FC2ブログ
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

身体の芯の芯からほぐされるような感覚

こんばんは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。


来週、念願かなって
キッズヨガを学校で少しだけやらせてもらえることになり
わたしは心から、ウキウキドキドキしております。


ずっとやりたかったんです。


しかも、支援学級というわたしが一番興味のある(しかし難しいであろう)
クラスで、さらに小学生のなかでは一番やりたかった高学年ということで、、、
本当に夢が少しずつ形になってきてる!!


気合が入るとともに
やったことのない指導案づくり、飽きさせないシークエンスの工夫、
感覚統合の勉強や、言葉づかいの探求など、
はじめて尽くしで
頭はたいへん忙しい状態。
ときどき、目を閉じて、自分の現状確認をしなければ
心が身体をぐんぐん追い越して、置いてきぼりにされてしまいそうです。


そんななか、友人から、こんなことを言われました。


「その行動には、なんのメリットがあるのか」


無報酬で、そこまでやるのはなぜなのかという話です。


いえ、わたしも報酬があれば嬉しいし
生活もあるし、そればっかり長くは続けられないのだけど


キッズヨガの先生がたの話を聞いていると
胸が高鳴るというか
わたしのミッションだという気がして。
経験の浅い自分を使ってもらえるだけで
嬉しいなと思っています。





友人に伝えました。



「去年まぐれで保育士試験受かって、そのまま
えいって保育の世界に飛び込んだけど、
それで自分の中でどんどん育っているものがある。
自分はこんなに子どもが好きだったのかと
驚いている。

保育所の子どもたちに、すごく力をもらっている。
身体は疲れるけど、
心の芯からほぐされるような感覚がある。」



今も、自分の人生の途上に、こんな喜びがあったなんてと
驚いている最中なのです。


子どもたちのいじましさ、正直さ、ユーモア、探求心の強さ、想像力の豊かさ。
どれをとっても、自分の硬くなった心と身体を、芯の芯から
ほぐしてくれるような、大きな力を感じるんです。


子どもたち。
なんて素敵な存在。


キッズヨガで一番やりたいと思ったのは
やはり小学校高学年。ティーンズも興味があります。
人生の複雑さに気づき、
自意識が高まるころ。


わたし自身、子どもの頃のことを大変事細かに覚えているひとで、
人生でいちばん辛かったのが、小学生。
つぎ中学生。
つぎ高校生。


つまり年齢が上がるごとに、感覚が鈍磨して人生が楽になった。
多感な子どもたちとヨガをしてみたいのです。


わたしの熱い独り言を、読んでくださって、ありがとうございました。




****************
LINE@で友達登録をしていただくと、
月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。
お気軽にどうぞ!

友だち追加

コメント

非公開コメント