FC2ブログ
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

プロフィール

makie.nishikawa

Author:makie.nishikawa
2014年 BlissBaby マタニティ・産後ヨガ教師資格取得(24 時間)
2017年米国クリパルセンター公認ヨガ教師資格取得(200時間)
山の上のヨガルーム、Yoga Lantern(長野県御代田町)主宰。
2児の母。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

「親子編 気持ちと呼吸のワークショップ」~積み木のけいくんと一緒に!

2021.04.03 20:36|特別クラス開催報告
こんばんは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

今日がいったい何月でなんにちで何曜日なのか、、、、

かなり毎日、その日のことで精いっぱいになってきた
今日このごろ。

色々日々やっているけれど、blogも書けない、、、
と思っていた矢先に、


先日の「ヨガの呼吸と気持ちのワークショップ 春休み特別編小学生親子向け企画」
@エコールみよた

の様子を、お友だちが素敵な記事にしてくれていました!



れちとびBLOG「積み木とヨガ」


このワークショップで 「大人への解説編」 がやりたくて
その間に子どもは、積み木で遊んでいて
もらうという企画をわたしが考え、
けいくんが引き受けてくれたのでした。



積み木のけいくんとは、とっても馬が合う。



お互い保育士だし、
ヨガと積み木で異分野に見えるけれど
実は同じことを標榜していて、
話していても、なんだか話が弾む。


子どもたちも、とっても喜んでくれて、記事にあるように
ヨガ後とても集中して楽しんでいたようで
ほっとしました。


S__172785688.jpg

S__172785687.jpg

S__172785686.jpg

(写真は、参加してくれたカメラマンのお友だちが撮影してくれました
hibikiwa photos


実はこの日は、わたしは春のめまいがあり
少し不安ななかでの開催だったのですが、

こうして良きパートナーがいてくれるとほんとに心強い~

またぜひコラボしてもらいたいです。


読んでくださって、ありがとうございました!





****************

★ vimeo「自然と、ヨガ」 動画販売開始しました。DVDも発売中(生徒さん1500円)


「自然と、ヨガ」~からだは一番身近な自然:流れを感じよう~ from Makie Nishikawa on Vimeo.





★LINE@で友達登録をしていただくと、
月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。
登録や解除もお気軽にどうぞ

友だち追加






本日のブログお休みします

2021.03.27 20:45|お知らせ
こんばんは。

本日blog無理せずおやすみします。
開いて下さった方、ごめんなさい
ありがとうございます。

卒園式 ~ なんだか春に、くらくらしている

2021.03.21 10:41|主宰者のつぶやき
こんにちは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。


娘の卒園式が終わりました。

あたたかく太陽の光が降り注ぐなか
娘はいつもと変わらず、
終始楽しそうに
ハイテンションな一日を過ごしました。


お友だちと元気にかかわりあい、
涙ぐむ先生と笑顔で写真を撮り、
フォーマルの装いを楽しんで
帰ってきてからはアルバムや記念のDVDを楽しんで。




母はひととおり泣いたけれど。


ああ、でも、実感がない。
これで
もう幼稚園児がうちにいなくなくなるのか。


抱きしめるたびに、
手におさまらないのが不思議でたまらない。


鏡に映った母子の姿をみるたびに、
これは誰だと問わずにいられない。
くらっとする。


こんなに大きくなって。

6年で、にんげんはこんなにも大きくなるものなのか?



***********



子どもの成長を見るたびに、自らの末路を
考えている自分がいる。


先日から、どうも、春のめまぐるしい気圧の変化により
めまいがすごくて、
ぐらんぐらんしている。

花粉症でもあるから。
苦しいときは寝るようにはしている。

やることはてんこもり。

でも、明日死ぬんだったら、いまそれを考えている時間は
もったいないよね。





春に、くらくらしている

何にもフォーカスが合わない


でも、それも
この身体が生きている証。

老いに、天候に、季節に、
翻弄されるということも
生きている証。


こうやって人は、何もよくわからなくなって、
自分の意識のコントロールを失って
死んでいくんだろうか。


それが自然なことなのだろうか。


目覚めていたい、この春の芽吹きを見届けたいという想いと

もう

眠ってしまいたい、手放して、ゆだねて、
意識の底に沈んでしまいたい


という二つの想いの間で揺れています。


卒園式にふさわしくはないけれど
くらくらの
心情をつづってみました。


読んでくださってありがとうございました。





















****************

★ vimeo「自然と、ヨガ」 動画販売開始しました。DVDも発売中(生徒さん1500円)


「自然と、ヨガ」~からだは一番身近な自然:流れを感じよう~ from Makie Nishikawa on Vimeo.





★LINE@で友達登録をしていただくと、
月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。
登録や解除もお気軽にどうぞ

友だち追加

先生と子どもたちの変容 ~キッズヨガで学校と関わって

こんばんは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

わたしは本日、ものすごい筋肉痛 (諸事情につき理由は書けません、、、(笑)。
日々、働いております。
がんばっております。
命を使わせてもらっている感じがします!!

というわけで身体はボロボロなんですけれども、
ちょっとうれしいことがあったので
心はなんだか元気です。


:::::::::


今週は3日間連続で、幼稚園や学校でキッズヨガをしてきました。

卒業間近のこのお忙しい時期に、
わたしのことを信用して日程を割いてくださった
先生方には感謝しかありません。


子どもたちからは、「楽しかった!」という言葉と笑顔をもらったり
時には、ワークから得た、豊かなイマジネーションの世界を
聴かせてもらったり。。。


なんと幸せな仕事なのでしょうか!



「また来年度も来てください」とのお便りや
おみやげのポップコーンまでいただき
涙・涙でした。


一番回数を重ねられた、自閉症・情緒障害学級では
大きな変化もあったとのことで
先生から感想をいただいています。
了承を得て、載せさせていただきます。



ヨガを通して得た、子ども達へのアプローチの変容について。  



西川先生とのヨガを開始して4ヶ月になる。
私が見ている自閉症・情緒障害学級の子ども達は、教室に入れず、自分の好きな事を好きなだけ赴くままにやって一日を過ごしたいという、幼児的な素質がまだまだ強い。
好きなことに対する熱量がすごく、それに伴って賞賛を求める気持ちもすごく、『見てみて!』という言葉が物凄く飛び交う。
『あなたは、すごいね』という言葉を常に求めている。

しかし褒めたからと言って、こちらの意図や考え、計画には決して乗らない。

そんな混沌とした状況から、『これは育児と同じだな』と感じるようになった。
母親が一人で見るよりも複数の大人に関わってもらったほうが、子どもも、一人の教師と煮詰まらないし、お互いのためである。
また、対教師、子どもの教える、教わるの関係性よりも、一緒に何かを考えたり、取り組んだりする、そんな方法が良いのだろうと日々感じていた。

そんな時に西川先生の、ヨガにお世話になるようになった。 先生のヨガの中で呼吸に気づいたり、姿勢を正したり、色々なポーズをとったり、子どもたちには初めての経験ではあったが、楽しそうに穏やかそうに取り組めていて、やっていただいてよかったなと思える講座だった。


ヨガにも教育(特に幼児保育)にも通じている西川先生の視点は学校教育のみに携わっている者とはまた違う角度から児童理解を促してくださる。  

特に大きかったのは、『小学生でも、言葉だけではなく、触れること=人の温もりはとても大切』といったもの(※)だった。

※教育現場でのスキンシップは禁忌の場合もあることを踏まえたうえで、幼児的な行動や愛着障がいがある場合などには、乳幼児期に発達させるべき脳幹にアプローチする方法(欲求への反応、心拍や呼吸などのリズム、体温)もあるということをお伝えしました。下記『犬として育てられた少年 子どもの脳とトラウマ』を参照。

確かに、「おんぶして〜」とあからさまに求めてくる児童はいるので、その子の気持ちには応えているつもりだったのだが、日ごろからなにかしら怒りやすく、怒ったら最後、人に八つ当たりし、手が出たり、物を破壊したりしてしまう、体もしっかり大きい6年の男子にさえ、そのようにしてみてはという助言には驚いてしまった。  

しかし、先生の推薦してくださった本『犬として育てられた少年 子どもの脳とトラウマ』もその後、読みすすめていく。

その本からも今自分が見ている子ども達に必要なアプローチが、『触れること』なのではという事を示してくれた。  

触れたら怒らないかな?最初は頭を撫でるところから始まり、大変だがプロレスのような取っ組み合いを一緒にやったり、最終的にはハグもできるようになった。
全く嫌がらなく、むしろ穏やかな表情を見せてくれるようになった。

初対面の方の印象では、「穏やかな子」と言われるようにまでなった。  

そしてある日、友達のペンをいじっていて壊してしまい、攻められていた本児。怒り出すかなと思い、その場から引き離し、「大丈夫大丈夫」と抱きしめた。
そうしたら、気持ちを取り戻し、謝罪までできたのだ。とても嬉しかったし、驚いた。そのような対応ができた事に愛着がさらにわいた。

大切な視点をありがとうございました。これからもよろしくお願いします。




これを読んだだけで、なかなか壮絶な現場なのだと
いうことが伝わってくるのではないでしょうか。。。

部外者であるわたしも、ひしひしと感じました。

それでも、本を読んで子どもたちの理解をしようという
素晴らしい先生で、
私もその姿に本当に学ばされました。



子どもたちは、たとえ育つ環境がしんどいものであったとしても、
こうしてほんの一時、かかわりあうしか出来ない大人が
真剣に向き合ったときに、
人生に必要な何かを受け取っているのでしょうか…?


そうあってほしいです。


令和2年厚生労働省が発表した
児童生徒の自殺者数
 は過去最高、479人

志を共にして下さる方といっしょに、歩んでいきたいです。



読んでくださって、ありがとうございました。

















****************

★ vimeo「自然と、ヨガ」 動画販売開始しました。DVDも発売中(生徒さん1500円)


「自然と、ヨガ」~からだは一番身近な自然:流れを感じよう~ from Makie Nishikawa on Vimeo.





★LINE@で友達登録をしていただくと、
月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。
登録や解除もお気軽にどうぞ

友だち追加

何から活力(パワー)をもらっているかな

2021.03.06 18:40|ヨガと身体と生活の考察
こんばんは。
ヨガランタンのにしかわまきえです。

今日は19時から、PTAの支部長引継ぎ会議です。
眠い、、、

その前に書いていきたいと思います。


そう、
学校のPTAって半ば強制でやることになっているので
気持ちが殺伐としますよね。

わたしも引き継ぎ資料の重さが
心の重しになりがちに、、、(笑)


しかし、これを、いかに 楽しむか


ここ重要。
と思っています。

あと、いかにさっさと終わらすか(笑)


何しろ、みんな、とっても忙しい。

よーく聞くと、わたしなんかよりスケジュール的に忙しい人は
山のようにいて、
そりゃあ大変だよねえ
と気の毒になってしまうことも。

それぞれ、いろいろな家庭の事情も抱えてますしね。
職場の雰囲気や寛容さによっても
PTAへの参加しやすさは変わってくるだろうし
でもそんな事情
みんなにひとりひとり分かってもらえないしねえ。。。


というわけで
わたしも例にもれず、仕事、PTA作業、家事育児、などなど
に忙殺されているひとりではあるのですが

いつも心に置いているのが


自分がいったい、日々
何から力(活力、パワー)をもらっているのか


ということ。


食べ物、水。

もそうだし、

太陽の光。

もそうだし、


睡眠



もそうだし、

子どもの笑い声、温もり、言う事なすこと(ていうか全部)


もそうだし。


それから、


友達からの共感



もすごーーーーーく、大きいです。


日々、ヨガをして、瞑想をして、
わたしがどのように
いま生きているのか、ということを

感じる

暮らしをしているので、
すごく忙しくても
何を大事にするかというのに
立ち戻りやすいです。


そうすると、
ああ、そうか、業務量が増えるからといって
自分の内にこもって
何も言わないとか目立たないように、、、
とするより、

なるべく多くの通じ合える人と、
笑い合い、共感し合い、
自分の睡眠時間などのキャパが
超えないように調整しながら
協力し合ったほうが楽しいんだな
という方向性になっていきます。




読んでくださってありがとうございました。
行ってきまーす!










****************

★ vimeo「自然と、ヨガ」 動画販売開始しました。DVDも発売中(生徒さん1500円)


「自然と、ヨガ」~からだは一番身近な自然:流れを感じよう~ from Makie Nishikawa on Vimeo.





★LINE@で友達登録をしていただくと、
月1回程度スケジュールやお知らせが届きます。
登録や解除もお気軽にどうぞ

友だち追加