FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

子ども達へ伝えたいことがある+追記

2020.07.04 20:46|クリパルヨガと教育・福祉
こんばんは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

前回からの続きものblogがあったのですが
ちょっと今日はエネルギー切れのため
インターバルに違う話題をはさみたいと思います。


最近、長野市の方で発足された
「子どもたちへヨガを伝える会」
というのに入会しました。

まだ始まったばかりで公開できるものはないのですが、
私と同じくらいの子どもをもつヨガティーチャーの
方が中心となってがんばってらっしゃっていて
とても励まされました。


コロナ騒動の中で、子ども達は翻弄されましたね。


子ども特有の明るさで吹き飛ばしてる子も
いるでしょうけれども、
言葉にできない不安のなかで
目に見えない疲労がたまってきている子も
多いのではないでしょうか。


実際、近くの小学校でそういう話を聞きました。


わたし自身はキッズヨガの勉強はしてきたものの
これまでなかなか家庭との両立を考えたときに
定期的なキッズヨガの開催には
踏み込めませんでした。

でも、つねに、つねに子どもへ伝えたいことが

呼吸と心のこと、姿勢や身体のこと、
コミュニケーション、生きる力を、
知識ではなく体験で学ぶこと、、、
がんばることだけしか学ばない中で
休むこと、セルフケアの方法を学ぶこと

などが頭をかけめぐる日々でした。


来年は、娘も小学生。
思い切って、出来るだろうか。


ヨガ教師。保育士。学校や幼稚園の役員。勉強。
親族のサポートはなく家庭は週のはんぶんは完全ワンオペ。
それでも、自分のヨガの実践も続けられるだろうか。
家族との温かい時間も大切にできるだろうか。


このコロナ騒動で、
翻弄されたのはもちろん子どもだけではなく。

大人も、今になって疲労がたまってきている
人も多いのではないでしょうか。


わたしは今が、それです。
心底疲れたような気がしています。


それでも、心底疲れたんだと、言えればそれはまた流れていくんだな
と、ぼんやり眺めている自分もいたりします。


ふだんはエッジが効いてる(と自分でいう)わたしのブログですが
たまにはこんなぼやっという感じもいいかと。


読んでくださってありがとうございました!
また来週。


**********

追記

この整理できないものごとを両手いっぱいに抱えてblogを書いた翌日、
朝ただ座って目を閉じて瞑想をしていたら、
すぐさま

「整理は、そもそもできない」

という声が聞こえました、自分の内から、ハッキリと。

「整理はしなくても、今ここにいれば、自然と整うから大丈夫」



目をあけたとき、そうか、と。
忘れていた。
何度も、何度も、何度も、何度も、ここに立ち返ってくる。
自分の内に聞け。
今、ここに、ただいるだけ。


誰かに分析され、アドバイスされても嘘くさくてまったく響かない
同様の言葉が、
自分の内側からあふれると圧倒されるほどリアルで納得する。

人生を導いてくれる。


そして追い詰められたときに、最後に、必ず聞こえる声があって。


自分を褒めたいですね
よくがんばっているのだから



これは、師匠の声。


クリパルヨガは、「慈悲のヨガ」。


ぐいぐい、追い詰められ苦しくなっても、その最後で
自分をゆるす。


わたしはそのあり方を、師匠から伝えてもらったのだと思い出しました。
泣けますね。
ありがとう、わたしの内なる、外なる師匠。




****************
LINE@で友達登録をしていただくと、月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。お気軽にどうぞ!
友だち追加


コメント

非公開コメント