FC2ブログ
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

疎外感を感じるとき

2020.09.05 23:58|ヨガと身体と生活の考察
こんばんは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

さて、今日は何を書こうかと
今まで書いてきたことはなんだったかな、、、
と、過去を遡って、タイトルを振り返ってみました。

すると、、、、


親しみのもてないタイトルばかり。


その時はこれでベストだと
思ったのだろうけど、なんてセンスレス。


自分を、けなす。



それに、最近のわたしは、どうだ。

花粉症がひどいから
屋外でもマスクをつけていて、
暑い苦しいとイライラしてばかり。

酸素供給量が少なくて、いろんなことを忘れやすいし、
話も支離滅裂
気が付くとスマホでストレス解消。

すべてのものの扱いが雑。
お皿の置き方、
お茶の淹れ方、
人への気配り、
一瞬への意識の向け方が、雑。


こんなわたしになりたい訳じゃなかった、


わたしを責める。



ここのところ、そんなことを繰り返してきたような気がします。


そして、誰と会っても、心通わせることが
出来ないような疎外感を感じていました。

誰かに仲間外れにされたとかそういうわけじゃないんだけど
自分という存在が
世界からくりぬかれて
ひとりぼっちであるような。

小さい頃には、おなじみだった感覚だけど
なんだか久しぶりに味わってるなという感じです。


そんなとき、本日、
こんな本が届きました。

Yoga Nidra



iRest Yoga Nidra

これはAmazonでぽちった本ではなく、
出版のためのクラウドファンディングに参加して
やっと手元に届いた本でした。

見た途端、そのたたずまいに
射貫かれてしまいました。

丁寧につくられたもの独特の
緊張感をまとっていて、
自然と、ページをめくるその指先に
意識が宿るのを感じました。


まだ全部読んでいないので、背表紙のことばだけ。


In the end, we realize how simple life is when we accept this moment
just as it is without pretending to be other than who we are.
-- Richard Miller, Ph.D



ふう、、、

自分が感じていた疎外感は、
どこかに所属できないとか
友達と通じ合えないとか、そんな
具体的な状況が招いたものではなく、


そのままの自分と世界を受容できない、
私から受ける疎外感



だったのだなと思いました。


*************


ヨガランタンのホームページにこんな言葉を
添えています。


なりたい自分は、すでにあなたのなかに。



誰から借りたわけでもなく、
自分の内から湧いてきた言葉だけれども、
未だにそれはつまり
どういうことなのだろうかと
よく考えます。


一瞬だけ、訪れては、また去っていく真実。


真実は単純なのに、
生きる道中は、罠ばかり。


「成長とは、大きく、高く、美しく、外へ外へと伸びていく力である」

そんな思い込みが覆され

「成長とは、深く、微細に、内へ内へと戻って行く力である」


に軍配が上がる瞬間があります。
それが真実なのだ、という感触も。



雑な自分を、ただそのまま、迎えいれる練習をしよう
と思います。丁寧に。




まったく万人受けしないblogを
今日も読んでくださってありがとうございました^^
感謝です。


****************
LINE@で友達登録をしていただくと、
月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。
お気軽にどうぞ!

友だち追加