FC2ブログ
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

身体から、人生を変えていく

2019.11.25 14:37|ヨガと身体と生活の考察
こんにちは。ヨガランタンのにしかわまきえです。

突然ですが、
最近、わたしは熱い。
暑苦しい。
松岡修三を彷彿とさせるような。

それゆえか、ちょっとこのブログのテンションを
どう始めて良いやら悩みながらのスタートになりました。
どうどう。
少し落ち着け、わたし。



今日、小諸体育館の「気づきのヨガクラス」でした。

その最後でわたしから発した言葉の余韻がいま
ちょっとした身震いとともに、ここにあります。



「お願いがあるのです。
皆さんのその経験を、驚きを、是非、
まわりの人に伝えてほしいんです!」




思わず出てきた言葉でした。

あまりにも参加された生徒さんが、
身体の気づきが深くて、
その奥の意識や人生にまで気づきがおよぶ様子に、
胸をうたれて、エンパワーされ、
わたしの中から飛び出てきた言葉でした。


何が話されたかは、許可をとってませんから書きませんが。


身体から、人生が変わっていく?


このタイトルを見て、
大袈裟な~って思う方もいるかもしれません。
でもこの頭でっかちな世の中で、
今ほんとうにこういうソマティック(身体的)なアプローチが
必要とされていると痛感していますし、
それは理論理論の世の中で、
救いのひとさじになると信じています。




自分は
クリパルヨガで、実は社会のあり方を変えたいと思っていたのですよ。
すごく弱い個人。
お金もないし、権威もない。
なんとおこがましい考えか。


でも、私はこういう人と人との関わり方がしたいんだ、と
15年前に開眼してから、ずっと密かに思い続けてきたのです。
(どういう関わり方かというのは前回ブログを参照 エンパワメント~触れた手と、触れられた背中


伝え方もわからなかった。

自分の想いが強いあまりに、人の想いを汲めなかったり
理想と現実のギャップに悩んだこともありました。


けれど、
間違ったときは率直に認め(たいてい生徒さんが教えてくれる)、
自分に何が足りないのか感じ、
自分の中に潜在する力に気づきながら、
試行錯誤してきて
ああ、なんだこの感じ?やっとなんだか伝わるようになってきた?
と感じられるようになったのが、ごく最近。


しかも、この地域で。
都会のような、いわゆる意識高い系の層にフォーカスすればクラスが出来るような
そんな人口規模でもない、この田舎で。


それはわたしのカチコチの頭を柔らかくするための
修業のようなものだったのかもしれません。



…小諸のクラスは、わたしより一回り上の年配の方が多いんですよ。
最初はわたし、どういうクラスをすればいいのか
迷ったものです。
「気づき」なんて言うと、引かれるかな?とか(笑)。


でも、もうぜんぜん迷わなくなりました。
生徒さんが、年齢とは関係なく、その人ひとりひとりが多様で、
小さなものから大きなものまで気づきがあり、
年齢と関係なく、生き生きと感覚を感じて
そこから人生を展開させていく力があるということを
教えてくれたからです。


私はそのことに、本当に感謝しています。



身体は、たくさんのことを教えてくれるんです。


私の思い込み。
これが、自分にとっての「まっすぐ」だ。
これが自分にとっての、「最大限」だ。
良い姿勢とは、この背骨のことだ。

そうではなかった、と体感したときの、新鮮な驚き。

ダメだしされて、あ、いけない私が間違っていた、
という社会的な罪悪感を伴うものではなく、

本当だ~~~!!!
え~~!!!??
今までこうだと信じてた~~~!!




って、みんな純粋に驚いてくれるんです。
そして熟練してくると、

今までわたしがこうだと思っていた世界は、もしかしたら、
そうじゃなかったのかもしれない。

と気づきはじめていく。


本当に感動します。


この驚きを、もっといろいろな人に伝えていってほしいんです。
個人の体験にとどめず、
たくさんの人に、身体が教えてくれることを
伝えていってほしいんです。

家族や、友達に。

あなたは呼吸が浅いのよ、というyouメッセージではなく
私はこうすると呼吸が深くなってほっとするよ、と、
Iメッセージで届ければ、怖くないと思います。


自分の身体のことに気づきがあれば、
他人の身体のことも感じられるようになります。
力が入っている肩。
丸まった背中。
反りかえった腰。

疲れているのかな。落ち込んでないかな。がんばり過ぎていないかな。

ただ、感じて。

呼吸して。



















読んでくださって、ありがとうございました。
あなたの身体の智恵、心の叡智に敬意を表します。
Jai Bhagwan


コメント

非公開コメント