FC2ブログ
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

わたしたちのなかで、おこっていること

こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。


最近、わたしはコロナ後の迷いや戸惑いがふっきれて、
やたらかっ飛ばしております。
また忙しくなってきてしまった。


今日はむすめの運動会が雨で延期になったので、
明日の運動会(←PTA役員もやっている)
もこの勢いで晴れ間を呼ぶぞ~!


…と、いつになく高めのテンション。




さて、最近わたしは「子どもとヨガしたいアピール」をしているせいか、
いろんなところで子ども関係のお誘いがあって
とても嬉しく思います。


先日は、ヨガの仕事とは関係なく 
ちょっと「森のようちえん」を見学させていただきました。


園長先生の話はとても心に響きました。

その子の中の可能性を引き出すために、
手を出さず、見守ること。
その子自身が自ら気づくことが、一番力になるのだから。




エンパワメント。
共鳴するものは、なんでも同じなのだな。
ヨガでも、教育でも、人間でも。


そんなことを思いながら、森のようちえんの活動風景を見ていると
自分のなかでも何やらうごめくものを感じました。


木々の存在感や、土の匂い、雨の湿り気やその重み。


まるで一人の子どものまわりに、たくさんのスタッフがついているような
不思議な感覚におそわれました。

この子をわたしが見ていなくても、大丈夫。
土さん、あなたにお任せします。

そんな気持ちにさせてくれるような。


素晴らしい



と思います。

しかし、こういうのって、ちょっとスピ系な発言でしょうか(笑)



わたしは以前からヨガをしているくせにスピが苦手ですということを公言していて
超感じにくい人なのだということを
ご理解いただいたうえでちょっと見えない世界について
語ってみようかと思います。



大人のヨガに来てくださる方のなかには、
子どものころに、他人が見えないようなものが見えて
その感覚を否定されたことで
傷を負っているひとも結構います。


「色が見える」とか。
オーラっていうんでしょうか。わたしは見えたためしがありませんけど
見えるっていうんだから、
それはその方の主観として尊重すべきだと思います。

同時に、見えないわたしのことも、尊重してほしいです。


実は、保育士試験勉強の際にも出てきたのですが
子どもには

「共感覚」


といって、ひとつの感覚器をつかうことで(たとえば聴覚)
別の感覚器(たとえば視覚)も同時に働くことがあるそうです。

物語を聞いたり、音を聞いたりすることで
同時に色が浮かんでくるということは
別にスピ系の話でもなんでもなく、実際にあることなんだそうです。

友達の子も、小さいときは
人間を指さして「あの黄色の人!」とか人を色で呼ぶことがあった
とお母さんに聞きました。


めっちゃ素敵ではないですか


絶対音感が褒められるのに、
頭のなかの色彩感覚がすぐれていることは
市民権を得られないのは残念ですね。


わたしは、この世のひとりひとりの、その人の生でピュアな感覚を
聞くのが大好きです。
たとえそれが、どんなにぶっとんだものであったとしても。



**********



さて、このことを書いておかねばと思います。

去る9月22日、長野市役所で行われた
子ども子育てフェスティバルに
「長野子どもたちへヨガを伝える会」の一員として参加してきました。


119923343_643230696333717_7379930365697798689_n.jpg

長野のヨガエド修了生の皆さんと。
有佐先生、素敵なティーチングを披露し、愛あるサポートをくださった皆さん
本当にありがとうございました!


修正2

修正1

修正3


こうやって、写真を撮って、外側から見てみると
ヨガというのは単なるストレッチなんですけど、
その人ひとりひとりのなかで起こっていることは、本当にはかりしれません。


とりわけ、子どもたちの内面で起こっていること。


それを目の当たりにすると
大人のこちらが感動して、身震いしてしまいます。


子どもたちの内面で起こっていることに、
どれだけ大人が自分自身の感性を磨いて、気づいていけるか。
これはキッズヨガでも保育でも
大きなカギなのではないかと思います。



わたしたちのなかで、おこっていること



それを、尊重していい。
そんな空気が世の中に広がるように今日もblogを書きました。

読んでくださってありがとうございました^^



****************
LINE@で友達登録をしていただくと、
月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。
お気軽にどうぞ!

友だち追加





タグ:キッズヨガ 小学生 マインドフルネス クリパルヨガ

コメント

非公開コメント