FC2ブログ
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

「腹式呼吸」ができるようになっていた

こんにちは。
Yoga Lanternのにしかわまきえです。

本日は、小諸市体育館での「健康の源」ヨガでした。
※7月からはクラス名が「気づきのヨガ」へと変わる予定ですが
内容はこれまでのクラスと同じです。


ずっと通ってくださっている生徒さんから
「日常生活のなかでふと気づいたら、腹式呼吸ができるようになっていた
と報告を受けて
本当に嬉しい気持ち=ギフトをいただき帰ってきたところです。

そういえば、この前のクラスでも
同じことを言っていた方がいました。
クラスの中でもともと胸で呼吸していたことに気づいて、
日常の中で練習していたら出来るようになった、と。

「腹式呼吸」

最近、Yoga Lanternのクラスでも話題に出ることがあるのですが
腹式呼吸ってなんでしょうか。

もっとも素朴で自然な疑問として

「どうして空気は肺に入るのに、お腹が膨らむのか」

というのがあります。
この前のクラスでも、「空気は肺に入りますよね?」と言ったら
「え??じゃあ、腹式呼吸ってなんなの??」
と聞いてくださった方がいて、
そこなんですよーといろいろお話しました。
答えは教室でどうぞ…(体を使わないと単なる小難しい話です、ググってみてください)


実は、世の中の多くの人が「腹式呼吸」という言葉は知っていても
自分の身体でそれを実感している人は
少ないのではないか、と日々の経験から感じています。


ここまで書いていくと、
「なぜ腹式呼吸が大事なのか」と聞きたくなる人もいるかもしれませんが
わたしは普段あまりそこには触れなくても良いと思っています。

もちろん、細胞レベルでは肺の全部を使って新鮮な酸素を血中にとりいれて
老廃物=二酸化炭素を完全に外に出す
大切さをうたうことはできると思いますが

しかし、多くの人が
「胸の呼吸だけだと苦しい、もっと深くしたい」
「呼吸が浅いと疲れやすい、もっと深く息をしたい」
「落ち着きたい、深呼吸したい」
…という焦燥のようなものを、感じているようだからです。

「これこれこうだから大事」
と理屈を言わなくても、
人間はもっと深く息を吸いたいと、身体感覚的にわかっているような
気がするのです。



わたしの場合などは、まさにそこからスタートしたヨガ人生でした。

マイコプラズマ肺炎にかかって1年治らず、
腹式呼吸どころか、胸にすらも入らず、首までしか息を吸えなかった。
いまだかつて
その時のわたしほど呼吸が浅い人には出会ったことがありません!
当然、疲れやすく、30段くらいの階段が登れなくて
茫然としていたのを覚えています。

だから、呼吸が浅いひとの気持ちに、人一倍共感します。
呼吸を深くしようとしても、できない気持ちもわかります。
お腹がかたいのは、ストレスなんだそうです。

でも、そんな私もできるようになったし、
生徒さんでも続けてくださると、出来るようになってくるんだ。
本当に嬉しいです。

深く呼吸ができると、安心します。
本当にほっとします。
自分自身のなかにある、愛に触れることができます。

でも、どうぞ今できなくても自分を責めないでほしいです。
あ、でも試しに責めてみてください(笑)。
責めると、責められた自分のお腹はますますかたくなってきます。
やってみてください。
心と身体がつながっていることを、呼吸は証明しているのです。

「呼吸が浅い」という気づき、
それは将来、自分のなかの本当の優しさに
触れるための大切なプロセス。
それすらも、生きているから味わえること。
だから、大切にしたいのです。

読んでくださって、ありがとうございました。


コメント

非公開コメント