FC2ブログ
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

希望を吸い込んで

2020.12.26 19:53|ヨガと身体と生活の考察
こんばんは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

今年最後のblogを書きます。



今日は、ちょっとうれしいことがありました。

先日、小学4年生の3クラスで
「気持ちと呼吸のワークショップ」
を行ったのですが、
参加してくれた子にたまたま会い、ニコニコしながら
話しかけにきてくれました。



とても、うれしかったです






(1)小学校にてヨガクラスをもつ

(2)小学校にて「呼吸と気持ちのワークショップ」を行う



今年、自分が一歩を踏み出したことです。


どちらも自分にとって初挑戦、未知の分野でしたが、
友人知人のサポートを経て
無事続けることが決まりました。


(1)は特別支援学級(この呼び方をなんとかしたい)
2クラスを定期的に行えることになり、
来年3校目にお邪魔することが決まりました。

感動は大きく
自分はこの仕事をするために生まれてきたのではないか
と思うほど、大好きな子どもたちに出会えました。


(2)は5年生、4年生の通常学級、合計4クラスを行い
あまりの子どもたちの潜在力に、胸を撃たれました。


多くは語れない教育現場での出来事ですが、
少しだけ。


*********



わたしが、キッズヨガや「気持ちと呼吸のワークショップ」
で伝えたいのは、
つぎのことです。



笑っていいんだよ
泣いていいんだよ
苦しいって言っていいんだよ
怒っていいんだよ
喜んでいいんだよ
そのまんまの自分でいいんだよ








今年は本当に、なんと、なんと息苦しい、1年だったことでしょうか。



マスクをしていることが
苦しいだけじゃなかった。


苦しい、と言ってはいけないことが、苦しかった。



その意味で、
この息苦しさは、コロナが始まってから始まった話じゃなかったと思います。



苦しいって言っていいんだよ。


それを、小学生にゆるしてあげたかった。


それが単なる私の主義主張なのではなく、
身体にも心にもいいこと、
セルフマネジメント能力を高めること
セルフコンパッションを高めること
主体的で対話的な学びにつながること
たくさんのエビデンスから流行りの言葉を使って
伝えることもしてきました。


でもそれは大人に必要なだけで、

子どもに必要なのは、
そのまんまの自分でいていいという
大人のメッセージ、

つまり「愛」だと思います。




**********




大人向けの最後の90分クラスで、


「今年一年のふりかえり」をしながら、
「来年の希望を描く」
ということを試みました。


呼吸をして。
この呼吸が、いまこの瞬間、入ってくることをしっかり受け取めて。
そして
次の呼吸が自分の体内に、どんな風に入ってくるのか
自分がどんな風に、次の呼吸を迎え入れるのか
そこに希望を探して。

希望を吸い込んで。




世界中の子どもたちが、自分自身を生きられますように。
世界中の大人たちが、傷を癒せますように。


今年、陰に日向に、近くから遠くから、根暗で不器用なわたしを応援してくれた
たくさんの方々に感謝をお伝えしたいです。
そして、いつもそんな自分に笑顔とユーモアのプレゼントを
くれた可愛い子どもたちにも感謝をこめて。


心から、ありがとうございました。


どうぞ佳いお年をお迎えください。
来年、希望の年にまた元気にお会いしましょう!^^

読んでくださって、ありがとうございました。


※年始は、1月9日(土)からblogを書き始めます。

コメント

非公開コメント