳くらいでも母性があって
自分より小さな赤ちゃんを見ると面倒を見ようとしたりすることが
往々にしてありますが、


わたしは
自分より小さい子の扱いがわからず、ずっと逃げてました。
成人してからも同じでしたね~。
怖かった、といってもいいくらい。
すごく子どもが苦手だったのです。


それが、です。
人間、変わるもんですね。



ときどき、少し疲れているとき、元気がないときにお勤めがあると
ドキドキすることがあります。
子どもが苦手だった頃の記憶が戻ってくるんですよね。



でも、実際に、子どもたちに会ってみると、
わたしは「何かをやってあげなくてはならない側のひと」ではなかった
ということに気づいて。


与えられる側だった

ということに気づきます。




その笑顔に、ユーモアに、小さな純粋な意思に、本当に癒されています。

ありがとうしかないですね。


娘との時間も、とても大切にしています。
この4連休、ほとんどどこにもいかずに、家でケーキをつくったり
ピアノを弾いたり、それから、、、


最近は、オイルマッサージを一緒にするのが流行っています。


やろ~あれやろ~
とおねだりされるのですが、
娘がやりたいのは実は、
オイルマッサージではなく、その指でやるおままごと。。。。。

親指をおとうさんに、薬指をおねえさんに、
小指を赤ちゃんに見立てて
おしゃべりをするわけです(笑)

yumiマッサージ1


小さな手を感じながら、ケタケタケタよく笑う娘の声を聞いていると
すごく幸せですね。


人生いろんなことがあります。
あるんだけど、
何しろ、「今ここ」にある幸せを
感じられさえすれば、感じることさえれできれば、
それで満たされてくる。


先日、長年ヨガをつづけていらっしゃる方が
「ヨガは楽しく生きるための術ですよ」
とおっしゃっていて、感動しました。本当にそのとおり。


今日はこむずかしいことあれこれ言わず、
とりあえず子育てのこと、
幸せな時間について書いてみました。


読んでくださって、ありがとうございました!



****************
LINE@で友達登録をしていただくと、
月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。
お気軽にどうぞ!

友だち追加

「バカ」って最高。

2020.07.18 17:58|主宰者のつぶやき
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。


まいにちまいにち雨ですね。
いかがお過ごしでしょうか。


今日は、わたしは朝6時に目覚めました。
そして、布団のうえに座り、

「土曜日だから、のんびり瞑想しよーーっと」

と目を閉じて、気が付いたら、1時間。

最後の方でとつじょ、昔の恥ずかしい記憶がよみがえって
うわーっと突っ伏してしまい

そのまま起き上がると、じわーーーーっと
骨盤から背中に血流を感じてじんじんした感じがしたので
気持ちいいな~っと思って
そのままヨガマットの方に移動して、

ヨガをはじめて、気が付いたら8時でした。




わたしは、ヨガバカです。




いいんです。それ(朝の2時間ヨガ瞑想)が世界基準になれとか言っている訳ではないんです。


ただ、好きなんです。


生徒さんからも、「まきえさん、ヨガ好きだな~~~」
って、からかい半分で言われたりして。
「こいつバカだなって思ってるでしょ」
と突っ込んだら、笑われました。


この前も、


「ぜんぜん器用じゃなくて、すごく偏っていて、
だから応援したくなっちゃう」


と、複雑な褒め方をされ(笑)。
でしょう、単なるバカですよ。と説明したくなりました。



バカって最高。
最高の誉め言葉です、わたしにとって。
なかなかこのご時世、
ストレートにバカだって言ってくれる人は
いないんですけど、バカなんですよ。



*********


先日、Instagramに「わたしの人生に足らないものは、何もやらないこと、と、散歩」


と書いたら、両方わたしは得意だという強者が現れて
ともに散歩することにしました。


森のなかをてくてく散策すると、鳥の声。
ときどき立ち止まっては、
話をさえぎってまで、鳥観察。

鳥バカでもあります。
「よく見てるね~」
そうでしょう、バカですから。それしか見えなくなっちゃうんですよ。



これなーに?え?(苦手な人は画像スルーお願いします)

蜘蛛の巣じゃないのね?なになに
芋虫がいっぱいぶら下がってる!わ~~

IMG_20200716_101210.jpg


としばし盛り上がり、
こういうの苦手な人にとったら我々は変態だ、という話に花が咲きました。
センスオブワンダーと言ってほしいけど
やはり変態じみているだろうか。


これ、アブラチャン。
IMG_20200716_101609.jpg

アブラチャンの実って、え!こんな匂いなの!
華やかな山椒って感じだね
ずーっとずーーとかいでられるね!
スーハ―スーハ―


IMG_20200716_104130.jpg

大きいキノコ。
ポルチーニ茸の仲間なんだとか、でも厳密には
彼女の旦那さんが試食して半日くらい
たたないとわからないということ。




お散歩自体も楽しかったし、ああ、この方もちょっとしたものだな、
という感じがすごく心地よかったですね。


変態とか、
バカって、
なんかいいですよね。
親近感が湧きます。


ひとは、夢中になれるものがあるのって素敵だね、とか
いうんですけど

あの人ちょっとどうかしちゃってる?大丈夫なの?
と思われてしまうほどだったりするんですよ、時に。

それでも。

それでも、ですよ。



あの年齢なのに、母親なのに、女性なのに、
太ってるのに、日本人なのに、大人なのに、
東京出身なのに、四大卒なのに、
いろいろな
「なのに」があるなかで
それでも、
いいの、まわりからどう思われてもいいの、これが好き、
と思えることがあるって、最高ではないですか。


わたしはそんなバカが好きだし、
なんなら
バカと呼ばれるのが一番心地よかったりします。


というわけで、今日はのんびりblog、おしまい。
読んでくださってありがとうございました!





****************
LINE@で友達登録をしていただくと、月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。お気軽にどうぞ!
友だち追加

塩野世代間交流センター(塩野公民館)へのアクセス&スケジュール

2020.07.16 15:32|■アクセス
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

90分クリパルヨガクラスが再開しています。
場所がわかりづらいかもしれませんので、

写真とGoogleマップなどを添えて少しご説明を。




【国道18号から来る場合】
一番シンプルに来られるかと思います。「三谷」の信号から浅間山に向かって北上していくと、だんだん道が狭くなって、小さい横断歩道のある交差点の手前、左手に公民館があります。


塩野公民館7


【そのほかの近道】
浅間サンラインと国道18号の間に平行に走る道は、小諸や軽井沢からもアクセスしやすく、
地元のひとの裏道として親しまれています。
が、そこから塩野公民館へ曲がる角が、たいへんわかりづらいです。

目印は、小さい横断歩道があるくらいです。
こちら軽井沢方面から来た場合


塩野公民館3


小諸方面から来た場合

塩野公民館6

公民館はここの角を曲がって間もなく見えます。

塩野公民館koko


どうも道を説明するのがあまりうまくありません、申し訳ないです。
わからないことはどうぞ聞いてくださいね。


塩野公民館1


公民館のなかは、ひろびろとした床張りで、窓も多く、換気をしながら行います。
貸していただける塩野地区の方に感謝申し上げます。





<<90分クリパルヨガクラス>>

自分自身の身体や心としっかり向き合いたい方に向けたクラスです。
自己への気づきを深め、客観的な心のあり方を育てます。
身体の柔軟性、年齢、性別などは一切問いません。

7月水曜(1、15、22日)
7月日曜(5、26日)
8月水曜(5、19日※)19日だけ公民館が使えないそうで、人数を制限してヨガランタンで行う予定です。
8月日曜(9、23、30日)

時間:水曜10時~11時半/日曜:9時~10時半
参加費:1700円(7回券10000円)、学生1回500円
場所:塩野地区世代間交流センター(塩野公民館)
場所はこちらです。
https://goo.gl/maps/D3enRgn9wUNDHS7LA

※日曜クラスの時間が変わりますので、ご注意ください。

出入口には、アルコールスプレーを用意しておきます。
わたしは近づく場合はマスクをしてインストラクションをします。咳などの症状がある方はご遠慮いただいていますが、
健康な方はマスクをはずしてヨガをしていただいて大丈夫です。広い場所ですので、距離をとって行いましょう。

****************
ご予約:090-1252‐7700
nishikaru.yoga@gmail.com 西川まで
ホームページ:https://www.yogalantern.net/
****************

【小諸市体育館主催・「気づきのヨガ」クラス】

呼吸をして、リラックスして、自分の身体や心を「感じる」クラスです。
初心者の方はこのクラスからお気軽にどうぞ!
心身の不調を感じている方も、セルフケアについて学びに来てください。

日時:
7月13日(月)
8月24日(月)・31日(月)
9月7日(月)・28日(月)

時間:10:30~11:30
場所:小諸市総合体育館(柔道場)
参加費:800円(ヨガマット代:100円)
ご予約:小諸市総合体育館・武道場 (0267-23-3800)

【地域のゆとりヨガ教室】

町内だけではなく、近隣の市町の方もどうぞ!
子連れで来られるクラスです。赤ちゃんの気配を楽しみながら、「自分を大切にすること」=セルフケアを学びます。
ママさんだけでなく、お父さんおじいちゃんおばあちゃん皆さんでどうぞ!しんとした雰囲気が苦手な方にもおすすめの癒しクラスです。

8月20日(木)・25日(火)
9月3日(木)・17日(木)

時間:10時~11時
参加費:800円
場所:エコールみよた 大会議室
持ち物:ヨガマット(レンタル100円)、ブランケット
ご予約:0267-32-2770(御代田町教育委員会生涯学習係)


わたしに気づくこと ~ヨガで客観視する力を育てる➁

2020.07.11 17:14|■クラスの紹介
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

いや~今年の梅雨は、梅雨らしいです。
…よく降りますね!
毎年毎年、「異常気象」として
冬が温かい、雪が降らない、夏が暑すぎる、とか
天気はぼろかすに言われているので、
少々ジャガイモの生育が心配ではありますが、
梅雨らしさを称賛したいと思います。

しかし豪雨の被害には、心が痛いです。
地球環境、気象、日本の森林保全の問題など
これまでの行いに対する課題が山積み、、
という感じがします。



*************



さて、前々回のブログ「大人の境界線問題~ヨガで客観視する力を育てる①」
の続きを書くよ~ と言いながら
先週はぐったりしてて書けなかったので
今回こそは!書きたいと思います。


自分でいうのもなんですけど、難しいテーマを選んでおります。
溜息でちゃうほどに。。。。


。。。。
でもそんなとき、
なんと、救世主が現れて!

生徒さん自身が、
「ヨガで客観視する力を育ててきた」ということを
実際に語ってくださった
のです。


その記事はこちら
「参加者インタビュー①杉山亜衣さん」



本当にありがとうございます~涙

たいへんリアルな声ですので、是非読んでみてください。


***********


…ヨガでは、呼吸、呼吸、呼吸、と
繰り返し言われる訳なんですが、


いったい、呼吸ってなんでしょうね?



杉山さんのインタビューでも「やっぱり、呼吸」なのだという
一言がありましたが、


人間は、朝も夜も昼も、悲しいときも嬉しいときも
いつだって呼吸をして生きていて、
それがなくなってしまうと
たいていは数分のうちに命が危ぶまれます。

それくらい大切なものなのに、
たいていの人は、呼吸に気づいていないんですね。


それもそのはず、
呼吸は寝ているときも勝手にしてくれているし、
別に意識しなくたって、
ほとんどの人は生きていけるからです。


ほぼオートマティックに行われる身体のシステム。
いわば、無意識の領域。
それが呼吸です。


その無意識のいとなみを、意識的に行おうというのが、ヨガです。


わたしの「意思」を介在させて

たとえば、大きくお腹が膨らむように。
吐いたときにおへそが内へ沈むように。
自分の力でコントロールしようとする。


最初はうまくいかないものです。


ケーキをいっぱい食べる夢を見ようと
枕の下にレシピ本を敷いて寝たって
うまくいかないのと同じで、
呼吸を自由にコントロールしようとしたって、
無意識の領域にある呼吸は、そう簡単に
言う事をきいてくれません。



そこから、身体とのお話合いがはじまります。



ヨガの面白いところは、
では、呼吸ができるようになれば、ヨガの上級者なのか。
というと、そうでもないところです。


多くにのひとが、呼吸法難しい~~
と言って、

または
呼吸はこれで合っているのか合っていないのか、、、

と言って
呼吸に悩んだりするわけなのですが
(わたしも例にもれず、そういうタイプでした)


大切なのは、呼吸に気づいているということ。
それ自体です。



杉山さんも、緊張したときに
「呼吸を意識すると落ち着く」
とか、
「マスクのなかで呼吸している自分を思い出すと、
気にならなくなる」

という表現をしていましたが、決して

「大きく深呼吸をしたら、落ち着いた」
という言い方はしていない
んですね。



呼吸を意識する、
その「自己への気づき」の力

が大事なのです。

わたしに気づくこと。

これはキッズヨガでも、子ども達に育てられる能力として、超強調されています。


わたし今、呼吸してるな。
呼吸が浅いな。
呼吸が早いな。


それに、まず気づけるかどうか。
繰り返し言いますが、これはたいていの人は無意識に行っていることで
それが起こっていたとしても、ほとんど意識にのぼりません。


しかし、呼吸に気づくことができれば、
一呼吸、ワンクッションあったのち、
さまざまな「自分」の情報が
客観的にもたらされることになります。
呼吸がこんなに苦しいということは。。。。

わたし、イライラしてるんだな。
緊張してるんだな。
がんばりすぎてるんだな。
疲れてるんだな。

などなど。



呼吸に気づくことはすなわち、
自分を客観的に観るための第一歩なのです。


前々回のブログで、

何が起こっているのか?
を、追跡していく力は、
実はヨガで育てることができる


と書きましたが、少し繋がってきたでしょうか。



**************


クリパルヨガでは、自分の感情の荒波を乗り越えていくために
こんなツールがあります。


BRFWA


「感情の波乗り」ツールと呼ばれるものですが、


これは本当に、今更ながら、ものすごく大事だな~と
改めて最近取り上げるようになりました。



Breathe 呼吸して

Relax リラックスして

Feel 感じて

Watch 観察して

Allow 委ねる




…感情に巻き込まれず、また逃避せず、
その波に乗るためには、この順番がとてつもなく大事だという話です。



「感じる」がトップではない。
「観察」もぜんぜんトップではない。

まず、
感じるよりも、委ねるよりも、何より先に、
「呼吸をする」。

呼吸を深くすれば、身体は自然とリラックスするから。

人はリラックスしていない時に
痛みや、緊張や、怒りなど
直視するものがつらいものを
「感じる」ことは出来ないわけで。



感情というのは、きちんとそれを対象化して
客観的に眺めることができなければ、
そこに大きく巻き込まれてしまいます。


巻き込まれれば、嵐に翻弄されるのと同じで
衝動が主導権をにぎり
コントロール不能になってしまう。


お友達にバカにされた、腹が立つ!!!
→手が出てしまう


その間わずか1秒足らず。
そこに、道徳なんて入り込む余地はないわけで
刑法なんて持ち出したって、
教育的にはなんの意味もないことです。


その衝動をどうコントロールするか。


身体というのは偉大で、
私たち人間に、その能力を与えてくれています。


子ども達に、身体の智恵を伝えたいですね。


そして、
ひとりひとりが、すでに持っているこの素晴らしい力に気づいてもらえたら。


地球には梅雨があって、
雨が降るからこそ、育つものがあって、
どんなに長雨であったとしても
そこには既に、内在している素晴らしい力がある。

梅雨にも、子ども達にも、エンパワメントを。




こころから、そう願っています。

長い長いblogを、最後まで読んでくださって、ありがとうございました^^




***************
LINE@で友達登録をしていただくと、月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。お気軽にどうぞ!
友だち追加

参加者インタビュー①杉山亜衣さん

2020.07.11 08:03|参加者の声
ヨガクラスに通ってくださる生徒さんに、インタビューする企画をはじめました。

ヨガってなんだろう?
自分の求めるものと合っているかな?
わたしに出来るかな?

講師の言葉では伝えきれないところを
生徒さんのリアルな体験からお伝えできればと思います。

第1回は、杉山亜衣さん。
写真家として活動される中で、ヨガが生かされている
というお話を聞きました。

亜衣ちゃんとカメラ



********************


にしかわ:
フォトグラファーである杉山亜衣さんは、4年ほどクリパルヨガクラスに通っています。
お子さんも2人いて忙しい日々だと思うのですが、ヨガを続ける理由は?



亜衣さん:
日々、頭のなかでごちゃごちゃいろいろなことを考えているのですが、
一度止まれるというか、リセットされるから
「今日はどう?」って毎回聞いてもらえるじゃないですか。
それで自分に問いかけてみると、
行くたびに自分自身が違う感覚を持っていることがわかって。
今日は穏やかなわたし、今日はいろんなことを考えているわたし。
昨日よりも、先週よりも 身体が重いな、肩がだるいな、とか。



にしかわ:
最初は月に1回のペースだったのが、今では月2~4回に。なぜ回数を増やして定期的に通うようになったのですか?



亜衣さん:
月1で通っていたときは、毎回身体がふりだしに戻る感じだったのですが、
たとえば2週連続で来ると、身体がすごく楽です。
すこぶる調子が良いのがわかります。
同じポーズをしても、ものすごく出来る自分がいて。こんなにキツくないんだな、と。
それでヨガをスケジュールに入れてから、他の予定を組み込むスタイルにしました。


でも、定期的に通う一番の理由は、心と身体が整うからです。
自分と向き合うことの大切さに気づいたというか。
こうして自分と向き合うようになってから、
客観的に観るということが習慣づいてきたのがわかります。

家にいるときも、毎日ヨガが出来るわけじゃないけど、
ただ目をつむるだけでも、その時、その瞬間は、自分に向き合っている。
今日の自分はどう?
って自然と聞けている
気がします。
その意味で、ヨガはわたしの生活の一部です。



にしかわ:
自分に問いかけること、客観的に観るということが、生活に溶け込んできたんですね?



亜衣さん:
そうです。



にしかわ:
(クリパルヨガのプレスポイント)ワークショップにも来てくれましたね。
流れをとめてじっくりポーズを探求したことがありました。どうでしたか?


亜衣さん:
すごくよかったです。またやってほしい。
流れるのも大事だけど、止まってみるのも大事。
じっくり時間をかけて感じられるから。

あのとき、「山のポーズ」はみんなのモデルになってやったんですよ。
あの山のポーズに関しては、自分のなかでだいぶ入っている感じがする。
今やってって言われたら一人で全部できる気がします。
足元から入って、言われる前から肩甲骨おろしちゃう。



にしかわ:
山のポーズは、おまかせですね(笑)



亜衣さん:
はい(笑) 言ってましたよね? 
ポーズのプレスポイントひとつひとつ意識するのは大変だけど、
身体はひとつスイッチ入れれば自動的にほかも整うようにできているって。
足を踏みしめれば、尾骨は自動的に下がるとか。
ワークショップをやるとそういう意識が持ちやすくなるかな。

…わたしはどうやら、それを仕事に生かそうとしてるようなんです。




にしかわ:
どういうことですか?



亜衣さん:
カメラも同じなんです。カメラもあれこれ意識していじりすぎるとダメなんですが、
意外とバシッと決まればいじらなくていい。
ヨガを続けるようになってから、前よりずっとカメラを自然と動かせるようになった。
身体のスイッチとカメラのスイッチは何か連動しているようなところがある気がしています。



にしかわ:
それはすごいですね。ほかにヨガが仕事に役立っていることはありますか?



亜衣さん:
やっぱり、呼吸ですね。仕事でも、生活でも。
あ、わたし緊張してるな、と思ったときに、
呼吸を意識すると落ち着いたり、丁寧な仕事ができる。
以前は呼吸が意識できていなかったと思います。



にしかわ:
呼吸をすることで丁寧になれるんですね。具体的には?



亜衣さん:
たとえば、仕事で生後間もない新生児を撮影することもあるのですが、
現場はかなり緊張感があります。
たくさんの大人に囲まれて、赤ちゃんの扱いも細心の注意を払わなくてはなりません。
でも良い写真を撮るには、リラックスする必要もあって。

全部を調和させるためには、
マスクのなかで呼吸している自分を思い出す
と、
気にならなくなるんです。
他の人の目が気になると、気持ちが散漫になるから。
目の前のその子に丁寧に向き合うためには、呼吸をおだやかにする。

対・自分ですね。
他人じゃなくて自分。自分に集中するってことかな。
それを客観的に意識してました、そのとき。


にしかわ:
素晴らしいですね。以前は他の人の目が気になることもあったのですか。



亜衣さん:
そうですね。撮影するにあたり、他人の評価が気になることがありました。
この人はこの写真をどう思うだろうか、とか。
でも今はそれが気にならない。
もちろん気遣いは必要なのですが、今は自分が良いと思う写真を撮ればいいと思っています。
毎回自分に聞きますね、「これでいいの?」って。
「OK出せるの?」って。
自分がOK出せたら撮影終了。


にしかわ:
軸ができたみたいですね。



亜衣さん:
そうですね。だいぶ撮影に生かせています。
いろいろなことが意識じゃなく、無意識で出来るようになってきたというか。
身体の自動スイッチじゃないですけど、勝手にスイッチが入るというか。
どうやら違いはそこですよ。
前はごちゃごちゃ考えすぎていて、疲れちゃっていたのかも。
今は本当に楽しいです。
ヨガに出会えてありがたいですね。



にしかわ:
今日はありがとうございました。



子ども達へ伝えたいことがある+追記

2020.07.04 20:46|クリパルヨガと教育・福祉
こんばんは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

前回からの続きものblogがあったのですが
ちょっと今日はエネルギー切れのため
インターバルに違う話題をはさみたいと思います。


最近、長野市の方で発足された
「子どもたちへヨガを伝える会」
というのに入会しました。

まだ始まったばかりで公開できるものはないのですが、
私と同じくらいの子どもをもつヨガティーチャーの
方が中心となってがんばってらっしゃっていて
とても励まされました。


コロナ騒動の中で、子ども達は翻弄されましたね。


子ども特有の明るさで吹き飛ばしてる子も
いるでしょうけれども、
言葉にできない不安のなかで
目に見えない疲労がたまってきている子も
多いのではないでしょうか。


実際、近くの小学校でそういう話を聞きました。


わたし自身はキッズヨガの勉強はしてきたものの
これまでなかなか家庭との両立を考えたときに
定期的なキッズヨガの開催には
踏み込めませんでした。

でも、つねに、つねに子どもへ伝えたいことが

呼吸と心のこと、姿勢や身体のこと、
コミュニケーション、生きる力を、
知識ではなく体験で学ぶこと、、、
がんばることだけしか学ばない中で
休むこと、セルフケアの方法を学ぶこと

などが頭をかけめぐる日々でした。


来年は、娘も小学生。
思い切って、出来るだろうか。


ヨガ教師。保育士。学校や幼稚園の役員。勉強。
親族のサポートはなく家庭は週のはんぶんは完全ワンオペ。
それでも、自分のヨガの実践も続けられるだろうか。
家族との温かい時間も大切にできるだろうか。


このコロナ騒動で、
翻弄されたのはもちろん子どもだけではなく。

大人も、今になって疲労がたまってきている
人も多いのではないでしょうか。


わたしは今が、それです。
心底疲れたような気がしています。


それでも、心底疲れたんだと、言えればそれはまた流れていくんだな
と、ぼんやり眺めている自分もいたりします。


ふだんはエッジが効いてる(と自分でいう)わたしのブログですが
たまにはこんなぼやっという感じもいいかと。


読んでくださってありがとうございました!
また来週。


**********

追記

この整理できないものごとを両手いっぱいに抱えてblogを書いた翌日、
朝ただ座って目を閉じて瞑想をしていたら、
すぐさま

「整理は、そもそもできない」

という声が聞こえました、自分の内から、ハッキリと。

「整理はしなくても、今ここにいれば、自然と整うから大丈夫」



目をあけたとき、そうか、と。
忘れていた。
何度も、何度も、何度も、何度も、ここに立ち返ってくる。
自分の内に聞け。
今、ここに、ただいるだけ。


誰かに分析され、アドバイスされても嘘くさくてまったく響かない
同様の言葉が、
自分の内側からあふれると圧倒されるほどリアルで納得する。

人生を導いてくれる。


そして追い詰められたときに、最後に、必ず聞こえる声があって。


自分を褒めたいですね
よくがんばっているのだから



これは、師匠の声。


クリパルヨガは、「慈悲のヨガ」。


ぐいぐい、追い詰められ苦しくなっても、その最後で
自分をゆるす。


わたしはそのあり方を、師匠から伝えてもらったのだと思い出しました。
泣けますね。
ありがとう、わたしの内なる、外なる師匠。




****************
LINE@で友達登録をしていただくと、月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。お気軽にどうぞ!
友だち追加