FC2ブログ
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

"She Used To Be Mine"とんでもないあの子も、かつてわたしのものだった

こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。


寒いです。
今日はものすごく寒い!
そしてわたしは頭痛がします。
昨日、満月。
綺麗でしたね~
ぴっかぴっかに光ってて、娘といっしょに寒空のなか
抱き合いながら月を眺めました。
少しずつ上空に月が移動していくのを
「動いているよ、月が動いてる!」
「ほんとだーー」
って言いながら。


幸せな時間です。


******


ちょっと前になるんですけど、「おげんさんといっしょ」っていう
NHKの音楽番組で
高畑充希さんが歌う

"She used to be mine"(かつてあの子はわたしのものだった)




という曲のカバーを聴いて、号泣してしまいました。


It's not simple to say
That most days I don't recognize me
That these shoes and this apron, that place and its patrons
Have taken more than I gave them
It's not easy to know
I'm not anything like I used be, although it's true
I was never attention's sweet center
I still remember that girl

She's imperfect, but she tries
She is good, but she lies
She is hard on herself
She is broken and won't ask for help
She is messy, but she's kind
She is lonely most of the time
She is all of this mixed up and baked in a beautiful pie
She is gone, but she used to be mine


今のじぶんはエプロンつけて接客して、それなりにいい感じに
見えるかもしれないけど、
少女だったあの日の自分は、もっと不完全で、でも一生懸命もがいてて、
マジメなのに嘘つきで、
壊れてたけど、だれかに寄りかからず、
めちゃくちゃだったけど、優しくて
いつだって孤独だった
あの子はその全部を混ぜてきれいに焼き上げたパイ


でも、もうここにいない
あの子はわたしのものだったのに




…と後半中心にちょっと自分なりに訳してみましたが、そんなような歌です。
(前半は訳すの難しいので省き気味)


泣ける


自分とかぶっちゃって、、、、、、、、

今では、ヨガ教師とか保育士とか名乗っちゃって
ちゃんとしている大人のふりをしていますが、
わたしはかつて、とんでもない子どもだったので。


実験的に母に激突して、大怪我させたり
家出したり
学校やめたり入ったりやめたり入ったり
大人になってもしばらく
とんでもない行動ばかりとってたような。


でも、そんな自分を擁護したいような気持ちもどこかであるんですよね。
ピュアに不器用で、経験も手掛かりもないなかで
よく頑張ってたなあって。


*********



皆さんは、いじめってしたことありますか?
わたしはあります。

いじめられたこともたくさんありますが。

今でもときどき、そのことを思い出します。
小学校の頃、とてもおとなしくて体の小さい男の子がいて、
その子のことを
他の女の子と一緒によってたかってからかって。

「なんて僕のことばかり、いじめるんだよ」

と言われたのをハッキリ覚えています。
でも、やめられなかった。


やめられなかったんですよね。


家に帰って、夜になると、ものすごい罪悪感が襲ってきて
自分を責める気持ちに苦しみ、
明日からは絶対あんなことしないって
かたくかたく誓ったりするんですが、
翌日になると忘れて、同じことを繰り返してしまう。


依存症みたいですね。


今でもなぜ、あんなことをしたのだろうと理解できないのですが、

一言でいえば、人間の弱さ。

他を除け者にして、自分の優位を保つ
習性が顕れてしまったのかなと。

もうひとつ、大人として子ども時代の自分を擁護するならば
やはり、わたしの育った家庭にはいじめがあったので、
子どもの自分は、無意識に模倣していたのだろうか。
とも思います。


************


一見、めちゃくちゃな子どもだったと思います。
そのほかにも、いろいろ。


でも、今、大人として子どもたちと向きあうときは、
その経験がたいへん役にたっていると思います。


いじめをしようとする子どもの気持ち
他者を傷つけると同時に、自分も深く傷ついて、
他者を嘲笑いながらも、
心の奥が今にも泣きだしそうな
そのどうしようもない
ぐちゃぐちゃなパイみたいな子どもの気持ちが、
愛おしく思えるから。


どんな悪どい言動をしたとしても、
本質は、輝いていると
素直に感じられてしまう。


毒をもって毒を制す、じゃないけど、
結構向いているんだと思います。


いじめをしていた自分だって、こうして大人になれたんだもの。
大丈夫だよって言ってあげたいです。


読んでくださって、ありがとうございました^^


すべての人の内にある輝きに、敬意をこめて。
Jai Bhagwan





****************
LINE@で友達登録をしていただくと、
月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。
お気軽にどうぞ!

友だち追加

私の中のスペース~ 伝えるより、響き合いたい

2021.01.24 18:57|ヨガと身体と生活の考察
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

昨日は午前中に、
ヨガに興味がある人もない人もいる会場で、ちょっとしたリフレッシュタイムを担当し、
帰ってまた仕事をして、夜中の2時半まで仕事らしきものをして、
朝6時に起きて家事してから ティック・ナット・ハン師の本を読むオンラインの読書会にでて、
午前中に力尽きて
子どもたちが外で雪遊びをするなか、
わたしは幸せな眠りにつきました。


今日の雪景色です。

IMG_20210124_074055.jpg

IMG_20210124_073751.jpg


新しい企画、新しい試み、考えることや
自分と向き合うことが盛りだくさんで、
ネバーエンド。
遠い目になっちゃうこともあるけれど、



基本的には、楽しい。

エンジョイしてます。




昨日のその、パパさんママさんたちに、呼吸法や瞑想をした
そのときの余韻が残っていて、
いまほんわりと幸せです。


「伝わった」


というのでは、なかったです。

だからといって、伝わらなかったわけでも、もちろんなくて
終わったあとにたくさんの方から
よかったと声をかけてもらいました。


準備しているときは、伝えたいことを
ガッツリメモして、
これだけは緊張しても伝えるぞ~なんて
息巻いてたんだけど、

はじまってから、みんなの顔や空気や、コロナ禍でおそらく共有している苦しみや喜び、
身体の痛みや感覚、マスクの奥の笑顔や、控えめな笑い声を聞くうちに、

いいんだ。
このままで。


わたしが本当にしたいことは、
「伝える」ことじゃないんだ。

とハッキリ感じました。


わたしがしたいのは、響き合うこと。




それには、わたしが自分の言いたいことをぎゅうぎゅう詰めにして
渡すのでは、ちっとも叶わない。


わたしにスペースがあって、
自分を明け渡せる勇気があって、
そのつどそのつど、
ぎゅっと閉じてしまうものを開いて、
今この瞬間に戻って、微笑んで。



わたしに良い感じのスペース=空洞がなければ、
きっと、みんなと一緒に、
素敵な音を響かせることができないんだな。

鈴や笛のなかが空洞になっているように、
バイオリンや太鼓の中に空間があるように。


それは、子どもの沈黙や、「ことば以前」の空白を
しっかり見て
待つことができなければ、
子どもの輝きを引き出すことができないのと似ている。


いつでも
まさか、
と思うような場所に、宝物がある。


それを待つ、勇気とスペースが、必要なんだ。



響き合うこと。



呼吸をして、想いを吐露して、苦しいときは苦しいと言って、
そうすると自分のなかのスペースが広がって、
いつの間にか、温かいものが流れこんでくる。

自分を責めているだけでは、
そのスペースは狭くなるばかり。


人間ひとりひとりが持っている癒しのちから、
本当の循環を、とりもどしたい。
自分のホームで滋養を養いながら、
少しずつ、アウェイをホームに変えていきたい。


そのために、
わたしを明け渡すこと。


そんな想いが溢れました。


先の読書会でも(わたし読書会ってものに参加したの初めてだったんだけど)
ひとりひとりの声が、その言葉を読む声の重みやひろがりが
あまりに違うことに最初ドキドキして。

それから自分のなかに、他者の存在が響きとして
残っていることに、心地よさを覚えました。


まだ会ったことのない、わたしが知らない人も、このブログを読んでくれているかもしれません。
実は知らず知らず、
響き合っているわたしたち。


こんにちは。
読んでくださって、ありがとうございます。
いつかリアルで響き合いたいです。




****************
LINE@で友達登録をしていただくと、
月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。
お気軽にどうぞ!

友だち追加






明日blog書きます

2021.01.23 20:13|お知らせ
こんばんは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。
最近、企画ざんまいの日々です。
今日の夜に終わらせたいことがあるので
blog更新は明日にします。

のぞいてくださった方、ありがとうございます!
明日の夜以降、ぜひのぞいてみてくださいね。

共感することに飢えていた!

2021.01.16 19:53|主宰者のつぶやき
こんばんは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

2021年1月も半分過ぎてしまいましたね。
今年は年初から
ステイホームの大号令だったため
はなかなか職場の人にも友達にも親戚にも会えず

今になってやっと会えて、

「明けましておめでとうございます!」
(…でいいんですよね?ですよね?)

みたいな確かめあいが(笑)
ちらほらあるんですが、皆さまのまわりはどうでしょうか。


**********


わたしはちょっとプライベートで色々あって
本当に
息吸えません!
みたいな状態もあったんですが、

なんだか、昨日今日あたりから
あれあれあれ~~?

ちょっと自分が変わってきたかな?という気配を感じています。


何人かの人に、自分のなかにため込んでいたものを
聞いてもらって、同感しないまでも、共感してもらって。

うぐぅ、苦しい
という状態から少しスペースが出来るようになりました。


そして今日、はっきりと気づきました。

わたしは、人に共感したくて共感したくて、たまらなかったんだ

ということに。


「自分が共感してもらいたい」という気持ちはわかりますよね。
どんな人でもあるのではないかと思います。
私もあります。ありありです。


でも、逆に、人の話を、何のジャッジもせずに聴きたいという
その人を受け入れて、自分の心の滋養にしたいという
欲望すら湧いてくるような
そんな気持ちになったのは、初めてでした。
この気持ちを一言で表すとしたら


すごく幸せ


これはなんだろう、自分の苦しさを吐き出せたからだろうか。
自分の方向を確かめられたからだろうか。
少しだけ、人と話せたからだろうか?


いつも、人に話を聴いてもらうことも
セルフケアですよ~
と「地域のゆとりヨガ教室」でも言ってるんだけど、
こんなにハッキリと自分の中でエビデンスを
提示できたのは(笑)はじめてでした。


気持ちを聞いてもらわらないと、
共感欲も湧いてこないものなのだな。


もしかしたら、このブログもながく息絶え絶えで、読んでいて苦しくなるような
気持ちにさせてしまったこともあったかもしれません。
だとしたら、この場で、お詫びしたいです。


ハッピーな方に。
ヨガは楽しく生きていく術です。

そんな生徒さんからの声を聴けたその影響も、
わたしの中で確実に広がっています。

参加者の声、良かったら読んでみてください。
力をもらいます。
ありがとうございます!


****************
LINE@で友達登録をしていただくと、
月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。
お気軽にどうぞ!

友だち追加




参加者インタビュー③「よかった、呼吸できている。生きている。ヨガは楽しく生きていく術です」

2021.01.09 11:33|参加者の声
明けましておめでとうございます。

2021年初めてのblogは、希望の年になるように
という願いをこめて、
素敵な生徒さんのインタビュー記事でスタートしたいと思います^^

本年もよろしくお願いいたします。


**********


ヨガってなんだろう?
自分の求めるものと合っているかな?
わたしに出来るかな?

講師の言葉では伝えきれないところを
生徒さんのリアルな体験からお伝えできればと思います。

第3回は、御代田町在住のC.U さん。
一番長く通ってくださっている生徒さんです。



千草さん3



今、コロナ禍で見通しがたたずしんどい人も多いと思いますが、


呼吸できている。生きている。


そうやって自分を自分で承認し、受容するスキルをつけることで
生きることを肯定していける
そんな強さを、感じてもらえたらと思います。





**********

いつの間にか出来ることが増え、痛みもなくなっていた

にしかわ:
ヨガを始めたきっかけをおしえてください。


Cさん:
昔から、気功や東洋医学などには親しんできたので、ヨガには興味がありましたが、
なかなか機会がなくて。
実際に始めたのは2012年です。
まだYoga Lanternが「西軽井沢ヨガ教室」だった頃ですね。

にしかわ:
長いお付き合いになり、とても嬉しく思います。ヨガを月1、2回、8年近くコンスタントに続けてきて、いかがですか?


Cさん:
始めた当初は身体がかたくて、、、このポーズってどこに力を入れて
どこを伸ばしたら出来るんだろう?と想像できないポーズもありました。
この身体では、怪我もしやすいだろうな、体調を整える意味でもいいかなと
思って続けていましたね。

ヨガを始めて1、2年くらいで呼吸法がわかってきて。
なんだか体調がイマイチだなと思うときに、呼吸をしながらストレッチをしたり、
寝つきが悪いときも呼吸法をすると、スッと眠れたりするようになりました。


にしかわ:
生活の中で、呼吸法が使えるようになったのですね。
そういえば、以前は膝が痛いということを毎回仰ってましたね。今はどうですか?



Cさん:
最初は、膝をつくだけで大変だったのを思い出しますね。
そういえばここ5年くらい、膝がつけないということはなくなりました。不思議なくらい。
それに、長く続いていた右肩の痛みも、いつの間にかなくなりましたね。


にしかわ:
8年という年月が経って、身体の調子がよくなったこと、出来ることが増えているんですね。



Cさん:
そうですね。鳩のポーズとか。最初はできなかったですから。
先日も、鋤のポーズで初めてつま先が床についたということがありましたね。
そういう意味では、大成長したのではないでしょうか!
経験が増えると、初めてのポーズもどうやるのか予想できるようになってきますしね。



にしかわ:
以前、流行りの筋トレの話をしているときに、「やりすぎるのはもちろん良くないけど、出来ないと決めつけるのもよくない」と語ってらっしゃったのが印象的でした。



Cさん:
無理しちゃうと、身体を壊してしまいますね。
だからと言って、何もしないでいれば、身体がかたまってしまう。
挑戦してみたいけど、これ以上やるとなんだかまずいぞ、と思う時もあります。
せめぎ合いがあって。だから自分で調整するんです。
挑戦して、思ったより出来たかも!って思うときもありますよ。

クリパルヨガクラスに通って、身体を痛めたことはないです。
でも、全身筋肉痛!てことはあります(笑)
それは楽しんでいますね。
あれくらいやると、一日あとに来るんだ!とか。ちょっとしたバロメーターになっているというか。




ヨガは人と比較せず、楽しく生きる術


Cさん:
まきえさんの教え方や、教室の雰囲気もあるんでしょうけど、
このクラスでは人と比較することがないです。
まわりの人がどうかとか、ぜんぜん気にならない。

今日もバランスのポーズができなかったんですけど、
それも受け入れながら楽しめている気がします。
その時々で、自分の体調も違いますし、心の状態も違う。
今日はこれはできなかったけど、これは気持ちよく出来たな、と自然と思えます。
やんなきゃ、やんなきゃ、という気持ちがないんです。
それで健康も守れているから、いいですよね。


にしかわ:
人と比較することが、一切ない。それはヨガ初心者の方にぜひ届けたい言葉ですね。



Cさん:
ヨガを初めてやる方は、見ているものが自分じゃなくて、
まわりになってしまうことがあるのかもしれません。

でも他人と比較して、これもあれも、できない、できない、じゃ面白くない。
ましてや人と比べて「みっともない」とか比べてしまうと、楽しくなくなってしまう。

些細なことでいいので、「出来た!」を探す。

ヨガは、楽しく生きていく術だと思います。


年齢的なものもあるかもしれないけど、そういうメンタリティーは
ものすごく磨かれていると思います。
自分の成長を見られる。長続きの秘訣ですね。


自分を褒めるにも、スキルがいる



にしかわ:
そういうメンタリティーは、日常でも生かされているのですか?


Cさん:
基本的に、日常でもそうですね。
しんどいことがあっても、今のこの苦しみがすべてじゃないんだ、と思えます。

コロナ禍で生活様式が変わったり、息が詰まるようなこともありましたが、
そんなときに、文字通り「息抜き」っていうんでしょうか。
生活のなかで、深い呼吸をしてスッと力を抜いたり、
自分を落ち着かせることが出来るようになりました。
呼吸法は、すごく役立っている気がします。


にしかわ:
Cさんの人生経験もあると思いますが、「この苦しみがすべてじゃない」という捉え方にはヨガの影響もあるのですね。



Cさん:
そうですね。身体や呼吸が変化することを見てきたからでしょうか。
苦しい状況はずっとつづかないことを、体験的に信じられるようになっています。


それから、まきえさんがよく言う「気づき」ですね。
自分を客観視して、受け止める感覚が備わったんだと思います。
人と比較することなく自分を見つめつづけてると、
自分の中で変わってゆくものを実感できます。
それが、希望に繋がってゆくのだと思います。


コロナ禍で、若い人が命を絶ってしまうケースが続きましたが、本当に悲しいです。
その瞬間だけ乗り越えたら、次があるんだ、ということを若い人に伝えたいです。
「乗り越える」っていうと、がむしゃらな感じがするんですが。
やりすごすっていうくらいでしょうか。
友達でも音楽でもヨガでもいいから、助けを借りて。


にしかわ:
とても共感します。年を重ねるときにも必要な考え方だと思います。



Cさん:
そうですね。年を重ねていくと、体力も知力も衰えてきますから。

でも、命があるのだから。楽しめることはたくさんあると思うんです。
たとえばガーデニングが出来なくなってしまったとしても、野の花を愛でることは出来る。
目が見えないなら、匂いがある。
生きているなら、何かがあるはずだと思うんです。

呼吸なんか、たいてい誰でもできているじゃないですか。
よかった、呼吸できている。生きている。そのくらいの解釈でいいと思います。
さんざん今まで、がんばって生きてきたんだから。



にしかわ:
呼吸できている。生きている。究極の自己受容ですね。



Cさん:
子育てでも、褒めて育てると良いとか言いますよね。
生きてゆくには、人からの励ましや、称賛も必要だと思います。
でも、一番大事なのは、自分を視ること、認めることかなと思います。

自画自賛って言ってしまえばそれまでなんですが、実はけっこう難しいと思います。
能天気なスキルっていうんでしょうか(笑)

自分を褒めるって、スキルのいることなんですね。


こうやって語ると、ちょっと大げさに聞こえますね。
実際はただ、「美味しいな」とか、「キレイだな」とか、「かっこいいな」とか、
感じていられる心に気づきたいだけなんですけどね。



にしかわ:
大切なことですが、大仰にしないところが、清々しくて好きです!
今日は心にしみる話をありがとうございました。