FC2ブログ
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

コロナの後に続く道

2020.05.23 17:20|子育て、もろもろ
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

6月から、やっと月曜日の小諸「気づきのヨガ」クラスが始まります。

日程は

6月8日(月)22日(月)29日(月)
10:30~11:30
参加費:800円
場所:小諸市総合体育館(ご予約 0267-23-3800)


密にならない、広い道場で行う予定です。
皆さんに会えるのをこころから楽しみにしております!



自宅クラスの予定ももう少しで決まりますので、
少々お待ちを。
オンラインヨガクラスをどうするか、、
考えなくてはなりません。


誰にとっても、このコロナ騒ぎの中で、
生活も価値観もシャッフルされるものが
あったと思いますが、
わたしも例にもれず、いまその渦中にいます。

今年のはじめ、なんだかちょっと止まりたいな、、、
もうちょっとスペースが必要だな、、、
と思ってたら、まるで心を読まれていたかのように
やってきた新型コロナウィルス騒ぎ。


ミッションだから、もしくは「楽しいから」と走り続けてきたこの数年間。
とつじょ生まれた空白に、気落ちするとともに
ほっとした自分もいました。



クリパルヨガティーチャーの友達が、
「欲望のままに生きることに疲れていなかったか」


と、ものすごく鋭い疑問を投げかけていたけれど

わたしも、

やりたいこと、
達成、
喜びの追求

にきっと疲れていたのだろうと思います。


人間て、複雑な生き物!



わたしだけではなくて、まわりの多くの友達が、
収入は減ったけれども
夫婦喧嘩も減ったとか
せかせかしなくて
この生活もいいなと思ったとか


もちろんシャッフルされるなかでの焦りや戸惑いはあったにしても
全体的に
「これも悪くない」
と感じている人が多いということにも気づきました。


朝5時に起きて、ひとりぼっちで聞く小鳥のさえずりは最高でした。
その日の予定がないからできること。
毎日、畑に出て、植物の生育を心待ちにしてみたり。
子どもとサッカー。
お互いになんだか蹴り方も上手になった。
幼稚園や学校の送り迎え、
習い事の送迎がないことが
こんなにもスペースを生む。

生活リズムが狂うことに居心地の悪さを
感じていた当初から2か月経ち、
このゆるやかな暮らしに慣れてきた矢先、
また始まる、怒涛の日常生活。

コロナが明けて
たくさんの良いこと、夢見ていたこと、楽しみだったことが
また実現していくかもしれないのに


再び巻き上がる欲望の世界に
NOと言いたい自分もいること




それは走り始める前に、しっかり向き合っていかなくちゃな
と思ったのでした。


子どもと、たくさんおやつを作ったな。
おおざっぱなわたしよりも、正確な軽量にこだわる
息子の方が、お菓子作りに向いている
こともわかりました。

なんだか寂しくなって、夕方時間もないのに
一緒におやつづくりを敢行。

レモンとチョコチップのスコーン。
美味しかった!!
また作りたいな。
つくる余裕を、スペースをもちたいな。


scone.jpg


読んでくださって、ありがとうございました^^

コメント

非公開コメント