FC2ブログ
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

種まきをした自分を、褒めてあげたい

こんばんは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

2020年という、激動の年が間もなく終わろうとしていますね。
間もなく、12月。
我が家にしては珍しいほど早く、
今日、小さなクリスマスツリーを出しました。


*************


一緒にツリーを飾ってくれたのは、
遊びに来てくれたお友達家族。
夫婦とも保育士で、なんだかいつも話があって
あれこれ保育の話をして、
具の少ないチャーハン一緒に食べて
子どもらと一緒に工作をして、
別に大きなイベントも企画もなく、のんびりした
一日がとても幸せでした。

IMG_20201121_192516.jpg


コロナの中で揺さぶられた1年だったし、
今もそれは続いているのだけど
疲労ピークだったこの数か月間を
通り過ぎ、今思うことは


「よくがんばったな、じぶん」



ということ。
他人がどれほどがんばっているか、なんて眼中ありません。
だいじなのは、自分比。


これまで数年間にわたって、「想い」はあったけど
実行できなかったことを、
たくさん挑戦しました。


2017年東京で200時間の
クリパルヨガ教師トレーニングを終え、
最後に、自分からのメッセージとして左手で書いたのが
「それ(ヨガで学んだこと)を子ども伝えて」
という一言でした。


そのときは、それがどういうことなのか
とか、何をすべきなのかとか全く
分からない状態で受け取った言葉。


その後
2018年にはキッズヨガの資格をとって、
それだけでは何だか勉強不足な気がして
2020年には保育士資格をとって
44歳で初めて保育士として働きはじめるという
ことも始めました。


それが今年のこと。


子どもにヨガを伝えたいと思ったとき、
どのように伝えられるかという問題がありました。


自分がヨガを届けたい子どもたちは
「習い事として親がわざわざ連れていきてくれる子ども」
ではないのだな、
ということはわかっていて、
有料定期クラスをもつ気にはなれませんでした。


もっと苦しい状況を生きているような子どもたちに、
ヨガを伝えたい。
自分がそうだったように、必要な子どもがいるのではないか。


そんな気持ちを持て余していたところ、
「子どもたちへヨガを伝える会」に出会いました。
そこで勉強を始めたことも、
今年はじめたことのひとつです。


そしてそこでの知識を少しずつ身につけながら、

学校関係の友人に声をかけて、
支援学級でのヨガを始めることができました。
今のところ2校、それぞれ月1というペースですが
わたしのなかでは、精一杯。

ボランティアだけど、
これが自分のやりたかったことなのだということは
間違いないと思うようになり、

もっとお金になるような、華やかな世界でのヨガ活動は
すべてお断りする勇気も持てるようになりました。


「呼吸と気持ちのワークショップ」も、自分の息子の学級で
初めて行うことができました。


これも長年やりたかったこと。
12月には御代田町内の学校でもう3クラス行うことになっており
失敗なども生かしながら
少しずつブラッシュアップしていきたいと思っています。


これまでの人生をざっと振り返り、
これからの未来を大まかに思い描くとき、
自分にはまったくブレがないのだと
感じます。

あたらめて自分が書いたYoga Lantern ウェブサイトのプロフィールを読み返すと
それがよくわかります。



しかしながら、その道中には、たくさんのたくさんの失敗があり
それを寛容にゆるしてくれた多くの人がいて
それで自分は成長して来られたし
これからも生きていけるのだと感じます。


たとえば保育所での初めての仕事は、、、(笑)我ながら目を覆うようなことばかり!!
でも、謝って怒られたことはないですし
挑戦をやめるように言われたことも
挫折してとがめられることもないです。


今日は友人たちと、そんなことも話しました。
人間は、そういう環境で育つよね、と。



わたしが右往左往しながら挑戦する姿を、
あたたかく見守ってくれたすべての方に感謝したいです。
保育所の先生方、
支援学級の先生方、
担任の先生、そして子どもたち。
家族、友人、地域の方、わたしのまわりの温かい人たち。


そして、ギリギリまでがんばってくれたこの自分の身体に
人生でやりたいことの種まきをした自分の勇気に
心からの敬意を表したいと思います。


2020年総括するにはまだ早いけど、一言言いたい

みんなありがとう


どうか温かい世界になりますように。
残りの人生できるかもしれないことの
種は全部まいたから、
もうあとはよく育つよう祈ることしかできないけれど。


読んでくださって、ありがとうございました^^



IMG_20201119_100312_convert_20201121203430.jpg

****************
LINE@で友達登録をしていただくと、
月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。
お気軽にどうぞ!

友だち追加

コメント

非公開コメント